カテゴリ:American Life( 234 )
帰国直前のきろく
もう過ぎ去ってしまいましたが、週末は、IKEAに行って家具を見て、fry'sで電化製品を見て、IN-N-OUTで初めてハンバーガーを食べました。
荷造りは、やーっとなんとかおわりそうです。

その荷造り、重量制限以内に収めるのはキツイかも。体重計に乗っけながらつめてるけど、どんだけ正確なのかはわかんないし。
そもそも50パウンドって23キロなんですが、なんとなく、というか、どうしても感覚的に50キロと思い込んでしまって、
「まだ大丈夫かなー」
って思っちゃうんですよねえ。今までは32キロでよかったのに、いつの間に23キロになっちゃってるのよぅー。
23キロなんて、国内旅行程度の小さいスーツケースに、パンパンに詰め込んだらそれだけで軽く20キロいきますからね、大きいスーツケースなんか50パウンドはあっという間です。オーバーウェイトしたらどうなるんだろう・・・・・・毎回(成田から出発するときは)ちょびっとオーバーしてるように思いますが、そのまま出れちゃえるんですよ。でもアメリカから出るときはどうなんでしょうか・・・・・・。

と、思ってリコンファームしたときに、オーバーウェイトについて聞いたら、
①70パウンド(32キロ)を超えると、282ドル
でも、
②荷物を3つにわけてそれぞれが50パウンド以下だった場合は92ドル
③2つまでで50パウンド以上70以下だった場合は25ドル。

ちなみにこれはサクラメント-成田の話です。

I-20などの留学関係の書類に関しては、アメリカに戻ってこないんならサイン不要とのことでした。もしも5月の卒業式に出席するなら、ビジターとして来てくださいですって。

私の記録も、もうすぐ終わります。
[PR]
by naokochin1 | 2008-01-10 15:27 | American Life
Christmas Party
e0055091_12233035.jpg

クリスマスパーティに行ってきました。ひとつまえの記事に「暖炉云々」って書きましたが、ここのお宅にもやっぱり暖炉、あった。
e0055091_12234218.jpg

プレゼントの山!プレゼント交換用のと、個人宛のと、一緒くたになってます。プレゼント交換用のプレゼントはDollar Shopから一人5個買ってくるというルールにしていたので、だから人数の割に数が多いのです。数が多ければ何かひとつくらいはうれしいサプライズがあるかもしれないでしょ?このルールは1年前から決まっていたので、私は日本の100円ショップで500円分買ってきました。ウケ狙いで買ったつもりの、「ちょっとかわいいバージョンの招き猫の貯金箱」がふたを開けてみたら大人気だったことにビックリです。
e0055091_1224513.jpg

e0055091_12243395.jpg
e0055091_12244996.jpg

このお宅のテーマカラーは赤。あったかい感じでステキでした。しかもなんとなくアジアっぽい。(アジア人ですが)。
e0055091_1225166.jpg

卓球台とビリヤード台。2階にはトレーニング用のマシンがいくつかあるんですって。広いおうちですよねえ・・・・・・。
e0055091_12251469.jpg

クリスマスにヤドリギの下でキスをするとカップルは幸せになれるんだとか。ほんとかどうかわかりません。友人に聞いたら「慣習みたいになってる」とのことでしたので。
この階段。これも一種の「ヤドリギの下」・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-26 12:41 | American Life
House Decoration for Christmas
e0055091_1231814.jpg

クリスマスの飾り付けをしている家をめぐって来ました。基本的にこういうのにお金や手間をかけるのは、裕福な人たちが多いですが、住宅地によってテイストがかなり異なります。
同じくらいの「お金持ちエリア」なのに、あっちはハデハデ、こっちはシンプル・・・みたいな。まあ、ご近所づきあいとかも含めてまわりにあわせてるのかな、とも思いますが。
e0055091_1233546.jpg

この家とか、すごくないですか?・・・ってすごいんですよ。さすがにこれは多すぎ。やりすぎ。電気代がいくらかかってるんだかねえ。
写真はありませんが、煙突のところに矢印の形に電球をつけてる家がありました。
「サンタさん、ここだよー」
っていう意思表示だそうで。日本と違ってたいていの家には、暖炉や煙突がありますからね。サンタさんが迷わないようにしなくちゃいけないですものね。露骨で面白かったです。
e0055091_123563.jpg

e0055091_1241563.jpg
e0055091_1242916.jpg

そうそう、写真のうつりが悪くてごめんなさい。これでもデジカメを車の上やポストの上などに固定して、ブレないようにしたんです。夜景モードって超ムズカシイわ!
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-26 12:15 | American Life
Turkey Party
e0055091_3484511.jpg

これはサンクスギビングの時期のことですが、パソコンが新しくなって写真の加工の仕方がわからなくてアップできずにいた分です。ターキーパーティにお呼ばれしたので行ってきました。
e0055091_483714.jpg

e0055091_451188.jpg

e0055091_47187.jpg

e0055091_453556.jpg
e0055091_4675.jpg

今まで行ったパーティの中で、家の飾りつけとか、お皿とかメニューとか、一番洗練されてて素敵でした。雑誌の中に入ったみたいでした。お住まい自体はコンパクトなサイズですが、手入れが行き届いている感じもすごくよかったです。アイランドキッチン、いいな♪
アメリカ人は「家は広ければ広いほどOK」みたいな考え方があるようですが、掃除もタイヘンだし、光熱費だってかかるし、スペースがあればあるほど荷物だって増えるし、私には広いおうちのメリットが見つけられない。
e0055091_465169.jpg
e0055091_47362.jpg

e0055091_481731.jpg

↑これはスイートポテト。焼きマシュマロってこんな感じになるって知らなかった。ウォルナッツも入っていたかも。普通のマシュマロは絶対に食べようとは思いませんが、火を通したものは好きです。
e0055091_4121092.jpg

この日近辺で誕生日の人が3人いたので、ちょっとしたバースデーも兼ねて♪
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-21 04:13 | American Life
2007年秋セメスター終了お疲れ様会
e0055091_311865.jpg

毎学期終了後に必ずやってるポットラックパーティを、今回ももちろんやりました。
今回、すごーく豪華でしょ?
ひとりは今年の春に卒業して、もうひとりはクラスはもう全部取り終わってるんだけど、書類の手続きの関係上、来年の春の後に卒業予定だそうで、今回卒業したのはわたし。というわけで、わたしのためにこんなにしてくれたみたい。
e0055091_3205659.jpg

このパーティの2日前までファイナルだった友人ですが、こんな飾り付けまでして、準備万端でお迎えしてくれました。トップの写真はターキー。5日前くらいから仕込んでたみたい。ファイナルがタイヘンだっただろうに・・・ありがとうねー。
友人の彼氏おすすめの「ターキーに合うワイン」と一緒にいただきました。ちなみにこのパーティはランチパーティなので、今まで酒が入ったことはなかったんです。みんなそんなに飲めないし。不思議な形状のワインオープナーに、みんな「???」と開けるまで10分くらい悪戦苦闘。
がんばって開けた甲斐もあったし、友人の彼のおすすめもどんぴしゃだったし、全員で、
「・・・・・・・これは飲める!」
と一口飲んで大絶賛。
e0055091_3222686.jpg

写真はありませんが、遅れて参上した友人が持ってきた「いちご大福」が激ウマでした。
電子レンジとミキサーがあれば、餅つき機がなくても作れるんですって。
食べ物お持ち寄りだと、みんなの得意レシピがわかるし、新しい発見もあるし、やっぱりいいですね!
e0055091_323438.jpg寄せ書きまでいただいちゃいました。載せたいのはやまやまですが、名前がでてしまうので載せられない・・・。左のコースターは、次の春に卒業する友人にと、わたしからです。ミシンが壊れてて急遽手縫いになりましたが、作ったと言わなければわからなかったようで・・・ホッ。
おいしかったし、楽しかったです♪いろいろありがとうございましたー!
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-21 03:48 | American Life
Rudolph the Red-Nosed Reindeer
そろそろクリスマスなので、口ずさむ歌の多くはクリスマスソング・・・になりませんか?
友人が、
「真っ赤なお鼻のトナカイさんは~」
と(日本語で)歌っていたら、彼氏(アメリカ人)に、
「そんなの、ただ訳しただけじゃん。ぜんぜん韻を踏んでない!ダメダメ!!」
と言われたそうです。
そのときその場にいた人全員が、
「・・・・・・・彼は、ラッパー?」
と言ったのはここに書くまでもない話。

さて、韻を踏むという言い方が正しいかどうかはわかりませんが、以前ライティングのクラスで詩の勉強をしたときに、行の終わりは似たようなサウンドで終わらせる、というのを習ったのを覚えています。そうなのかな?

Rudolph the red-nosed reindeer
Had a very shiny nose
And if you ever saw it
You would even say it glows
All of the other reindeer
Used to laugh and call him names
They never let poor Rudolph
Play in any reindeer games

こちらからの引用です。全部の歌詞が気になる方は参考になさってください。(クリックしたら曲が流れる仕様になっているかも・・・)

一部分の抜粋です。普通にあのメロディーで歌ってみてください。
・・・・・・ていうか、韻を踏んでるか???
ネイティブの人に聞いてみたら、
「この曲は違う(韻を踏んでる曲じゃない)」
と言われました・・・・・ええぇー??
友人の彼もネイティブさんなんだけど、彼には日本語訳が許せないくらいに英語の歌詞に愛着でもあったんでしょうかねえ?
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-19 02:59 | American Life
古本屋さんvs.普通の本屋さんで割引
アメリカでは古本屋を見かけません。でも普通の本屋で、セールをします。ちょっとシーズン遅れになっちゃったような本は30%OFFとか、または3冊買ったら4冊目タダとか、そういう割引を行うのです。日本でもこういうことをすればいいのにとすごく思います。だって、売れ残ったら出版社に返品されて全部裁断処分されちゃうんですよね、たしか。

活字で残るものは財産ですよ、裁断するなんてもったいない。日本が書籍の割引をしないのは、定価で買った人のことを考えてのことなんでしょうけれど、文庫化を待っている人にとっては購入のいいきっかけになると思うし、こういうことをしないから、古本屋が流行って、著作権や印税の問題に発展するんだと思います。堂々巡りですよね。

そうは言っても、個人的には古本屋さんがあると便利だなって思います。売るときに便利だし、立ち読みにはもってこいだし。いつのころからか、古本屋さんでほしい本にめぐりあえなくなってしまったのです。「これがほしい」と決めて行くのがいけないのでしょうが・・・。
でもね、お気に入りの作家さんの本とか、とっておきたい見た目が素敵な本とかは、普通に本屋さん(もしくはアマゾン)で買いますよ?
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-18 04:43 | American Life
卒業
12月14日の金曜日で学校が終わりました、卒業しました。卒業式は春学期の後にしかないので、わたしは出ません。

4年制大学に編入するつもりでしたが、いろいろ事情がありまして、とりあえず日本に戻ることにします。4大、行きたかったです。残念です。

帰国は1月に入ってからなので、ゆっくり荷造りなどをしたいと思います。
約1ヵ月後には生活スタイルががらっと変わるんだと思うと、うーん、それはそれで楽しみですね。

このブログはアメリカでの生活を記録したブログなので、アメリカ生活の終了と同時に閉じたいと思います。閉じるまで、もうちょっとだけおつきあいくださいね。
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-17 02:40 | American Life
「日本人です」と「アメリカ人じゃありません」
アメリカでは誰がどこの国の人かっていうことをすーごく大事にしているように思います。なんというか、個性を尊重するような感じに捉えてる、といったらいいのでしょうか。
なんでこんなことを書いているのかというと、先日、友人たちとそんなような話をしたからです。

たとえばアメリカ人と日本人のカップルがいたとしますね。彼らはアメリカでは、
「あなたは日本人」
「そしてあなたはアメリカ人」
と言われます。

でも、日本ではそうじゃないんですって。
「あなたは日本人」
「そしてあなたは日本人じゃない」
となるそうです。「アメリカ人」とは言われないんだそうです。

ちなみにわたしはアメリカに来て以来、「アメリカ人じゃないんだね」的な言われ方をしたことは一度もありません。
日本では、日本人以外を受け入れることを根本的に拒否しているような響きがありますよね。・・・・・・でもむちゃくちゃ日本っぽいですけど。
[PR]
by naokochin1 | 2007-12-08 02:27 | American Life
航空券を買ったんですが・・・
先日、航空券を買いました。1月11日の便です。サクラメント出発、サンフラン乗り継ぎ。もうすぐアメリカともおさらばです!いやー、うれしいって言うかなんていうか!
アメリカよりは日本が好きだと認識できた、いい経験でした、ってまだ終わっていませんけど。
先のことを考えると、頭もお腹も痛いですが、ここでここまで生きてこれたんだから、大丈夫だと思いたいです。

さて、航空券ですが、電話で、デビットカードを使って支払いをしました。
承認がおりたものの、その時点では、そんなに口座に残高がなかったんです。
友人に何気なくこのことを話したら、
「ネガティブバランスになると、手数料、結構とられるって言うよ?銀行に早く行ったほうが良くない?」
と言われました。なので仕事が終わってから、ダッシュで銀行へ直行。とはいっても、30分てくてく歩きましたよ(一番近い銀行がこの距離なので)。

ATMを使うと口座に反映されるまで時間がかかりそうなので、窓口に行きました。
余計な手数料とか、取られませんよねと、念を押して聞きましたよ、やだもん、そんなのにお金取られるの。でも、大丈夫でした。お金を口座に入れた瞬間に、残高がプラスになるから問題ない、とのことでした。
結果的には問題なし・・・とかいって、後でヘンな請求が来たら怖いなー。

しかも、先日、オンラインで郵送のステイトメントを送らなくする設定にしたのに、まだ届いてるし。そういうわけで、1ヶ月くらいは気を抜けません。
[PR]
by naokochin1 | 2007-11-21 11:10 | American Life