カテゴリ:Japan Jan. 2006( 10 )
四川料理
おともだちとご飯を食べに行きました。
実はお店の名前を覚えていなかったのですが、
「新宿アイランドタワーの地下の中華屋さん」とわかっていたので、
カンタンにググれました。

「正宗四川料理中国名菜陳麻婆豆腐」が、
お店の名前なんでしょうかねえ・・・・・・しっくりきませんが。

e0055091_17582938.jpg

まずは、ビール。
わたし、青島ビールは台湾のビールだと、ずっと思っていました。
アメリカのミラーライトみたいに薄くて、呑みやすいです。
e0055091_17553556.jpg

ふかひれはハズせないだろう、ということで。姿煮だゾ。
e0055091_17561495.jpg

さすが四川料理。
麻婆豆腐は辛い、というより、イタイ。おかげであったまりました。
e0055091_17562761.jpg

ポルチーニ茸の炒め物。
ポルチーニが中華に登場するなんて、意外でした。
e0055091_175639100.jpg

あわび。
・・・・・・どんな名前のお料理なのか、忘れてしまいました。
これは、四川らしからぬ、やさしい味でした。
e0055091_17564949.jpg

坦々麺。
これは取り分けた分ですが、実際の器もこのくらいの、ミニミニ麺です。
ここまで食べまくって、おなかがいっぱいだったにもかかわらず、
どうしても坦々麺で締めたかった。だから、少なくて助かった。

ちなみに、2件目は、ここ。
また、店名覚えていませんが、
笹塚駅前のスーパー「ライフ」の2階にあるお店です。
e0055091_1813155.jpg

ビールがたーくさんある、立ち呑み屋さん。

それにしても・・・・・・
こんなにたくさん写真を撮ったのに、ぜーんぶピントがはずれてるってどういうこと?
写真撮るの、まだまだ修行が必要ですわ・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-12 17:54 | Japan Jan. 2006
訪問
東京で通っていたピアノの教室に遊びに行ってきました。

遊びに行っただけなのに、
「さー弾いてみようか~」
なぜか弾くことになってしまいました。

きちんとピアノにさわったのが1ヶ月ぶりくらいですから、
指がまわらんまわらん。
弾けなくなるのは早いですねー。腹立つわー。

まわってない指でヒィヒィ言いながら弾いたんですが、
そんなことよりも、
「男の人みたいフォルテを鳴らそうと頑張ってない?」
とつっこまれてしまいました。
そんな気はまったくなかったのに、
悲愴と革命を弾いた男の子の影響かしら・・・・・・
先生いわく、
「ピアノが揺れるくらいにフォルテを出そうなんて、
女の子にはムリだから、音色で勝負するしかないよー」
だそうです。
わたしの渾身のフォルテと、先生の適当に弾いたフォルテを比べてさえ、
先生の勝ち、なんですもん。
あ、ちなみに先生は男の人です。

でも、バッハをやってると言ったら、それはイイコトだと言われました。
ただ、わたしのバッハはペダルつき、と聞いて、大爆笑してましたけど・・・・・・
フランス組曲の第5番は、わたしが聴いた第1~6番の中で、
一番かわいかったから選んだんですが、実は一番弾かれる曲らしい。
一般的なものにウケてしまったようで、
なんとなく釈然としない気持ちになっちゃったんですが・・・・・・

いつか弾こうと思って買いだめしてある楽譜が沢山あるので、
あれもこれも持っていると言うと、
「じゃあ、それもやろう」
ということになるんですよ。
日本の先生には、1回のレッスンで4~5曲見てもらえていたので、
アメリカで1回1曲というのに、どうも慣れませんでした。
ラクしてるみたいな気がして。

楽譜って、いつか弾こう、と買うときは思って買うのに、
まだ弾けずにあっためてあるものがほとんどです。
そして、それにもかかわらず、また買うから、増える一方。
化粧品を買うのに似てる。
それかあるいは、1サイズ小さい洋服を、ダイエットに成功することを見越して買うのにも似てる。

4年前くらいに買った、ショパンのポロネーズ集があるんですが、
わたし、コレを4年前に弾くつもりだったのかと思うと、笑えます。
少しだけですが譜読みした形跡も残ってるし・・・・・・
今だって、ムリなのに。(恥)

アメリカでピアノを弾いているんならコレもやっておいでということで、
出された宿題(?)はこれ。
ドビュッシーのベルガマスク組曲と、(←まだ終わらない・・・・・・)
バッハのフランス組曲の第5番、イタリア協奏曲、
あとはベートーヴェンの熱情。
こうして書くと4曲ですけど、楽章単位で数えると、
実質11曲もある!(フランス組曲は第5番の、3曲のみ抜粋なので)
「普通にレッスンしたら4時間はかかるねー」
って、軽く笑ってましたけど・・・・・・4時間は疲れるなー・・・・・・

ホントは、ラヴェルとかリストとかドビュッシーとかの、
タイトルに「水」がついている曲もやりたいなと思っていたんですが、
「水系には手を出さないほうがいいよ、
あれは音色を作るのがホントにむずかしいから!」
と言われてしまいました。
目の前にあるものを順番に片付けていくことにします。
でもきっと、楽譜だけ、先買いしちゃうんだろうな。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-10 14:19 | Japan Jan. 2006
長距離バスの旅
ゆうべの22時発の長距離バスで東京にむかったんですが、
下りの道路がなぜか大渋滞。
途中で横転している車を見かけました。
スピードの出しすぎなのか、なんなのか、
会社からの帰り道に電車が遅れたり、大渋滞だったりするのは、
カンベンしてほしいですよね。疲れているのに、お気の毒。

夏は20分の道のりが今は2時間半かかります。
朝なんてタイヘン、毎日遅刻するわけにいかないから、
出勤時間が早まる一方なんですって。

少しでも眠れたらいいなと思って、
夜ごはんのときに日本酒をマグカップで3杯飲んできましたが、
大して眠れず・・・・・・

昨日は雪ですべての交通機関が運休だったんですが、
今日は大丈夫でした。
高速道路は普通に通れて、定刻に新宿に到着しました。

秋田よりも東京の方が、体感温度がサムイ!!
秋田では車と家の少しの間しか外に出ないので、寒くてもあんまり関係ないんですが、東京は歩かなくちゃいけないですもんね。それに東京って、なまじ雪がない分、あったかいんだろうなと、脳が誤解してしまうのかも・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-07 12:23 | Japan Jan. 2006
くしゃみ
弟がくしゃみを連発していた横で、テレビを見ていたら、
風邪をひいてしまいました。
10分後くらいにはわたしもくしゃみ連発。速攻でうつされた、ちくしょう。

くしゃみといえば、
わたしはアメリカでくしゃみをするのがちょっとイヤ。
“Bless you.”
と言われるのがこっぱずかしいから。

わたしのくしゃみは1回につき1回でなく、5~6回くらい連発なんです。
だから、終わるまで待ち構えられているようで、くしゃみしづらいんですよ。

日本ではそんな心配をする必要がないので、思う存分くしゃみできます。
けど、まわりのひとがくしゃみをしているのに、
誰も何も言わないのが気になるようになってしまいました・・・・・・

寮のときのルームメイトは、わたしがくしゃみ連発するときも、
まとめて1回じゃなくて、しっかり回数分 “Bless you.” を言ってくれました。
お礼も回数分言わなくちゃいけないのかな?
まとめて1回しか言ってないけど。

これを言い出すようになった由来は、宗教がらみだったと思うんですが、
なんで一般的になっているのかしらね。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-06 12:20 | Japan Jan. 2006
昨日以上の大雪です。
スゴイ雪だと思っていたら、今日はもっとすごかったです。

ゆうべ川反に呑みに行っていた弟は、タクシーで帰ってきたのだけれど、
家の前で、そのタクシーが雪にはまって、
雪の中、酔っ払いながら、車を押す手伝いをしたんですって。

大雪警報も出ていたし、
ゆうべからその兆候はあったんですが、
イヤもう、スゴイのなんのって。

今日の朝刊が来たのは、お昼過ぎだったし。

新幹線も在来線も、電車はすべて運休で、
高速道路も一部封鎖されて、通れないし、
唯一生きている公共の交通手段であるバスは、通常の1割の運転。
長距離バスは、増発したそうです。
さすがにね、そうじゃなきゃ困りますよね。

でも、運休の理由が、
「除雪が間に合わないから」
だなんて、なんか除雪屋さんの職務怠慢な気もします。

ちなみに、バスの本数が少ないっていうのは、
バス会社の社員さんが、定時に出勤できていないせい、らしい。
除雪車が来ないから、家から出れないんですって。
そして除雪車が来ないから、乗用車がすれ違うのすら困難な雪道を、
バスが通ることは難しいし、迷惑だから、という理由もあるらしい。
笑い事じゃないんだけど、ここまですごいと逆にオモシロイ。
昭和48年以来の大雪ですって。33年前か・・・・・・ふむ。

わたし明日、東京に行くんですけれど、
大丈夫かなあ・・・・・・

値段に惹かれてバスにしたけれど、
ここに来てバスを選んで正解って感じです。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-05 17:34 | Japan Jan. 2006
さむっ
雪道の運転って、コワイんですよ。
e0055091_1710353.jpg

普通にブレーキをかけるとすべるので、とお~くから、そーっとエンジンブレーキ。
見通しが悪いので、前の車にも気をつけないと、オカマほっちゃいます。
わたしが免許を取った時は、ちょうどこんな時期で、路上に出ても大渋滞で、
教習所を出たと思ったらすぐ帰る、みたいな講習でした。
冬道の運転は、できるけれど、イヤです、怖いから。
この写真、写りが悪い部分は全部、吹雪のせいです。わたしの撮りかたがヘタなせいでは決してないんですよ・・・・・・
e0055091_171134.jpg

お買い物をするちょっとの間の駐車でも、みんなこうやって、ワイパーを上げておきます。
そうしないと、凍って役に立たなくなるから。
ワイパーがガリガリになって、拭きムラができちゃいます。
e0055091_17112442.jpg

雪かきをしないと、車庫に車を入れるのもタイヘン。
雪が降るといろいろめんどうな事が増えるので、
母はマジギレです。
「田舎移住」で雪国に来る人がいますが、母には理解できないみたいです。
多いときは1日2回、雪かきしなくちゃですもんねえ・・・
e0055091_1712729.jpg

近所のお宅でつららを発見。
こんなに成長したつららを見るのは珍しいです。
危険だから、普通はすぐに破壊するんですけどね。
↑頭に降ってきたら、死にますよ。ホントに。
軒下は歩いちゃいけないんです。
e0055091_17114882.jpg

ちなみに、今日の物干し竿はこんな感じ。
先日と比べて、どうでしょう?
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-04 17:27 | Japan Jan. 2006
はじめてのおつかい賛否両論
テレビで「はじめてのおつかい」という番組を観ました。

日本のメディアには、困ったときは子供と動物という不文律があるらしいですから、
お正月にこの番組をやるのもなんとなくわかります。

「かわいいねえ~」
なんて言いながら観てたんですが、父がひとこと。
「これって、アメリカでボロクソに言われてる番組だよね?」
と。

つまり、子供をひとりでおつかいに行かせるのはけしからん、
児童虐待だ、という考え方なんですって。

アメリカで本当にそんなふうに言われているかどうかは知りませんが、
たしかにアメリカでは絶対に実現しない番組でしょうね。
13歳まではひとりでお留守番させるのもダメだと聞きますし、
おともだちは高校を卒業するまで送り迎えをしてもらっていたそうですし。
まあ、高校生であれば免許を取って、自分で運転することも出来ますが、
それより小さな子供は、どうしようもないですもんね。

テレビ番組だから撮影スタッフがたくさんいて安全ですが、
今の日本でもあぶないですよね。

わたしの小さい頃は、
ひとりでおつかいはもちろんのこと、
泥だらけになって遊んだり、公園の遊具で怪我したり、
廃材で秘密基地を作って隠れ住んだり、
まるで男の子みたいに遊んだものなんですけどねー。

もう子供を公園でひとりで遊ばせるなんて、できない時代なんですねー。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-03 10:39 | Japan Jan. 2006
おせち料理?
うちのお正月は、これらを3日くらいかけて、食べつくします。
日本版サンクスギビングですね。
e0055091_8182552.jpg

どこかの仕出屋さんから買ってきたらしい。
黒豆には金粉がのっかっているし、
干し柿のてんぷらなんて、かわりものもあるし、
なんか、スゴかったです。
揚げ物が比較的少なかったのがGOOD!←年取ったなあ・・・
e0055091_8184517.jpg

かまぼこと、酢だこと、白髪ねぎと、かずのこ。
酢だこが大好きで、ずーっと食べてました。
e0055091_8185943.jpg

昆布巻きと、お豆と、きんとんと、チキンの野菜巻き。
このお重はひとりじめしてました。
比較的全部スキだったので・・・
e0055091_819139.jpg

お寿司。
日頃は、贅沢メニューの部類に入るお寿司も、
こうしてたくさん食べるものが並ぶと、かすんで見えちゃいますね。

父が、
「ワインがあるよ!」
というので、開けようかなと思ったのですが、
よくよく聞くと白ではなく、赤だというのです。
こんな魚ばっかりのときに、赤ワインなんて飲めるわけないじゃん!

というわけで、日本酒をぬる燗で一緒にいただきました。

日本にいる間は日本酒率が高そうです。
だってアメリカで飲めないから。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-02 23:44 | Japan Jan. 2006
おうちのピアノ
わたしのピアノはデジタルピアノです。
何年か前のボーナスで買いました。

約4ヶ月間、ホントのピアノを弾いていたので、
今日、久しぶりにおうちで練習をしてみたら、
デジタルピアノがおもちゃみたいなのです。

軽い、というか、それだけじゃなくて、
軽くて滑っちゃう感じ?
フォルテとピアノの区別が付けにくいというか・・・
あと、ペダルの感覚がヘンです。ONかOFFしかなくて、途中がないみたい。

以前はこんなふうに思わなかったのに。
なんか、贅沢に慣れた主婦みたい。
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-31 20:01 | Japan Jan. 2006
秋田はスゴイ雪です。
e0055091_1013227.jpg

こうして見るとなんだかよくわかりませんが、これはうちの庭です。
物干し竿で積雪量を比較してください。

秋田は、88年ぶりの大雪だそうです。
e0055091_10145858.jpg

これは除雪車が行った後でしょうけど、
12月に道路が見えないほど降るなんて、いくら秋田でも珍しいんですよ。
道路が雪に覆われるほど積もるのは、だいたい1月半ば以降ですから。
だから一面真っ白な、ホワイトクリスマスなんて、ありえないんですよ。
でも、今年はそうだったらしい。

雪が降ったって、イイコトはあんまりないんですよね。
暖房費はかさむし、雪かきがタイヘンだし。
今年は灯油が高く、家計を直撃しているようですし、
雪かきをしても、雪を捨てる場所がもう無くて、
路肩に雪を寄せていくと、道路がどんどんせまくなります。


雪のせいで、電車の脱線事故もあったんですって。
脱線したのは「いなほ」、新潟‐秋田の特急です。
新潟に住んでいたときは、これで帰省していたので、ひとごととは思えません。
亡くなった方もいらっしゃるようですし・・・ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-30 10:11 | Japan Jan. 2006