カテゴリ:Books & Movies( 21 )
The Passenger
e0055091_1355615.jpg今学期はInternational Film という、つまりアメリカ映画以外の映画を観るクラスを取っていますが、そのクラスでつい最近観たのが"The Passenger"という映画です。ところどころネタバレがありますので、観るつもりの方はご注意くださいね。



シラバスによると、この映画は、1975年、ミケランジェロ・アントニオーニさんという人が監督したもの。タイトルは"The Passenger"(乗客 or 同乗者)ですが、妻や仕事から逃げるという内容なので、どちらかというと「逃亡者」に近いなーと思いながら観てました。邦題は「さすらいの二人」っていうんですって。見終わった今、邦題のほうがしっくりきます。

冒頭で友人が死んで、主人公はその死んだ友人に成り代わるので、「これはきっと謎解き系のお話なんだ!」と、次に死ぬ人を想像しながらわくわくしていたんですが、そういう系ではありませんでした。・・・わくわくは不謹慎だったかな。成り代わった友人は、結構悪いことをしている人だったらしく、手帳は予定だらけ。それになんだか狙われているようなかんじもする・・・・・・。でも「昔の自分」に戻る気もない主人公。物語のほとんどは彼が逃げ回ることに費やされています。ただ、まわりの風景が変わるだけ。
e0055091_1381292.jpg最後のシーンはカメラをアウトからインにしていく、たぶん当時にしては画期的なやり方で、この映画の見どころシーンだったんでしょうけれど、そこがわたしにはよくわかりませんでした。ラストは、冒頭の友人がベッドで死んでいるシーンを彷彿とさせますから、何も言わなくてもセリフがなくても、この人は死んだんだろうなあ・・・と想像する事ができます。
e0055091_1362435.jpg死んだ(ことになっている)自分の夫の手がかりを知る人を追いかけ続けた彼の妻は、そのシーンでやっと彼に追いついて、でも「こんな人は知らない」って言うんですよ。「顔はまさに自分の夫の顔をしてるけれど、こんなところで殺し屋に殺されるような人をわたしは知らない」って意味で "I never knew him." と言った・・・のかな。そして、彼の奥さんのフリをして行動を共にしていた女性は「知っています」と答えるのですが、彼女の名前は一度も出てきません。

このクラスは、レクチャーと映画鑑賞が交互にやってくるスケジュールなので、後日の先生からの説明によると、この映画はフラッシュバック(というかただの監督の仕込みだと思う)があちこちにあるので1回観ただけじゃなかなか全容をつかめない、だそうです。抱えているいろいろなものを放り投げて逃げ出したいという願望がある人には理解しやすいお話かもしれませんね。
[PR]
by naokochin1 | 2007-04-12 13:01 | Books & Movies
Heroes
e0055091_11135475.jpg2006年に放映された「Heroes」というドラマを最近観ています。
3ヶ月くらい前に友人に、
「Heroesっていうドラマ、観てますか?めちゃくちゃ面白いですよ、ヘンな日本人も出てくるし」
と勧められたのですが、そのときは観ずじまい。最近、そのシーズンのすべてのエピソードをルームメイトが入手したので観始めました。いまさらですが、おもしろいです。昔、日本で「24」にハマって週末ずーっと見続けた事がありますが、それを思い出しました。そのくらい、おもしろいですよ。

このドラマのあらすじはこんな感じ。
登場人物が多く、場所が二転三転するのですが、舞台のひとつは東京。東京で、あるサラリーマンが時間をとめたりテレポートしたりできる能力に気がついて世界を救うためにアメリカにやってきます。ロサンゼルスでは、平凡なおまわりさんがある日突然人の気持ちが読めるようになって、犯人にしかわからないようなことまでわかっちゃったりします。またテキサスのチアリーディング部の女子高校生は、怪我をしてもすぐに治る能力を持っていて、彼女は自分が負ったやけどや骨折なんかはあっという間に完治できます。ラスベガスでは、シングルマザーが自分が二重人格かもしれないと鏡の中の自分に怯えています。そしてニューヨークのある絵描きさんは、ドラッグを服用したときに描く絵が、未来の出来事を当てていることに気がつきます。このアーティストの作品に、東京のくだんの日本人や、チアリーダーの女の子を見つける事ができます。作品のほとんどは事故や殺人事件の絵。未来にそれが起こるのだとしたら・・・・・・というわけで、このさわりだけでも、面白いストーリーを期待できるんじゃないかと思います。

e0055091_11143657.jpgところで、このドラマに出てくる「日本」のシーンですが、「アメリカ人が一般的に思い描いている日本そのもの」なので、とってもヘンです。最初のシーンで漢数字の壁掛け時計が出てきたときにはひっくりかえりそうになりましたよ。あと、「メガネかけてる」とか「剣もってる」とかね。

ちなみに左のこのシーン、左側の男の子が日本人役の男の子。秋葉原っぽさを意識してる感じ、するでしょ?小さくて見えないかもですが、彼のジャケットの左胸のロゴ、「場違い」ってかいてあるんです。

このドラマ、わたしもまだ全部は見ていないんですが、この週末だけで8エピソードは制覇したはずです。観すぎて気持ち悪くなってきたのでやめました。でも、全部見終わるのは時間の問題かな。難しい英語は使われていないので、英語の勉強にもちょうどいいと思います。オススメです。観てみてください。

Heroes Website (英語)
Heroes Website (日本語)
Heroes Wikipedia (日本語)
[PR]
by naokochin1 | 2007-03-17 10:58 | Books & Movies
Bridge to Terabithia
e0055091_12491951.jpg先日何気なくテレビを観ていたら、この映画の宣伝をやっていました。左の写真は原作本の表紙です(リンクはアマゾンジャパンに飛びます)。映画のあらすじはこちら(Internet Movie Data Base)を参考になさってください(後者のリンクは英語です)。

このお話は、アメリカに来て最初のセメスターにESLのクラスで読まされた本なのです。対象年齢は9~12歳なので、ESLの学生にはちょうど良かったんでしょう。というか、ESLのクラスを取っていたわたしにはかなりハードでしたよ。洋書を1冊読み終える、ということをしたことがありませんでしたから!でも、途中から面白くなってぐいぐい読みすすめて、最後はかわいそうでウルウルしながら読み終わりました(過去記事)。小学校の道徳で使われそうな題材の、色々考えさせられるお話ですが、大人が読んでも感情移入できます。泣けます。

映画になるほど有名で、いいお話だったのか、とあらためてそのときの先生に関心しました。映画は観ていませんが、本に関しては、ハリーポッターなどと比べるとかなり薄い本なので、洋書にチャレンジしたい!という方にもオススメです。
[PR]
by naokochin1 | 2007-02-27 12:39 | Books & Movies
The Lady Vanishes
International Filmというクラスを取っているので、学校で映画を見る事もあります。
はじめのうちはサイレントムービーで、声と字幕が一致しない映画を見ていて、古臭くて面白くなかったのですが、今回観たのは面白かった。ヒッチコックがイギリス時代に撮った映画 "The Lady Vanishes" という映画です。邦題は「バルカン超特急」だそうです。(リンクはWikipediaです)。リンク先も下記の文章もネタバレありなので、これから観るつもりの方はご注意くださいね。

ヒッチコックの作品、ということで、スリラーものを想像していましたが、この映画はちっとも怖くなかったです。冒頭、ドイツ語の会話からスタートするんですが、ドイツ語、字幕がなかった!それ以外のほとんどが英語のため、「ドイツ語がわからない」という感覚を観客にも味合わせたかったんでしょう。わかりやすい話だったから意味はわかったけど、わたしとしてはそんなのより英語字幕がほしかったなー。そりゃ、アメリカですから、大多数の人が英語字幕は不要ですから、先生もつけなかったんでしょうけど、あったって困んないじゃんねえ・・・・・・。

邦題では想像がつきませんが、英語のタイトルからは、なんとなくストーリーが想像できます。女の人がいなくなるのかぁ・・・と思いながら待つこと数十分。段々イライラしてきた。冒頭のユーモラスな部分は半分はしょっていい!事件が起こるまでが長すぎる!

これまでクラスで観た映画はサイレントムービーだったので、それと比べると、クオリティは当然高いです。カメラワークにまで気を使うようになった、と言ったらいいんでしょうか。こだわってるなーという画像の処理があちこちに見られました。たとえば電車と女性の顔を重ねたり、ぼやけた映像に切り替えたり。あと、カメラを人間の目線のように扱かったり。

でも、プロットについては不十分な点が多かったです。電車という密室だったのにもかかわらず犯行にかかわっていた人間が多すぎる。閉ざされた空間の中での事件なのだから、それを活用して、犯人はたったひとりにするべきでしょう。みんなが何らかの形で事件にかかわっていて、主人公以外はみんな犯人寄りかよ・・・とちょっとあきれた。また、張られた伏線も解消されずに映画が終わっています。物置部屋で乱闘し、箱の中に閉じ込めた男性はどのようにして脱出したんでしょう?食堂車の窓ガラスに映った名前。あれも、どうやって、何のためにあのタイミングでわざわざ出して、消したんでしょう?

最後は銃撃戦となりますが、ほとんどギャクです。白いハンカチを持って降伏しようと電車を降りた人が、思いっきり速攻で撃ち殺されるし。その殺され方、というか、倒れ方が志村けんが舞台でお笑いをやるようなわざとらしさで不謹慎なのに笑えてしまう。まあ、夢オチじゃなかっただけ、くさってもヒッチコック、という印象を受けました。面白かったから、このままペーパーを書いてしまおうと思って、考えたネタの活用です。先日書こうと思って映画館にまで行った "Letters from Iwo Jima" は全然書けない。戦争映画はやっぱりムズカシイ。
[PR]
by naokochin1 | 2007-02-13 14:23 | Books & Movies
Letters from Iwo Jima
今学期はInternational Filmという、外国映画(アメリカ以外の映画)を見るクラスを取っています。Take-homeの中間&期末と、ゆるーいアテンダンスしかない楽なクラスです。体育の次に簡単だと言われているクラスでもあります。GE(一般教養)のクラスの単位を稼ぐために仕方なく取りました。楽だからいいんだけど・・・・・・。

中間と期末は各100問のマークシートの試験だそうです。両方で90点以上取ればAです。一応、エクストラクレジットがあって、リストに書かれた映画を観てペーパーを提出すれば、たとえば88%など惜しい成績だった場合、底上げしてくれるそうです。確実に90%を取れる保障がないから、わたしは2枚分、ペーパーを書くつもりでいます。

というわけで久しぶりに映画を観てきました。観たのは"Letters from Iwo Jima (硫黄島からの手紙)" この映画、日本ではもう上映されているんですよね。アメリカでも最新の映画ではなかったけれど、まだ映画館でやっていたので、行ってきました。

硫黄島は日本の本土とサイパンの中間点にある、なーんにもない島です。ここが占拠されると、アメリカ軍が日本本土をより簡単に爆撃することができるようになる。第二次世界大戦中の日本空軍と陸軍は、戦略や、敵とみなす国も違うなど、まったく連携が取れていなかったそうです。ちなみに勝利の報告は各陣営に伝わっても、敗北の場合は伝わらない事が多かったとか。
これはわたしが知っている「硫黄島」のこと。ここまで映画では語られません。知らなくても、もちろん映画は楽しめます。

これはアメリカ人が作った映画ですけれど、クラスでは外国映画として扱われていました。理由は、観て納得。これはアメリカの大衆にウケる映画ではないでしょうね。クリントイーストウッドさん、日本市場だけをターゲットにしたと思われる。実際、わたしの隣に座って観ていた老夫婦(たぶんアメリカ人)が、開始30分もしないうちに退出していきました。ちょっとショックだったけどさ、ノンフィクションだし、娯楽だし、作品だし、万人が納得できないのは仕方ないことだと思う。

日本映画でも最近はほとんど聞かなくなった、「天皇陛下、万歳」も何度か出てきました。わたし、これキライです。別に自分を反右翼だとか左翼寄りだとか言いたいんじゃなくて、そういうことではなくて、このセリフを言う人たちは、絶対に死んじゃうじゃないですか、だからキライ。万歳したあと、ひとりずつ順番に手榴弾を胸に押し付けて死んじゃうんですよ。日本ってホント、こういうの多いですよね。カミカゼ特攻とか、古いのだと白虎隊とかもそうだし。その選択肢を選ぶようにしむけられた、そう教育されたことがたまらない。でもそれは選べる時代に自分がいるからそう思うだけなのかも。すごく贅沢なのかも。よくわからない。ホント重い。「ホタルの墓」の次くらいに二度と観たくない映画です。後味悪すぎ。でも1回は観るべきなのかもしれない。

話は変わって、どうペーパーを書いたものでしょうかねぇ・・・・・・カメラワークとか、サウンドとか、すでにあまり覚えていないから、感想文になってしまいそうな予感です。ここに書いたことそのまま英語にして出そうかなぁ・・・イヤでもそれはさすがに・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2007-02-03 15:17 | Books & Movies
Flyboys
わたしが学校にいるとき、ルームメイトから連絡がありました。
映画の試写会のチケットを、会社の人からもらったんですって。

それは4枚あって、しかも当日のみ有効。
だからあとふたり誘ってください、というのが連絡してきた理由でした。

というわけで、木曜日にバタバタしながらお出かけしました。

映画のタイトルは “Flyboys”
第一次世界大戦のときの、戦闘機乗りのお話です。

第一次世界大戦開戦当初は、アメリカは参戦しておらず、
アメリカ人志願兵が、フランスに行って従軍、ドイツと戦ったんですって。
彼らのほとんどが、飛行機の操縦については素人だったそうな。

1903年に、ライト兄弟が動力飛行機を発明し、
1914年に、第一次世界大戦が勃発しますが、
「戦争」という経済成長の中で、飛行機(戦闘機)は飛躍的な発展を遂げるわけです。

わたしは最初、
第一次世界大戦のときも、日本はドイツ側だったとカンチガイしていて、
「いやー、これは日本人がアメリカで見る映画じゃないでしょう~」
と、思ったんです。
でも、このときは、まだ日本はアメリカサイドですね。

今学期取っているヒストリーのクラスが、このへんの歴史をカバーするので、
タイムリーでした。
「飛行機の発明と戦争被害との関係性について」というような内容で、
ペーパー1本作れるかもしれない。考える余地アリです。

それにしても、機上のシーンが多くて、酔いました・・・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-09-16 04:26 | Books & Movies
Clerks II
e0055091_1475469.jpgClerks IIという映画を見てきました。
出演者も前のシリーズも全然知りませんが、
アメリカではそれなりに人気のあるコメディ映画のようです。

主人公のお店に彼が朝、出勤して、シャッターを開けたら、店内が大火事で、スゴイことになってた、というところからストーリーが始まるのですが、ここですでにお客さんは大笑い&大盛り上がり。
わたしは思わず、思いっきりヒいた。

要するにアメリカンジョークなんですけど、
というか、アメリカンジョークだったからこそ、わたしには笑えなかった、んでしょうね。
ブラックジョークばっかりで、気持ち悪かったヨ・・・・・・・・・。

後でルームメイトにその話をしたら、
「アメリカのことやアメリカ人のことを、
もっとよくわかってないと笑えないだろうね」
と言われました。
たしかに日本のお笑い番組では笑える。そういうことか。

映画館に映画を見に行くと、
よかった作品は終わったときに、どこからともなく拍手がわきおこるんですが、
これは盛り上がってた割に、それがなかった。

たしかに盛り上がってはいたけど、「名作」では絶対に、ない。
審美眼というか、そういう評価の基準はしっかりしてるんだなあと思いました。
[PR]
by naokochin1 | 2006-07-24 14:06 | Books & Movies
The Fast and the Furious 3 Tokyo Drift
先週くらいの話ですが、映画を観に行ってきました。
e0055091_1435264.jpg今回観たのはThe Fast and the Furious 3 Tokyo Drift
邦題はワイルドスピード。
全然違うじゃーん。ググって出てこないわけだ。
日本は06年秋、公開予定です。→公式HP

「復習しなくちゃ」
というルームメイトに付き合って、
映画館に行く前日に、1を観ました。が、2は観てません。
個人的には3より1のほうが好きです。出演者とかもね。

東京が主な舞台ということで、
予告編で派手に出てる妻夫木ですが、
ネタバラすようで気が引けますが、あのシーンだけです、ちなみに。
日本語のシーンで、英語字幕がない部分なんかは、
わたしだけ楽しませてもらいました。わっはっは。優越感~。
e0055091_1442567.jpg

e0055091_1444412.jpg

ところで、この作品、日本人の目から見ると、
微妙な矛盾点があちこちにありました。

わたしがすーごく気になったのはこの4つ。 
① どこからこんなギャルっぽい子たちばかり見つけてきたんだろう?
② 日本では拳銃の所持すら違法。
③ 渋谷のスクランブル交差点の人ごみは、
   ちょっとクラクションを鳴らしたくらいじゃ、どけてくれない。
④ 普通、山の中では、携帯は電波がなくて使えない。

ラストの終わり方とかは、絶対に1のほうがよかった!!
シリーズものは、たいてい最初の出来のほうがいいんですよね・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-07-01 01:39 | Books & Movies
THE DA VINCI CODE
サクラメントに行ってきました。
電車とバスを乗り継いで、マトモ(?)にサクラメントへ行ったのは今回が初めてです。

サクラメントのダウンタウンまでは遠いんですが、
今回行ったのは、Arden Mallというところ。ショッピングモールです。
ダウンタウンへ行くよりは近いです。
バスと電車を乗り継いでも1時間かかりませんでした。

そこで映画を観てきました。
今回見たのは「ダヴィンチコード」です。(公式HPはこちら

ストーリーはわたし好みの推理小説系。
記号とか象形文字みたいなのを研究している主人公(=トム・ハンクス)が、
セミナーというか学会みたいなところで、話をしている最中に殺人事件が起こって、
暗号と、主人公の名前が死体の横にある・・・・・・
と、いうところからストーリーが始まります。
e0055091_3463269.jpg

途中、おともだちと、
「○○って誰?」
とか、
「今あの人なんていった?」
とか、確認しながら観ました。
これは謎解きモノなので、ちゃんと理解しながら観ないとつまんないと思います。

e0055091_347034.jpgところで、1回でも間違えたら絶対に解除できない、
あのダイヤル式の宝箱、
ほしい!と思ってしまった。すごくかわいい。

e0055091_3471089.jpg学生のころ、
(今も学生ですが・・・・・・
もっと若いころのこと、中学校とか)

「フランス」
「ルーブル」
「ダ・ヴィンチ」

これらをキーワードにした歴史が
大好きでした。
左の写真はルーブル美術館。


フランスに行こうと思ってた、あの当時は。
現在の時点で、まだ行けてないけど。

それにしても、フランス人の英語、聞き取りにくかった!
フランス語なのに、なぜ字幕が出ないんだ?って最初思ったくらい。
日本人が話す、日本語英語はよくわかるんだけど・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-06-09 03:43 | Books & Movies
X-Men The Last Stand
映画X-Men: The Last Stand を観てきました。
日本は、9月公開予定らしいですよ。
e0055091_12365721.jpg

X-Menシリーズ、観たことがなかったので、どんなストーリーなのかまったく知らなかったんですが、前のを観てなくても意味がわかる内容です。
e0055091_12374028.jpg

e0055091_12391336.jpg

e0055091_1237188.jpg

e0055091_12372863.jpg

「内容も良かったけど、セリフも良かった!」
「言い回し、良かったよねー」
と終わったあとで、おともだちが言っていました。
ニュアンスのよさを語られても・・・・・・わたしには何が起こっているのかを追いかけるだけでイッパイイッパイだっつーの。
というわけで、ストーリーが気になる方は、公式HPをチェックしてください。

自己実現のためには戦うしかないのかなーって、
戦い系のお話を観たり読んだりするたびにいつも思います。

途中、というか最後のほうで、
サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジが出てきて、
しかもそれがどういうわけか壊れるんですけど、
どう見ても本物が壊れてるようにしか見えませんでした。
橋を渡るのがこわくなるじゃないかよぅ~・・・・・・。

それにそれに、
「愛してる」
って言いながら、アンナコトしちゃうなんて、わたしはショックですー。

あれで良かったのかもしれないけど、
でも、これでホントに終わり・・・・・・?という感じもしました。

ネタバレしないように書いているので、
書き方がちょっと消化不良的かもしれませんが、ご勘弁を。

英語でいいから字幕があれば、
理解度と集中力の持続具合が全然違うんでしょうけどねー。
前回はV for Vendettaという映画を観ましたが、
これこそ字幕がなくてつらかった。

エンディングのあと、会場のあちこちから拍手が。
みんな面白かったと思ったみたい。


映画とは関係ありませんが、わたしはこのあと具合が悪くなり、
おうちに強制送還。寝させられました。
ランチもなし。そんな気力も食欲もなかったけど、
みんなが遊んでるときにベッドの上ってのはねえ・・・・・泣。
[PR]
by naokochin1 | 2006-05-27 12:33 | Books & Movies