カテゴリ:Japan Summer 2007( 34 )
超・就職難な第二新卒
先日、一緒に働いた人の中に、「第二新卒」の人がいました。

第二新卒、言葉で聞く以上に、就職条件は厳しいそうです、その人に教えてもらいました。第二新卒の人たちは、新卒入社の人たちが受けられる新人研修を受けることができないんだそうです。第二新卒とは、新卒で就職してたにもかかわらずすぐにやめた人や、就職浪人(いわゆるフリーターやニート)を総称する言葉だと私は認識しています。

彼らの多くは、ビジネスマナーを身に着けておらず、また履歴書に書けるような最低限の期間の経験もない。←彼女から聞いた話なので彼女自身の主観が入っているかもしれませんが、これはかなり真実だと思います。とてもとても仕事がないんだそうです。そうでしょうね。ないでしょうね。なので、ビジネスマナーやパソコンスキルなどは自力で勉強しなくちゃいけないんだそうです。新卒で就職できないのだとしたら、中途採用扱いとなります。ビジネスマナーやパソコンスキルなどのいわゆる一般常識は自力で勉強して身につけておかなければ、就職することすら厳しい現状でしょうね、ほかの経験豊富な中途採用者と比べられるわけですから。この話を教えてくれたその女の子は、秘書検定の勉強を少しの休憩時間すら惜しんでやっていました。大学を卒業する前にきちんと内定をもらっておけばよかった、後悔しているとも言っていました。


外国に留学する事が日本では人気なようですが、社会人経験のない人が、2年で卒業できるコミュニティカレッジ(アメリカの例です)へ行って、そこを卒業できたとしても、日本の短大よりも格下に見られるだろうと私は思います。4年制大学を卒業したのであれば、それは日本の4大卒と並べて比べる事ができると思いますが、2年制のコミュニティカレッジを卒業したくらいでは、英語も中途半端、ビジネススキルもなく、日本語の敬語も話せず漢字も書けず、日本で就職する上でのビジネスマナーもない、そういう新しい第二新卒をうみだす温床になっているような気がしてなりません。
多くの留学経験者は、日本にずっといた人に比べたら、すらすらと英語を話すことは、そりゃあできるでしょう。ですが果たしてそれがビジネスで通用する英語なのかどうか?はなはだ疑問です。

「英語が話せるようになりたい」
みんなそうあこがれます。そう、わたしもそうでしたから、そう思う気持ちはとてもよくわかります。けれども、短期間の語学留学、2年程度の短大卒以下の学歴を外国で手にして、それは本当に将来の役に立つのかどうか、ぜひ考えていただきたいのです。特に現役学生の方。もちろん、行動することはすばらしいことだと思います。若くして親元を離れ、言葉や文化の違う外国に滞在すると決めることは、とても勇気のいることですし、またその決断と経験はご自身の視野を広げる大きな手助けになると思います。そのせっかくの決断を、「ああもったいない周り道をした」と後悔することにないように、将来設計についてもう一度よく考えてみてください。

「英語圏に行けば、自然に英語ができるようになる」
なんてそれは幻想にすぎません。私が2年、アメリカに住んで思ったこと、それは「留学するなら4年制大学以上の学歴を!!」です。アメリカは日本以上の学歴社会ですから、日本で就職できないならアメリカでもできません。そして、日本の大卒レベルはやはりアメリカでも「4年制大学卒(以上)」になるのです。

経済的な事情もあるかと思いますが、留学をキャリアにしたいと考えていらっしゃる方は、ぜひ、この記事を覚えておいていただきたいです。特に、現役の学生の方々。今しかないその若い時間と、親の援助を受けて勉強できるその幸せを、無駄にしないでください。

・・・・・・って、語っちゃいましたけど、わたしのブログをみてくださってる方は、私がどれだけ苦労しつつ、歯がゆい思いをしつつアメリカにいるということはわかっていただけていると思うので、かなりいまさらな感じですよね。あはは。

何が言いたかったのかと言うと、第二新卒など、経験の浅い人は、自分に自信がないんだなあと思ったのです。自信の裏づけは経験しかないと思うので、勉強、あるいは、いろいろな経験をして場数をこなしていったらいいんじゃないかなと、私は思います。失敗したって、若いんだもの。大丈夫ですよ。私だって昔は・・・・・・って今も若いので、ノリノリで行きますけどね。おっほっほー。
[PR]
by naokochin1 | 2007-06-10 23:31 | Japan Summer 2007
ありがとうとごめんなさいが言えない人たち
日本に戻ってきてからのブログのアクセス数が、なぜかアメリカにいた頃の倍近いんですが・・・・・・ブログのタイトルと無関係なことでアクセス件数が伸びてると言うことは、ブログの方向性を変えろって言うことなんでしょうか??・・・・・・まあ、アメリカにいる間は、メインが勉強ネタなので一部の人にしか楽しめない内容だったんですけれども。(アクセス解析見ながら、それでも減らしてきたつもりなんですが)

さて、わたくし、某非民間企業で働いた事がありますが、働いてビックリしたこと、それは働く人たちがお客様に「ありがとうございます」と「申し訳ございません」を言わないこと。そこで働く彼らがトクベツ嫌な人たち、と言うわけでは決してなく(それどころか、職場環境という面では最高だった、楽だったし)、長い間で培われた企業体質がそうさせるんだなあと実感しました。「しないことが当たり前」なんですよ。それがたとえ、サービス業のアルバイトの高校生に初日に教えることだとしても。これを変えていくのはとてもとても難しいことだと思います。税金、使われてますけどね、半端じゃなく。

と考えていたとき、ちょうどいいタイミングでみたのが「県庁の星」でした。主演の織田裕二、カッコイイっすねー!!・・・・・・ま、それはともかくとして、あれは映画かもしれないけれど、理解できる部分はたくさんあるなあと思ったのでした。

でも、申し訳ないけれども、変わらないんだろうなあって思います。
[PR]
by naokochin1 | 2007-06-09 23:39 | Japan Summer 2007
Shimizu
e0055091_22554339.jpg

美郷町、昔の六郷町へ、清水を見に行って来ました。ここは湧き水で有名な町なんだそうです。
清水はいたるところにあって、しかもその水は冷たいったら!
武家屋敷のある角館に似ているけれど、ちょっと違う、そんな感じの町・・・・・・かなあ??

More?
[PR]
by naokochin1 | 2007-06-06 22:50 | Japan Summer 2007
Role of Ambulance
日本では、救急隊員は、軽症の人を断る事ができる、そういうふうに最近かわったそうです。
でも、弟いわく、
「軽症かどうかの判断を、医者じゃない自分たちがしなければいけない」
だそうで、もし重症だった場合、誰が責任を負うんだと怒ってました。

More?
[PR]
by naokochin1 | 2007-06-05 21:12 | Japan Summer 2007
Gas Price
ガソリンの値段がものすごく高くなっています。
先月は主に135円で動いていたレギュラーガソリンの値段ですが、6月1日からさらに値上がりしました。

わたしが車を所持していた約10年前はレギュラーガソリンは90円程度だったと記憶しています。ま、わたしの車は日産のテラノという車でディーゼル車だったので、軽油をいれてたんですけどね。たしかそれは安いと69円くらいだったような・・・。

ニュースでリッター140円になると言っていたので、ドルに直したらいくらになるのか、計算してみました。ちなみにアメリカは5月末で1ガロン$3.15だったそうです。
1ガロンは、3.785リットル
1リットルは、0.264ガロン です。ああ、書いてて混乱してきた。

1L:140yen=3.785L:x
x=529.9yen

$1=120yen
529.9yen=$4.415
となります。日本のレギュラーガソリンは1ガロン$4.42 たっかいなぁ~。←合ってますよね・・・?

じゃあ、アメリカはどうなんでしょうね。逆の計算もしてみましょうか。
1リットルは、0.264ガロンなのだから・・・

1gallon:$3.15=0.264gallon:x
x=0.8316dollars
アメリカのガソリンは1リットル83セント、ということになりますね。
83セント、約99円です。

アメリカでも、やっぱりガソリンは高い高いと言われていますが、日本のほうがむちゃくちゃ高いんですね。日本のガソリンの輸入シェアの高さのせいなのか、日米の物価の違いのせいなのか・・・・・・。

More?
[PR]
by naokochin1 | 2007-06-03 20:34 | Japan Summer 2007
たまごの樹
e0055091_1061336.jpg

秋田市河辺の手前に、たまごの樹という卵専門店があります。住宅地に突然、こんな建物がどっかりとあるので、とても目を引きます。
e0055091_107335.jpg

e0055091_1081175.jpg

卵がたくさん

卵そのものはもちろんですが、卵料理もあります。出し巻き卵とか、いろいろ。
あとはスイーツ。カウンターで売られているプリンとシュークリームも人気みたいです。あ、出し巻き卵などのお惣菜系は真空パックになってます。

店内で飲食できるスペースもあります。飲み物は、夏の間は麦茶を置いておくそうです。ちなみに麦茶は無料。有料の飲み物はおいてありません。

More?
[PR]
by naokochin1 | 2007-06-02 10:03 | Japan Summer 2007
Lake Tazawako etc.
e0055091_151434.jpg

先日、田沢湖方面に行ってきました。田沢湖は海沿いの秋田市から、内陸方面に車で1時間半くらいのところにあります。田沢湖は日本一、そして世界で5番目に深い湖。この日は、雪解け後のため、水が深かったです。いつもはこの辰子像の足元は、水が引いていて、人が降りてそばまで行けるようになっているのです。
e0055091_1532523.jpg

これは2年前の8月に撮った写真。夏で、雪解けもとっくにおわっているから、水が少ないんですね。
e0055091_1535867.jpg

田沢湖からさらに奥に行くと、玉川ダム、玉川温泉があります。この写真は玉川ダム。
玉川ダムは水の成分が強酸性で、生物が住めないんだとか。そして、その水が田沢湖に流れているため、田沢湖にも魚はいないそうです。見てわかりますか?水の色が青々とした緑っぽい色なんです。ここに生き物はいません。めったに対向車にも出会わない山奥の場所で、この水の色は不気味!
e0055091_1581533.jpg

これは玉川温泉の写真です。手前に流れているこの水、98度ですよ。触ったらヤケドします。煙は硫黄の蒸気です。硫黄臭がものすごい。箱根の千石原みたいなかんじですね。玉川温泉とは、すごく強い100%の天然温泉なんだそうです。大きな手術をした人や、大病を患った人が、湯治のためにやってくるそうです。たしかに年配の人ばかりで、たくさんの人が岩盤浴をしていました。岩盤浴って、地面に敷物をしいて、そこに寝っころがる入浴(?)方法です。地面を触ってみましたが、熱かったです。肌が直接触れ続けると、低温ヤケドをしてしまいそうな感じ。
e0055091_15154234.jpgちなみに、滞在については、経済的に厳しくなりがちな長期間の滞在費用を軽くするために、多くの人は、自炊棟でご飯を作って、車でしばらく寝泊りするんだそうです。おみやげやさんには野菜や、日用生活品が売られています。左の写真が自炊棟です。若者が温泉旅行に来る場所ではないかな。こちら方面にいらっしゃるのであれば、ここ玉川温泉ではなく、「新玉川温泉」が一般の観光客向け用なので、そちらほうがいいのではとのことでした。ちなみにここ、冬期間は大雪のため閉鎖されます。12月から4月くらいまでは雪のため、来れないそうです。

e0055091_1555278.jpg

そしてついでに山菜採りもしてきました。道端にわらびやタラの芽、たけのこが生えてます。この写真のたけのこは、細すぎるので食べるのには向きませんが、目を皿のようにして探せば、結構見つかります。わたしはわらびしかわかりませんが・・・。
わたしの大好物はタラの芽ですが、これはちょっと時期が遅くて、大きくなりすぎているものが多かったです。わらびとたけのこはこれからかな・・・。あと3日か5日ってところだそうです。

Do you want to read this in English?
[PR]
by naokochin1 | 2007-05-30 14:55 | Japan Summer 2007
秋田で働く
秋田でのんびりしているようで、動き回っています。

観光以外に、仕事と仕事探しもしているんですよ。秋田は本当に、仕事がありません。可能なら東京に出たいくらいですが、住むところに困るので、今回は秋田にいることに決めたのです。わたしの実家は秋田市内なので、秋田とはいえ、それなりに都会ですが、しょせん秋田、たかがしれています。本当は、英文事務や経理補助の仕事ができたらいいなと思っていたのですが、仕事そのものが、まずない。じゃあ、と一般事務や営業事務で探してみるものの、これは長期しかない。秋田県の最低時給は606円です。東京で働いていたわたしにとって、それは正直言って虐待みたいなもんです。なので、割のいい短期のお仕事にかたっぱしから応募しまくっていたのでした。

いくつかオファーをもらった中で、初めてやるオシゴトが結構ありました。マネキンやら試験監督やら、携帯販売、家庭教師、カスタマーサービスなんてのも。ま、給料優先で選んだお仕事ですが、短期のものなので仕事自体は難しくありません。ぶっちゃけ楽です。でも、人間関係を一から毎回やっていくのが億劫なんですよね。初日は気合を入れなくちゃなーと思いますし、それが1日だけの仕事だとしたら、テンションを上げていかないといけないわけで。

ちなみに、断り続けたお仕事で、山ほど電話がかかってきてたのは工場の勤務でした。
↑そう、まちがえて、技術系の派遣会社の登録会に行ってしまったんです。経験を記入する欄には
「クレーン」
「フォークリフト」
などと書いてあって、ものすごくわたしは場違いでした。ていうかそれも想定内?
e0055091_22263224.jpg

これはある日の朝食。左上のタッパはイチジクの甘煮です。

[PR]
by naokochin1 | 2007-05-29 22:24 | Japan Summer 2007
About Akita
e0055091_181993.jpg

秋田の海沿いから北のほうへ車で行ってきました。
この写真は能代公園。つつじの季節なんだそうです。ちなみに能代には、バスケットボールで有名な能代工業があります。あと、昔は材木の街だったそうで、火事が多かったんだとか。

八峰町の、漁港そばのマーケットにも行ってきました。八峰町とは、昔の八森町と峰浜村が合併した町だそうです。ぶなの原生林で有名な白神山地の近くですよ。
e0055091_18193314.jpg

これはそこで食べたつみれ汁。かまぼこみたいな固い食感のねりものを想像していたのですが、お豆腐みたいにふわっふわなつみれ!!魚くさくないし、だしはあっさりでおいしいし!これで200円ですよ。感動でしょ?
この一角には網焼き場もあって、購入したものをすぐに食べられるようにもなっていました。港のすぐ隣で、その日の朝に獲れたものですから、そりゃあもう、新鮮ですよ~!

八峰町に行く途中の八百屋さんで、秋田の野菜を買ったので、夕ごはんはとっても豪勢。
e0055091_18363661.jpg

じゅんさい。おいしかった~!!

e0055091_1837113.jpg

ふきの煮物


e0055091_18365392.jpgこれはみずかやき。豚肉とたまねぎとで。本当はこんにゃくとさばの水煮缶も入れるらしい。うちになかったので、みずと豚肉とたまねぎのみですが、十分!十分おいしかったです。



in English?
[PR]
by naokochin1 | 2007-05-27 18:18 | Japan Summer 2007
My Brother's Accent
弟の話す秋田弁がときどき理解できません。断片だけ外国語を言っているように聞こえます。早口だから聞き取れないのか、なまっているからなのか・・・・・・。わたしの第一母国語は秋田弁なのに、わからないとは口惜しい。
しかし弟よ、若いくせにそこまで訛るとは、職場の環境ってものすごい影響力があるのね。彼の名誉(?)のために一応付け加えると、学生時代は訛っていませんでした。

初めて東京で働いたとき、絶対に出ていないと信じていた秋田弁、新潟弁ですが、忙しかったり、テンパったりすると出ていたようで、当時の上司(今は友人)に、
「方言ってひきずられる!しゃべってるとなんかラクだし、ひきずられてるってわかっても気持ちいい」
と言われました。

引きずられやすい言葉に、身近に接しているわたしは、かーなーり、危険です。

in English?
[PR]
by naokochin1 | 2007-05-24 21:10 | Japan Summer 2007