<   2005年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧
今日は何の日?
まるで実感がありませんが、今日はハロウィンでした。

わたしは、朝の8時からクラスがあったんですが、
そのときは、ハロウィンらしさは皆無。
だ~れも、な~んにもしてませんでした。
だから、わたしも半分以上忘れてました、今日がハロウィンだって。

でも、ふとした瞬間に目に入ってくるものが不思議な景色だったりすると、もう1回見直しちゃいます。
夕方のクラスの前に、カフェテリアでお茶していたら、迷彩服の女の子が歩いてました。
このときは、
「アメリカはいろんな人がいて、洋服も人それぞれだな~」
くらいにしか思わなかったんです。
でも、その次に全身黄色ずくめのキルビルの女の子が通って、さすがに今日がハロウィンだと思い出したんです。

・・・・・・・・・ていうか、コスプレ楽しんでたのって、女の子ばっかり。

わたしも去年は六本木のハロウィンパーティに行ったなあ~
あの衣装は今ドコにあるのかしら・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-31 12:18 | American Life
物騒だなあ・・・・・・
ラップトップ 3台
プレステ2 2台
財布 1個
携帯電話 1台
デジカメ 1台
ビデオゲーム 数個

ここ数週間で盗まれたもの、だそうです。
だから鍵はしっかり閉めてくださいね、とのこと。
でもね、うちをしっかり施錠していても、隣の子が開けておいたら、バスルームづたいに入って来れちゃうんですよねえ~。開いてたら気をつけてもらうように言わなくちゃね。
隣は男の子の出入りも多いし、こっちにまで入ってこられたら大変。
というか、1回入ってきたことがあって、
「あんただれ?」
って、思いっきり言ったことがある。


わたしが盗まれて一番困るものは、やっぱりパソコンかしら。
わたしのPCは日本語環境だし、重くて古いから、役に立たないでしょうと思っていても、油断は禁物ですね。
鍵のかかるものはスーツケースしかないからその中にしまっておいたらいいかしらね。でも、丸ごと持っていかれたらアウトだなあ・・・・・・
スーツケースとベッドをチェーン錠でくくるとか?
・・・・・・見るからに「貴重品入れてます」って、バレバレになりますよね。
それか、クローゼットに鍵をつけるか?
日々の開け閉めがめんどくさいかな、でも、しょうがないかな・・・・・・?
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-31 03:43 | American Life
時差があるみたい・・・
お昼過ぎ、コンピュータ室に入ろうと思って、
RAを探していたら、ルームメイトに偶然会いました。

ルームメイトですし、場所も寮でしたし、
「偶然」てこともないんですけどね。
でもなぜか彼女と外で会うことは少ないんですよねえ~

で、コンピュータ室に一緒に入ったんですよ。
そこは入るときに、自分の名前と時間を書かなくちゃいけなくて、
彼女に、
「今2時15分~」
と時間を教えてあげたら、
「ん?ちがうちがう。1時15分」
と言うではないですか。
「・・・・・・?2時15分だよ?」
「イヤイヤ1時15分」

時計が壊れているんだなと思い、じ~っと壁の時計を見ていたんです、
止まってるのかなって。
「今日からサマータイムじゃないから」
「・・・・・・・・・・・・・・・ナルホド!!」

実はサマータイムは和製英語。こう言っても通じないんですよ。
Daylight Saving Timeが英語です。
↑これ、日本で勉強してたんですが、こういうふうに言って普通に通じたから逆にビックリしました。
また、日本との時差の計算が面倒になるなあ・・・・・・

すごいなと思ったのは、携帯電話。
パソコンや電子レンジの時計は手動で1時間遅らせないといけなかったのですが、携帯は自動的に正しい時間になってました。
こういうところは、アメリカ。効率的ですねえ。

ちなみにルームメイトは、サマータイム終了を知らずに今朝バイトに行ったら、
当然、1時間早くて、ヒマをつぶすハメになったそうです。
寝てられたのに、カワイソウ。
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-30 23:41 | American Life
プロコフィエフのこと
プロコフィエフはロシアの作曲家で、ピアニスト、
だそうです。
ロシア革命のころの人なので、比較的新しい。
新しいといわれているラヴェルよりも、若いんです。
名前からすると古そうですけどね、とっつきにくい名前ですし。
ワガママな頑固者で、結構まわりは苦労したとか、どうとか。

ロシア革命から第一次世界大戦にかけての時期は、
海外で活動していたようで、
それほど戦争などの影響は受けなかったようです。
それ以前はオペラやバレエ音楽を中心に作っていたようですが、こういうジャンルが徐々に時代遅れになっていく時代でもあったようです。

このころ作られた曲で、
組曲「キージェ中尉」というのがあるのですが、
人の名前がついている曲にしてはちょっとめずらしい曲調です。
なんというか、皮肉っぽいんですよ。
この音楽からは敬愛の念が読み取れません、わたしには。

プロコフィエフはこの時代に不満だったのかも。
このころのロシアを代表する人といえば、レーニンです。
プロコフィエフはレーニンの体制に不満だった・・・・・・?

わたしのただの想像です。
でも、機会があったら聞いてみてください。
わたしの考えに賛成か反対か、知りたいです。
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-30 06:30 | Piano
わたしはまだ、好きになれずにいます。
ベートーヴェンの言葉に、こういうものがあります。

間違いなどなんでもないことだ。
弾く人間がいかに曲を理解してくれるか、
そちらのほうがよっぽど大切なことだ。

以前、発表会でベートーヴェンを弾くことになったときに、
先生が教えてくれたもの。
紙に書いてくれました。まだ持ってますヨ。

人間だから、間違わないでいられるわけがないんですって。
それを含めて、いかに自分の演奏が好きになれるか、ってことなんでしょうねえ・・・・・・
すっごく言い聞かせてるのに、やすやすと自信はついてくれないです。

でもって、前のルームメイトに言われたのがコレ。
「発表会のときの君の演奏は緊張してるのが伝わるから、ハラハラする」
・・・・・・・・・・・・全然、言われたこと、役立ててないような。


緊張しなかったのはあの2回だけです。
岩手のときと、ここでの1回目のテストのとき。
でもね、それは選曲のせいだと思う。

どっちにも、「月の光」が入ってたんですよね。
あれは、弾いていて自分が落ち着く曲です。
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-30 06:29 | Piano
大学のリスト
UCと略されてますが、ホントは、
University of California
というわけで、カリフォルニア州内にあります。

前にトランスファーに関する記事を書いておいてなんですが、
イマイチよくわからないんですよねー、
UCとかCSUとか省略されても。

UCはこの10校。
UC Berkeley
UC Davis
UC Irvine
UC Los Angels
UC Merced
UC Riverside
UC San Diego
UC San Francisco
UC Santa Barbara
UC Santa Cruz
これで全部なのか、それともメジャーなところだけピックアップしたものなのかはわかりません。
こんなにあったのか~というかんじです。

でもでも、CSUはもっと多いんです。
CSUは、California State Universityの略で、
こちらもカリフォルニア州内にあります。
わたしがわかる限りでは22校。
CSU, Sacramento
CSU, Bakersfield
California Maritime Academy
CSU, Chico
CSU, Dominguez Hills
CSU, Fresno
CSU, Fullerton
CSU, Hayward
Humboldt State University
CSU, Long Beach
CSU, Los Angels
CSU, Monterey Bay
CSU, Northridge
Cal Poly Pomona
CSU, San Bernardino
San Diego State University
San Francisco State University
San Jose State University
Cal Poly San Luis Obispo
CSU, San Marco
Sonoma State University
CSU, Stanislaus
ほとんど聞いたことない・・・・・・ここに通ってる方には申し訳ないですが。

どっちも州立大学なのに、UC系のほうが「すごいなイメージ」があるのはナゼかしら・・・・・・そもそもスゴイって何について?

まあ、とにかく、カリフォルニアで4年制大学に行くとしたらこの辺から選ぶのかなあ・・・・・・なんて思って書いてみただけです。
今回オチなし。
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-29 09:10 | School
お待ちかねでした。
日本から荷物が届きました。
船便でお願いしたので、長いことかかってしまいました。

船便の場合、時間がかかることはわかっていたんですが、
早くて2週間遅くて1ヶ月、だという人もいれば、
早くて1ヶ月遅くて2ヶ月、だという人も。
1ヶ月強かかりましたから、まあ、真ん中を取った感じですね。

洋服がなくて寒かった・・・・・・というか、同じのばっかりでイライラしましたよ。
でも、届いた荷物を開けて思ったのは、
洋服のテイストにたいした変化がないなってこと。

着まわしの絶対数が少なくてイライラしていただけなのね。
しかも寒かったし。

なかには食べ物が同封されていました。
レトルトカレーとか、お茶漬けとか、ふりかけとか。
あと、漬物、ようかん、おせんべい。

何よりも先にばりっとやぶいて、おせんべいをば~りぼ~り食べたんですが、
イヤー、こんなにおいしいもんだったとは。

ルームメイトにおせんべい1枚あげたんですが、おいしいとは言いつつ、微妙な感じだったなあ・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-28 23:09 | American Life
フシギな魅力
第1回たまごかけごはんシンポジウム

hakatayokaさんのブログでも見て、まぐまぐのメルマガでも見て、
こんな結論に。

今、日本では「卵かけごはん」がアツいのかしら。
開催地が島根県(東京以外)なのに、ここまで話題になるとは。


卵かけごはん・・・・・・いいなあ・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-28 04:29 | Food
名前をつける
わたしは、一度決まったものを食べ始めると、
飽きるまでず~っと同じものを食べ続けるクセがあります。

「あなたそれ好きよね~」
と、先日カフェテリアのレジのおばちゃんについに言われました。

それは、アップルパイです。
ヤマザキの100円アップルパイって思い浮かべられます?
あれを一口サイズにしたのがいくつか入ってるんです、ここんちのは。それにハマって、毎日買って帰って、翌日の朝や昼におうちでチンして食べてたんですね。

わたし的には、アップルパイとスコーンを交互に買っていたつもりだったし、
それこそ、コーヒーを買う頻度のほうが高いんですけど、
さすがに毎日アップルパイは珍しかったみたいですねー。


日本ではさすがにお店の人にこういうことは言われないけれど、
きっと梅が丘のセブンイレブンの店員さんは、とっても気になっていたに違いない。
夜の8時半ころに来ては同じものを買い続けてた女・・・・・・
大体3ヶ月サイクルだったと思いますが、買ってたものが問題。
イカの形のからいおせんべいとビール、とか、
やきとりとビール、とか、
キムチとビール、とか、
ビッツのチーズサンド(クラッカー)とビール、とか、
ハマったものがしばらく続くんです。
そして、それはやっぱりかわいげのないものばかり。


わたし自身、ファーストフードやレストランでバイトをしていたときも、
やっぱり「頻繁に来て、同じものを注文し続ける人」がいて、
スタッフの間では、メニューで呼ばれてました。
「チキン2個と水さん」とか、「寄せ鍋セットさん」とか。

だからわたしにも名前がついてた、と思います。
どんなのだったのやら・・・・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-27 04:28 | Food
こういうのをケアレスミスというのかな
以前、試験で単語の意味を答える問題が出たときのこと。

Boldっていう単語、
むこうみずな、とかいう意味ですが、
これ、間違えたひとが結構いたんだそうです。

わたしはまったく気にも留めなかったのですが、
選択肢の中に、
「頭を丸める」
というようなのがあって、
これだと思った人が多かったらしい。

この間違いをした人はきっと、
Baldだと思ったんだろうナ・・・・・・・・・

というか、そういう間違いをする人がいるのを見越して、選択肢の中にそれがあったというのがスゴイと思いましたヨ。
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-26 04:27 | School