カテゴリ:School( 155 )
ライト兄弟が発明した飛行機のせいで・・・・・・
アメリカンヒストリーのTerm Paperを提出しました。
本当は、「日本から見た第二次世界大戦」というような内容で書きたかったのですが、うまくまとめられなかったのでやめました。原爆について特筆すると、どうしても一方的にアメリカを責めるスタイルのペーパーになってしまうし、そうじゃなく、日本の当時の危機管理レベルの低さなどに触れると、一貫性がなくなってしまう。そもそも、わたしが書いたら日本史のペーパーだなあ・・・と思って泣く泣くこれはボツにしました。

結局、「ライト兄弟の飛行機の発明と、戦争の巨大化の関係」というような内容で書きました。どっちにしろ戦争になっちゃった。先日Flyboysという映画を見たときに、ネタになるかも、と思ったそのとおりになりました。
というわけで、1903年にライト兄弟が動力飛行に成功して、第一次、第二次世界大戦、冷戦、キューバ危機と戦争に飛行機が密接にかかわったことと、民間旅客機の普及からアメリカ同時多発テロ事件までのこと、これらについてのペーパーになりました。
書いている最中に、飛行機の性能や名前についても調べなくちゃいけないことに初めて気がつき、いまさら止められないところにすでにいたので、やりましたよ、各国の戦闘機のリサーチ!これがもう、めんどくさかったのなんのって!

でも、やってて結構面白かったです。それは、こんなカンジ↓
オハイオ州デイトンで自転車やさんだったライト兄弟は、飛行機の開発のために、ノースカロライナ州キティホークに引っ越してきます。
1903年に動力飛行に成功するものの、研究よりも、お金儲けに興味があったらしく、特許の取得で、モメモメに。彼らが取得した特許は、飛行機が飛ぶために必要な基本的な部分のものだったため、無断で使う人たちとの裁判が絶えなかったそうです。飛行機は、見れば仕組みがわかってしまうものなので、ライト兄弟はテスト飛行をアメリカではなくヨーロッパで行うようになります。ヨーロッパは、特許制度がアメリカと違ったので、彼らの発明が特許として守られることはなく、ヨーロッパの航空技術のほうがアメリカよりも先に進歩してしまうのです。
第一次世界大戦当初に使われた飛行機にはまだ機関銃はついていなくて、どちらかというと、偵察機の役割が大きかったそうです。上空で敵機と遭遇してもハンカチ振り合って挨拶してすれ違うような、平和な任務だったとか。でも、偵察機を無事に相手の陣地に帰してしまうのは作戦遂行上マズイというわけで、レンガや手榴弾を投げて徐々に応戦するようになっていきます。第一次世界大戦の終わりには、飛行機は戦闘機として戦争のメインになっています。
第二次世界大戦では、ボーイングのような機体の大きな戦闘機が開発され、それが原爆をつんで日本上空にやってくるわけです。また、日本のゼロ戦は、軽量で高速な戦闘機として一瞬活躍しますが、すぐに他国に追いつき追い越されます。最終的には、最大積載量を相当にオーバーする爆弾を積んで、敵機につっこむ「カミカゼ特攻隊」になります。積載制限は60キロだったのに、最後には250キロの爆弾を積んでいたんだとか。
その後は、民間旅客機の発達とパレスチナ問題などの中東情勢、これらのカラミでアメリカ同時多発テロ事件が発生します。これはもう、みなさんご存知の通り。

中東の問題は、国と国が入り組んでいてすっごくややこしかったですが、ここはサラっと流したので、戦闘機のリサーチほどタイヘンではありませんでした。ただ、わたし自身が、人に説明できるほど理解したとは言いがたいので、ここに書くのは割愛します。ちなみにおともだちは、ブッシュさんではなく、ゴアさんが大統領になっていたら、湾岸戦争は起こらなかったのにね、と言っていました。

40近くにものぼるリサーチソース、日本語のソース約4つはプリントアウトして使ったところにハイライトして英訳をメモしました。それらを合わせたら、厚さが1センチほどのすごい量になりましたが、「やったぞアピール」はこれで完璧です。あとは先生が気に入っていい成績をつけてくれるのを待つだけです。頼むよー。

参考資料
飛行機の歴史
航空に関する年表
ライト兄弟
キティホーク
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-13 13:07 | School
人間って、いろんなことを思いつく
こんな話を聞きました。

それはとあるカップルの話。大学生の彼らは、クラスを一緒に取ったり、仲良く勉強したりしていたそうです。ところが、別れてしまいました。で、彼のほうが怒って、彼女のアカウント(※)に勝手に入って、全部のクラスをドロップしてしまったそうな。

※たいていの学生が持ってる学校のホームページの個人アカウントのことです。オンラインで授業の登録や成績のチェックができます。

・・・・・・すっごい、ナイスな彼氏―。ていうかこれは仕返しなの?信じられん、信じられんが、世の中にはそういう人もいるでしょう。だから自己防衛をするしかありません。

こんな話も聞きました。
これは噂なので本当かどうかはわかりません。でも、面白かったから書いちゃう。

わたしが取っているあるクラスの、テストだかノートだかが、オークションに出ていたらしいです。でも、たとえテスト範囲がわかったとしても、このクラスに関しては無意味です。丸暗記しなくちゃいけないので、結局覚えるのに時間がかかる。それでも、テストが入手できてればいい、と思いがちですが、そのテスト範囲はクラスに出席していればもれなく教えてもらえます。なんのヒネリもなくそのまま出るんだもん。数百ドル出して買うよりも、授業に出たほうが絶対にお得ですよ。

また、English 1Aのリサーチペーパーが1ページ9ドル~で売られている、という話も聞きました。前後のペーパーのクオリティと比較されて自分が書いたのじゃないって簡単にバレると思うんですけどね。しかも、それがAをもらえるペーパーなのかどうか、先生によって採点も違うでしょうし。・・・・・・そんなことはどうでもいいからラクしたいというなら、わたしにお金ちょうだいよやってあげるからって感じです。

日本人なら、もうすこしバレないようにこっそりやるかと思うんですが、明らかにすぐバレるところでやるあたりがアメリカ人。

とにかく、パスワードの管理は慎重にすることと、やるならバレないようにすること、これが一番ですね。・・・バレなきゃいいって問題でもないんですけど、せめて、まわりに迷惑がかからないようにしていただきたいので。
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-12 12:48 | School
エッセイで苦手なところ
今日のライティングのクラスは、「エッセイについての質問がある人は来てもよい」という完全オプショナルのクラスでした。
そのエッセイとはハムレットについてのエッセイのことです。今までの課題はRough Draft (下書き)を提出しなくてはいけなかったんですが、今回はRoughの提出は不要で、Final Draftだけを出せばいいのです。でも、Final Draftは配点も高く、ちょっと心配だったので、今日のクラスに行ってきました。

オプションと言うくらいだから、わたし一人くらいしか来てないかもな~と思いつつ、クラスに行ったんですが、ところがどっこい、半分以上は来てました。エクストラクレジットも期待できないこの土壇場の時期、1点でも多くもらっておきたいのはみんな同じだったみたい。ワカルワカルー。

文学関係のエッセイを書くときにわたしが困ることは、実は「時制」なんです。物語自体はすでに「書かれた」、過去のものだけれど、ストーリーは「いまだに生きている」とみなすので、話の内容にふれるときは、現在形(もしくは現在完了)を使うんですよ。でも全部が現在形ってわけじゃなく、話の流れで過去にあたるものは過去形になるし・・・・・・もう、こんがらがります。

それともうひとつ、
「あなたのESLエラーで多いのは、前置詞ね」
と言われました。言われてみればそうかも、と初めて思い当たりました。
on, with, in, at, for などの前置詞。たとえば、Depend on のonや、 Agree with のwithなどのことです。たしかに、わたしはDependなど直前の単語がわかっていたとしても、どういう前置詞が続くかわからなくて辞書を引く回数がすごく多いです。
「でもまあ、こんなのはねー、あなたが15年くらいアメリカに住んでりゃ自然になじんでくるものなのよねー」
と先生。15年って・・・・・・そんなにこの国にいないと思うんだけどなー。
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-11 12:46 | School
ハムレットの性格分析
ライティングのクラスのエッセイ、この時期に実はまだ完成していなくて、先日ウンウン言いながらやりました。
今回のトピックはハムレット。ビデオを見てアナライズする、というものです。

ハムレット、知っていたのは名前だけ、読んだり見たりしたことはありませんでした。だってなんか有名だし・・・・・とっつきにくいかなぁ~と思っていたので。実際、クラスメイト全員がそうでした。

あらすじ(goo映画解説より)
19世紀のデンマーク王国、急死した国王の亡霊から、王位を狙う弟クローディアスに毒殺されたことを聞かされた王子ハムレットは、愛人のクローディアスの忠臣の娘オフィーリアと別離し、復讐を誓う。悲しみにくれるオフィーリアは命を落とす。クローディアスは不審な行動をとるハムレットを英国に追放、その上で暗殺が指示する。しかし、オフィーリアの葬儀の最中、死んだと思われたハムレットが現れた。驚いたクローディアスはオフィーリアの兄レアティーズと決闘させる。ハムレットは毒の剣に傷つきながらもクローディアスを殺し、自らも息絶えた。

上記はだいぶいろんなものを省略したあらすじです。
もっと詳しいのはこちら(ネタバレどころかほとんど全部載ってます)

まず、何が問題って、英語が古いんですよ。わたしにとってはすでに英語以外の外国語と化してます。それと、登場人物がみんな同じ顔に見える・・・・・・。

それはともかく、ハムレットって、今でもいろんな解釈がある、答えがひとつじゃない物語らしいのです。
人間って本来、いい人、とか、面白い人、とか、そういうヒトコトで済むような簡単なつくりにはなっていないんだと思います。どんなにいい人でも、機嫌が悪くてイヤな人のときもあるし、ひとつの出来事を、あるときは許せても、あるときはものすごく許せなかったり、やさしかったり乱暴だったり、いろいろあるじゃないですか?
シェイクスピアの作中の登場人物は、誰を選んでも、本当の人間みたいにいくつもの面を持っているのです。だから、一貫性のあるエッセイを作りにくいんです。

いくつもアウトラインを作ってはボツにする、というのを繰り返しましたが、いい加減時間もないし、ほかの勉強もしなくちゃいけないから焦ってしまう。
それでもなんとかでかしました。

ハムレットと、新国王クローディアスを比較したアナライズ形式で書いてみました。比較するのは得意みたいです。販売員時代に、「商品のよさを伝えるためにわざとほかの商品を持ち出して比較説明する」というやりかたをよくやりましたが、あれが底辺で訳に立っているような気がします。
たとえば、ハムレットは人のために人殺しをするけれど、クローディアスは自分のためだし、ハムレットは復讐にいたるまでのプロセスを重視するけれど、クローディアスは結果重視だし、ハムレットは正々堂々としてるけれど、クローディアスはむちゃくちゃ卑怯だし・・・・・・解釈が正しいかどうかはわかんないけれど、たぶん、エッセイにはなってると思います。結構ムリヤリまとめたような箇所は、ご愛嬌と言うことで。←一体誰になんでしょうか・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-09 12:01 | School
先生も忙しい
12月の半ばで秋のセメスターは終わりますが、わたしはその半月の間に4本のペーパーがあります。そのほかにテストが4つ・・・・・・殺す気だとしか思えん。
なーんて言ってますけど、計画的にやってきたので、ペーパーはあと1本を残すのみ。ま、なんとかなるでしょう。

ライティングのクラスで、ファイナルのインクラスエッセイ(授業中に書くペーパーのこと)について質問をしたクラスメイトがいました。
「来週の水曜日がインクラスエッセイですよね?」
「う~ん、やらないと思うのよねえ。書いてもらっても読む時間ないし・・・やりたい?」
と言う先生のセリフに、
「ノーーーーーーーーーー」
というみんなの返事がハモりました。

経済学のクラスでは先生が、
「次回、Unanounced Quiz(告知なしの小テスト)をします」
ってアナウンスしてました・・・・・・。

経済学はともかく、ライティングのクラスのインクラスエッセイがなくなったのはホントによかった!!インクラスで書くのは苦手だし、時間足りないし、なんといっても緊張するんですよぉ~。

というわけで、ちょっとラッキーだったのでした。
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-04 15:23 | School
Final Season
今週の水曜日にアメリカンヒストリーのファイナルエッセイのトピックが出題されたので、わたしは早々とファイナルシーズンに突入です。ヒストリーのクラスはもうありません。提出しに行くだけです。

今回のトピック、ちょっとむずかしくって、アウトラインを作るのにすごく時間がかかりました。授業をきちんと聞いていたつもりでも、ノートを取り損ねていたり、英語を聞き取れずに進んだ箇所が、やっぱり少しはあるのです。でもしょうがないもんね。
丸2日は読みとアウトライン作りでウンウン言ってました。木曜日金曜日と8時間ずつ学校で勉強して(今日は土曜日)、それから書き始めたので、今はもうすでに書いています・・・・・・2300ワード目くらいですかね。もう疲れたので休憩でーす。

前回のエッセイよりは進捗は早いですが、内容が自分的にピンとこないので、完成にはまだまだ時間がかかりそうです。

ちなみにトピックはこういう感じです。
「20世紀を楽観主義として特徴付けられる基本的な要素について議論しなさい」
「裕福な社会を形成する代表的な特徴について議論しなさい」
(ぎこちない和訳ですいませんね)
わたしは下のほうを選びました。

わたしにとっては、日本語でも書けるかどうか・・・・・・というトピックです。
みなさんだったらちょいちょいって書けちゃいますか、もしかして??
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-02 13:04 | School
提出し忘れないようにね
アメリカンヒストリーのクラスの、自由主題のペーパーをサンクスギビング中ずっとやっていて、しかもまだ終わっていないんですが、書いている最中に、ふと気になることが出てきて、クラスで先生に聞いてみました。(今日はキャンセルじゃなかったゾ)

「ものすっごいリサーチソースがたくさんあるんですが、そのなかの日本語のウェブサイトもウィキペディア(日本語版と英語版)も、資料としてみなしてもらえますか?」
って。軽くOKでした。
「いいよ。でもエッセイ自体が日本語だと困っちゃうな。そしたら僕の友人にお願いして訳してもらわなくちゃいけないんだけど・・・・・・」
「・・・・・・笑。エッセイは英語で書いてます。ホラ」
と、たまたまプリントアウトして持っていた、途中まで出来ている分をぺらぺらと片手で振りました。

まあ、全部プリントアウトして、サイト名と冒頭をすこし英訳してペーパーに添付するつもりですけどね。聞いてみてよかった。

帰り際にロシア人のクラスメイトに呼び止められて、
「ねえ、あなたがさっき先生と話してたTerm Paperって、次のExamのことだよね?」
と聞かれました。

ヤヤコシイんですが、このヒストリーのクラスはExamが3つと、Term Paperと CA Politics & Government、全部で5つペーパーがあるのです。(先生がキャンセルしまくって、Examはひとつなくなったんだけど)

「ちがうちがう。Term PaperはTerm Paperだよ。Examとは違う課題」
「トピック、もう出題されてたっけ?」
「イヤイヤTerm Paperのトピックは自分で決めていいんだよ」
「何を書けばいいの?」
「なんでも。自分の興味があることなら。車の発明に興味があるなら、それについて、インターネットを使ってリサーチしたり、図書館の本で調べたりして書けばいいんだよ」
「へー。それっていつが締め切り?」
「最後の日。12月13日だよ。たしかシラバスに書いてあったと思ったけど」
とシラバスを見せてあげたら、
「ねえ、これ次のクラスまでにコピーしてきて、わたしにくれない?」
「・・・・・・・・・なんで?」
コピーさせて欲しいから貸して、といわないところが日本人と違う。しかも明らかに悪気ゼロだし。こういうところでピクッと引っかかってる自分がおかしいのかしら。
「・・・・・・先生のウェブサイトからダウンロードできるから、そこからプリントアウトしたら?このURLメモしていってさ」

このクラスは、課題を提出しないだけで、“One full letter grade”下がるんです。つまり、Cの位置にいる人は未提出なだけで自動的にDになる。こわいこわーい。

なにはともあれ、この時期までTerm Paperの存在すら知らなかったある意味勇気のある彼女から、わたしはやたら感謝されました。
[PR]
by naokochin1 | 2006-11-27 13:54 | School
経済学を勉強する理由とは?
先日、経済学のクラスで試験がありました。
「ここ、出しますからねー」
と言って、先生が黒板に書き始めたことを、みんな必死で書き写していきました。経済学の教室の黒板は、前面が上下にスライドするし、四方の壁すべてが黒板になっているので、スペースがわりとあるのですが、それが5枚目に突入したところで、みんなのため息がハモりました。
「ジーーーザース」
後ろのほうでこうつぶやく男の子も。
ちなみに、同じ先生で違う時間を取っているおともだちのクラスでは、クラスメイトが、
「僕は先生を本当に、ウソじゃなく本当に尊敬していますけどね、なんでこんなの覚えなくちゃいけないんですか?なんか意味あるんですかこれ覚えて」
と先生に聞いたらしいです。
こういう人間ドラマ系のことって、起こると楽しいじゃないですか?おともだちもわくわくしながら状況を見守っていたそうです。
先生は、
「じゃあ、君はなぜ経済学のクラスを取ってるの?」
そう切り返したそうで、質問した人は何も言い返せなかったとのこと。まわりは先生の機転に感心しきり。

この先生のテスト、出るといったらホントに全部、そっくりそのまま出るのです。
丸暗記で済むので、わたしは書かれてある意味を一切覚えず、英文を頭に叩き込んでいるだけなので、ラクといえばラクですが、今回はさすがにちょっと多かった・・・・・・。

ちなみにその試験はもう手元に返ってきたのですが、クラスで0点だった人がいたらしいです。たぶん名前の書き忘れか何かだと思うのですが、この時期にその点数はキッツイですねー(もうドロップができないから直に成績に響いてしまう)。ちなみに満点はいなかったそうな。だって、○×問題があるんだもの。経済学の○×問題なんて全問正解できるわけないじゃん!ちなみに先生が今まで教えてきた中で、満点を取った人はたったひとりしかいないんですって。とにかくそれだけ難しいらしいです。わたしは前述のような、テキトウな勉強をしているので、ここに関しては勘がすべてなのです。
[PR]
by naokochin1 | 2006-11-22 09:29 | School
平均は86点
先日の会計のクラスの試験が返ってきました。
今回のテストの平均点は86点。これは、めちゃめちゃ高いです!
先生も、
「こんな平均点は今まで教えてきた中で初めてだ」
と言っていました。

先生は続けてこうも言いました。
「DropやWithdrawをいまだに考えている人は、僕のオフィスアワーに来てください。話をしましょう。もう両方ともの締め切りがすぎているから、いまからクラスに来ることをやめても、DかFがついてしまいます。エクストラクレジットや、ほかの宿題などでポイントをつけてあげられる部分もあると思うから、ドロップを迷っている人は僕に会いに来てください」

コレを聞いて思ったんです。誰かひとり(もしくはふたり)が成績の危ない位置にいて、ほかの学生さんはおそらくほとんどAを取っているんでしょう。そうでなければ、考えられないような平均点です。それに、そういう成績の人がいるから、先生はわざわざそんな風に話をしてくれたんでしょうし。自分だったらと思うと、いたたまれないですねー。

ちなみにわたしは、少なくとも100点は取るつもりだっただけに、自分の結果には不満です。先日書いた、5ポイントのエクストラクレジットだったWorldComの記述は、10行以上しっかり書いたのに、いっっってんも!くれなかった!!ちきしょう。やっぱり想像で書いたのがいけなかったんだろうか。「もっと具体的に」というコメントがついてただけでした・・・・・・。

あと残る試験はファイナルのみ。クラスによっては、学期のアタマから習ってきたことを、すべてカバーするテストになることもあるようですが、わたしの取っているクラスは今回習う箇所だけです。解剖学をとっているおともだちは、
「全部出る、死ぬ」
と言っていました。う~ん、死ぬでしょうね、クラスも覚えることが多そうな、難しそうなクラスですし。でもまあ、最後のテストはほかのクラスとも重なるので、誰もが死ぬ思いをするのは間違いないんですけどね。わたしも勉強しようっと。
[PR]
by naokochin1 | 2006-11-18 13:32 | School
GPAとは?
留学専門のウェブサイトや各大学の出願要綱のページ、それにわたしの記事の中にも、よく出てくるGPAですが、今回はこれについて語りたいと思います。

GPAとはGrade Point Averageの略で、成績の平均値のことを言います。
日本では1~5段階評価で成績をあらわすことが多いですが、アメリカではABCDFを使います。理由はわかりませんがEはありません。
A=100~90%
B=89~80%
C=79~70%
D=69~60%
F=59%以下

よく聞くGPA2.0・・・という数字についてですが、これはこのように計算をします。
まず、A~Dの成績は下記の数字に置き換えられます。
A=4.0
B=3.0
C=2.0
D=1.0

なのでたとえば、ジョンスミスさんが、英語(3単位)と数学(4単位)、生物(5単位)を1学期の間に取って、それぞれ、英語の成績はA、数学はB、生物はCだったとします。
英語(3単位)はAだったのですから、4.0という数字に置き換えることができます。
4.0×3(単位数)=12.0

同様に、ほかの教科も計算すると・・・
数学(4単位)=B(3.0)=4×3.0=12.0
生物(5単位)=C(2.0)=5×2.0=10.0

計算したすべてを合計して、それを合計単位数で割ります。
合計単位数は3単位+4単位+5単位なので、12になります。
(12.0+12.0+10.0)÷12
=34/12
=2.83

ジョンスミスさんのGPAは2.83になります。

D以下の成績だった場合、「クラスを修了した」ことにならないため、もう一度同じクラスを取り直さなくてはいけません。卒業も編入もC以上の成績で終わることを要求されます。それに単位数にもよりますが、留学生は1クラスを取るのにだいたい5~6万円の授業料を払います。取り直すのはお金も時間ももったいないじゃありませんか?

お金や時間の心配だけでなく、留学生はGPA2.0を切ると学生ビザを取り上げられてしまいます。そうするとアメリカに滞在できなくなるので、自分に国に帰らなければいけなくなります。

ちなみにこれはうわさなので、信憑性は低いのですが、
「Dを取って、同じクラスを再度取ったとき、Dと言う結果は残る」
「Fを取って、同じクラスを再度取ったとき、Fは新しい成績に上書きされて消える」
という話があります。
だからDだったら、
「成績をFに付け替えてください」
と先生にお願いする学生さんもいる、らしいです。わたしは経験したことがないし、する予定もないので、これが真実なのか確かめるすべはありません。もしかしたらFは消えないかもしれない。このような成績を取りそうだと心配な方は、成績が確定する前に、留学生オフィスで確認したほうがいいと思います。まだ勉強できる時間は残されているんですから。

余談ですが、日本で言ういわゆる「オール5」のことを、アメリカでは「ストレートA」と言います。同じ成績の心配をするなら、FやDでの心配ではなく、「ストレートAかそうじゃないかの瀬戸際でがんばっている」くらいの気概が欲しいものです。

この記事に補足をします。(2006年11月18日)
成績のA~Dまでは数字に置き換えましたが、ほかに、FとWというのもあります。
Fは上で触れたとおり、D以下の成績のことです。F=0として計算します。
WとはWithdrawの略で「決められた期限までにクラスを取るのをやめる手続きをすること」で、この場合は、そのクラス自体を「初めから取らなかった」ことになります。この場合、授業料は返金されませんが、GPAは下がらずに済みます。

Fを取りそうだった場合、Withdraw (=W)することができますが、それによって、12単位以下になる場合は、Withdrawできません。なぜなら、留学生は12単位以上を必ず取ることを条件に学生ビザを与えられていますので、それ以下になることは、学生ビザのステイタスを失うのと同じになるのです。前述のジョンスミスさんは、英語(3単位)と数学(4単位)、生物(5単位)で、合計12単位ですから、どれを落とすこともできません。彼が、GPA2.0を切ってしまった場合、アメリカに滞在することもできなくなります。

前門の虎、後門の狼ってこういうことを言うんでしょうね~。

[PR]
by naokochin1 | 2006-11-17 16:03 | School