カテゴリ:American Life( 234 )
TOEIC Cancellation
10月13日にサクラメントのKaplanでTOEICを受けるはずでしたが、人数が少なかったとのことでキャンセルになり、11月10日に日程変更をしていました。
でも、先日、それもキャンセルされたというメールが送られてきて、今回はリファンドをお願いしました。

TOEICは毎月第2土曜日に行われるので、12月の第2土曜日といえば、期末試験の真っ最中。
だからなるべく予定を入れたくないのです、たとえたいして勉強しないとしても。

ということはですよ、私の最終的なTOEICのスコアは2007年4月の825点ということになりますね・・・。うーむ。
825点って悪くはないスコアだとは思うんですけど、自分的には留学までして、900点とか満点とか取れないの?っていうかんじなので、気に入らないのです。
でも、今年はもう受けられないから、これで職務経歴書を作るしか仕方ないんだけど・・・
[PR]
by naokochin1 | 2007-11-04 05:44 | American Life
Trick or Treat?
昨日はハロウィンでした。
ハロウィンの日は学校に行くと、奇妙な格好をした人を時々見かけることができるので、面白いんですよ。朝イチでまず、レスリングのコスチュームを着た男の子4人組を見かけて、思わず凝視。寒そうだっつーのね。そのあと、顔をみどり色にした、シュレック姿の人と、真っ赤な天使とすれ違いました。

でも、今年の一番は、「シスターの格好をした男の子」ですね。設定が「妊婦のシスター」というものだったらしく、おなかにボール(みたいなの)をつめてました。かなりきわどいジョークだと思うんですよね。彼もはずかしいのか気まずいのか、一瞬目が合ったと思ったら、うつむいてニヤリとほくそえんでいました・・・狙ってたな、きっと。

そういえば、アメリカに来たばかりのころ、友人から聞いた話なのですが、お菓子をもらいに近所周りをすると、
「お菓子あげる代わりに何かやってみせてよ」
と、トリートの代わりにトリックを、という人も時々いるらしいんです。彼女は、笑ってごまかしていつもお菓子を手に入れていたそうな。

ちなみに、よそのお宅からいただいたハロウィンのお菓子で、封の開いているものは食べちゃダメと親にいわれるそうです。何が入っているかわからないじゃないですか。もしかしたら毒入りかもしれないし。また、たとえ密封されていたとしても、玄関先におかれて「ご自由にどうぞ」というようなものも、食べないそうです、アヤシイから。ごもっとも。

夜に目立たないくらい色の格好をして歩き回るから、事故が多いっていう話もあるそうですね。
これは私が読んでるアメリカ生活系のメルマガで得た情報。→こちらです。
デイライトセイビング(サマータイム)が、ハロウィンの後に終わるって、安全面を考えたなかなかいい案ですよね。わたしはちーっとも考えもしませんでした。

「へ~。ていうかさ、お菓子が食べたくて、よそのおうちを訪ねまわるんじゃないの?」
「んー別にー。イベント自体を楽しんでるって感じかなぁ」

うちの近所でも、子供たちが動き回っていた・・・と思います。2階のお部屋にいたので、わかりませんが。
さてわたしは、この週末、チョコレートキャンディーを買いに行こうと思います。きっと安くなってるよー。えへへへへー。
[PR]
by naokochin1 | 2007-11-01 03:43 | American Life
最後の給料日のせいで。。。
給料日は毎月10日です。
困ったことに、12月分の給料日は1月10日。それまで日本に帰国できないじゃーん。

航空券の値段をチェックしたら、1月7日から10日までが最安値で、11日は週末料金、10日に乗れなければ、翌週になってしまいます。
なので、Payrollのカウンターに、1日だけでもお給料を早めにもらえないかどうか、聞きに行ってきました。
給料の受け取り方は3つ選べて、
①窓口でチェックをピックアップする
②銀行振り込み
③郵送
のうち、わたしは窓口でピックアップすることにしているのですが、それを言ったら、最後だけ銀行振り込みに変えたらどうか、といわれました。そうすれば10日の朝イチに、空港からでもおろせるわよって。
でも、そしたら、銀行口座は解約できないとうことですよね・・・?
とにかく、早めに受け取る方法というのは(やっぱり)ないらしい。

でも、今のところ4つのチョイスがあります。
①帰国を遅くして、給料を受け取り、銀行口座も解約する
②銀行を解約せずに、お金を受けとる
③銀行を解約せずに、お金も入れっぱなし
④12月は働かない
うーん・・・選択肢があるようで、ないように見えるのは気のせいか??
[PR]
by naokochin1 | 2007-10-28 03:58 | American Life
電話はこわい?
キャンパス内で働き始めてしばらくたちました。
私の仕事はオフィスアシスタントなるもので、ライティングセンターの受付です。主にログイン&ログアウトの案内をしたり、ウェイティングリストのシステムの説明をしたり、コンピュータやプリンタの操作方法を教えてあげたり、あとは電話を取ったり、備品チェックしたり。。。。
エッセイやグラマーの質問は、基本的に専門のアシスタントの人が受けるのですが、私に答えられることなら答えたりもします。

こんなんでお金をもらっていいのかというような内容なんですが、まあ、それには目をつぶるとして。苦

空いた時間は自分の勉強をしてもいいのですが、今学期はそんなに勉強することもないんですよね。ヒマだとつまんないよ。なので、みんな忙しいのは嫌がるけど、バタバタしてくれたほうが、私はいいかなー。

はじめのうちすーごくキョドっていたのが、実は電話応対。いい経験だし、やらなきゃ上手になんてならないから、率先して電話を取っていたんだけど、まわりは気が気じゃなかったらしい。私が電話に出ている間、耳ダンボにしている雰囲気がアリアリ。笑。手助けする準備万端。・・・・・・そんなに心配だったかなあー?

・・・・・・・・という話を先日友人にしたら、彼女は、
「わたしがこないだ仕事中にとった電話がインド人からのでね」
と自分の話をしてくれました。
「発音がちょっと違うから何を言っているのかぜんぜんわからなくて、思わず『ハロー?』『ハロー?』って声が聞こえないフリをしつつ、電話を切っちゃったよ」
爆笑したけれど、気持ちはわかる。
なんて言ってたら、先日私も、ロシア人からの電話を取っちゃって、ほんとーにさっぱりわかりませんでした。

ネイティブと、アジア人の英語はわかるんだけど、それ以外はキッツイです。えへへ
[PR]
by naokochin1 | 2007-10-26 03:41 | American Life
Traveling around for Paper Work
Live Scan Testが終わって、48時間以内に電話をもらえるとのことだったのですが、電話はなく(ないと思ってたのでそれはいいんですけど)、直接Police ServiceにWorking IDを取りに行って来ました。そしたら、
「電話はあなたのほうからかけてくるんだったのよー」
と先日とは違う窓口の女性に言われて、
「えええー、まじですかあ」
という感じ。そうです、勘違いです。でもそこに至るまでには、「なんだよやっぱりアメリカンな対応じゃん」とか思っていたんですけどね、わはは。

そのあとで、Financial Aidへ行き、わたしが持っている書類すべてをコピーし、タイムシートや税金控除関係の書類をもらいました。
ここの窓口で学生アルバイト(アメリカ人)に説明したところ、
「留学生?僕は留学生関係の書類のやりかた、ややこしくって全然わっかんないんだよねー」
と逃げやがった。逃げたというと語弊がありますね、応援を呼んで、と言いましょう。とにかく自分ではやる気がない様子でした。それでつとまるのかFinancial Aidは?
結局、そこで働いている留学生の女の子がいろいろ教えてくれて手伝ってくれました。
よくよく話を聞いたら彼女は日本人だったんだけど、わたしたちはずーっと英語でしゃべってました。途中から突然日本語に切り替えるのもヘンな気がしたし、隣にアメリカ人の男の子がいたから、内緒話(=陰口)をしているととられてもイヤだったし。ありますよねこういうことって?しっかし彼女の英語、きれいだったなぁ。

次はLiberal Arts Divisionへ。なんだか情報集めてまわるロールプレイングゲームみたいですよね。給料関係の担当者がここにいるということでしたが、必要な書類はすでにFinancial Aidでもらっていました。けど、念のため。
「ここでもらえるはずの書類をもうもらってきたんですけど、あと何すればいいんでしょう?」
って聞いたら、ここでも色々教えてくれました。

そのあとで、直属のスーパーバイザーのサインをもらい、オシマイ。
月曜日から、働けます。あ、なんか緊張してきた。
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-27 01:48 | American Life
Live Scan Test
ソーシャルセキュリティカードが手元に届いたので、Financial Aidでアプリケーションをもらい、そのあとでPolice Serviceに行きました。

名前や住所、ソーシャルセキュリティナンバー、あと車の免許証の番号の代わりにパスポートの番号、出生国と都市などなど、いろいろ書いて、それから、
「あなたの部門の名前も書いて」
と言われましたが、部門って・・・・・・?と、きょとーん。英語でDivisionといわれたのですが、意味はわかるが何て書いたらいいのかがわからん、という感じでした。Business Administrationと書いて、それで正解でした。自分の専攻のデパートメントを書けばよかったってことなのね。

ライブスキャンテストとは指紋を取るあの一連の検査のことを言います。
両手10本の指全部の指紋を、表面だけじゃなくて、何かを塗りたくるときみたいにぐる~んと指の腹全体をなすりつけて取られました。「表面だけ」と「ぐる~ん」で20回。すっごい厳重。
「これやるの初めてなの?すっごい面白い顔して眺めてるけどあなた」
と担当の人に苦笑いで聞かれました。指紋が良く見えるように、モニターもこちら向きになっていて、すっごく興味深かったんですよ~!たぶん、口をあけてぽかーんと見てたんだと思いますわたし。
国際空港の入国審査と、ビザを取るときに大使館でやったのは経験がありますが、これは両手の人差し指の指紋を取られるだけでしたし、モニターもこちら側からは見えないようになってるので、事務的すぎてつまんなかったですから。

48時間以内にWorking IDができてくるそうで、そしたら電話をもらえるとのことでした。
このあとで職場に行き、進捗状況を報告しておきました。たぶん、来週から働けるかな?
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-20 13:48 | American Life
Job Offer on Campus
キャンパス内の仕事をするため、ウェイティングリストに名前を書いておきました。
それがなんと1年半前。
順番がまわってきたと連絡をもらったのが先週でした。

わたしがこのカレッジにいる間にはまわってこないと思ってあきらめていたし、ぶっちゃけもう面倒くさいなあ~と思ったのですが、せっかくだしいい経験だし、働くことにしました。

留学生でも、働くにはSocial Security Numberが必要になります。
留学生は学生ビザでアメリカ国内に滞在していますので、学生ビザ保持者は本来、働く事が一切できません。けれど週に20時間以内、学校内に限り、実は働く事が可能です。OPTやインターンシップの人たちは正規の手続きを踏んで学校外で働いているので例外です。それ以外で、「友人が○○レストランで働いてるけど」というのは、違法ですよ。気をつけて。

なので、レターを書いてもらって、まずSocial Security Officeに行って来ました。
混むから月曜は避けたほうがいいと言われていたので水曜日に行きました。

何が必要かわからなかったので、留学生オフィスでもらったレターと、パスポート、学生ビザ、I-20、I-94・・・・・・とにかくぜ~んぶ持って行きました。そして、全部必要でした・・・・・・。あぶなかったー。忘れ物がなくてよかったよー。

ちなみにI-20とは、学生ビザを得るために学校から渡される入学許可証のことで、留学生にとってはパスポートと同じレベルの重要書類です。わたしの場合は、サイン入りのこれを持たずに国外へ出ると、アメリカに戻ってこられません。
また、I-94とは、入国審査のときに記入する書類のひとつ(白と緑があったら白いほうの書類)で、Departure Recordのことです。パスポートにホチキスで留められてる紙切れですよ。一見ど~でも良さそうな紙切れなのに、実はすっごく重要でびっくりしました。

オフィスに行ってから書かされる書類ももちろんあります。なぜかそこには両親の名前を記入する欄もあって、母親の苗字は結婚前の旧姓を書くようにとあるんです。変なの~と思いながら書きましたけど。

すぐにもらえると思っていたSocial Security Cardですが、受け取りまで10日ほどかかるとのこと。すっごく大事なものだと、何度も説明されました。お財布に入れてはいけない、携帯せずに必ず家で保管すること、なくさないように本当に気をつけてください、そう言われました。
勤務先に早く伝えたいから、ナンバーだけでも今おしえてもらえませんかと聞いたら、
「ここでは明日にならないとわからないし、たとえ今わかったとしても、あなたがカードを受け取る以外の方法でそれを知ることはできない」
と言われました。そうよね、言われてみればそれはごもっとも・・・・・・。

入ってから出るまで1時間以内で済みましたよ。次の日経済学の試験だから、その勉強をそこですべて終わらせようと思ったのに、さすがにその時間内では終わりませんでした。
というわけで、これからやります、究極の勉強方法、丸暗記で!
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-13 06:02 | American Life
American Japanese
クラスメイトに、苗字も名前も思いっきり日本人の人がいますが、彼は日本語を話せません。
両親とも日本人だそうですが、こっちで育ったんだそうです。

この人が日本に行ったら、日本語がしゃべれると思われてさぞかし大変な苦労をするんだろうなあ・・・・・・と、ものすご~く同情してしまいました。私に同情されて彼も迷惑だろうけどさ。
ウエンツ瑛治を思い出します。彼はクォーターなんでしたっけ?あれ?どうだったんだっけ。
どんな事情にせよ、母国語を話せないというのはかわいそうなことだと思います。両親とは英語でコミュニケーションが取れても、親戚祖父母とは話せないわけじゃないですか。たとえば日本人に限った話、日本に住んでいる親戚が英語を話せるケースは稀ですよね。

余談ですが、今回のタイトルをつけるのに "American Japanese" なのか "Japanese American" なのかしばし悩んでしまいました。みなさんこの違いわかります?ルームメイトにしつこく聞いて、
「説明できーん!」
といわれながらもしぶとく食い下がってやっとわかりました。和訳してみるとわかりやすいですよ。American Japaneseはアメリカンな日本人(すいませんね、中途半端な和訳で。汗)みたいな。
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-12 13:45 | American Life
Wedding Party 2回目
e0055091_854505.jpg

友人の結婚式に行って来ました。(前回行った結婚パーティ、気になる方はこちらへどうぞ)
中国人とカンボジア人(どちらもいわゆるアメリカ市民ですが)との結婚だったので、カンボディアン人口が多いStocktonという街で式も披露宴も行われました。Stocktonって、私もどこにあるのかいまいち場所がつかめませんが、Rosevilleから車で1時間半強のところにあります。周辺の有名な都市は、サンフランシスコだそうな。

式をしたのはUniversity of Pacific、略してUOPの中のチャペルです。この大学は私立で医学系の大学なんだそうな。近くにいた人と話をしたとき、私は学生だと自分のことを話したら、UOPの学生かと聞かれました。なのでRocklinにある2年制カレッジですよといったところ、その人たちはRosevilleから来た人たちで、私が通っている学校のこともよくご存知な方たちでした。
e0055091_8595723.jpg

e0055091_902089.jpg

ほかにもたくさ~んのカップルが。

e0055091_912048.jpg

e0055091_905493.jpg

ここでちょうちょとシャボン玉を飛ばしてみんなで祝福しました。

たぶん、ライスシャワーは散らかるからダメだったんでしょうね・・・・・・。

披露宴・・・
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-10 09:14 | American Life
携帯電話の解約
携帯電話を購入後、契約期間である2年が経過したので、あんまり使わないことだし、解約をすることに。アメリカに来た当時は携帯電話のシステムなども全然わからなくて、2年契約のものを買ったけれど、私の使用頻度を考えると、プリペイドで十分だったかもしれません。アメリカに来たばかりの頃は、プリペイド携帯というものが存在して、それを近くで買えることを知らなかったのですから、仕方ないんですけどね。1ヶ月40ドルの一番安いプランだったけど、最近では月に5回使うか使わないかだったので、絶対に損してたと思う。ペナルティを払って、2年以内に解約することもできたけれど、あればあったで使ってたのでそのままずるずると結局2年間使いました。

というわけで解約をするためにVerizonに電話をかけました。そしたら、
「ではソーシャルセキュリティナンバーの最後の4桁をどうぞ」
って言われたんですよ。
わたしはSSNを持っていません、だって留学生だから。なので買うときもパスポートを身分証明として見せて買ったんです。そう説明したら、
「とにかく4桁の番号を打ち込まないことにはあなたの履歴を確認する事ができない」
らしくて、何か言ってよ的な雰囲気。だからパスポートの下4桁をとりあえず言ってみたけど、エラー。じゃあ、と学生証の番号など、思いつくものの下4桁を言ってみるも全部却下。結局、電話じゃなくSHOPに行って下さいと言われてしまいした。パスポートを忘れずに、ですってよ。

で、うちの近くのショッピングモールに先日行って来ました。
「ほかの会社の携帯電話にスイッチするんですか?」
と聞かれたけれど、
「いえ、使わないので」
と言ったら、なんだか奇妙な顔をされました。そうよね、携帯電話を必要ないと思う人はめずらしいですよね(特に携帯販売会社で働いている人にとっては)。

ショップでも、ソーシャルセキュリティナンバーの下4桁を聞かれました。
なので、自分が外国人でSSNがないことと、カスタマーサービスでのやりとりを、また説明。彼らサイドがデフォルトの番号を入れてスキップするだけで良かったらしく、パスポートの提示すら求められませんでした。手間かけさせやがって。

というわけで携帯電話を解約します・・・・・・という連絡をみんなにしなければ・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-06 08:05 | American Life