興味があること・・・ピアノ
今日のピアノのクラスは、リサイタルという名前のテストでした。
先生が、わたしたちそれぞれがどの程度弾けるのかを知りたいというのもあって、2回目の授業、つまり今日、テストだったんです。

初日にシラバスをもらったとき、上記のお話があったようなんです。
でもじつはわたしが英語が良くわかっていなくて、あとで確認したら、みんなの前で弾くというではないですか。焦りました。

ピアノのクラスはレベルCからFまで同時に受けるので、レベルがさまざま。
ショパンのスケルツォやベートーベンのソナタをばばばーんと弾く人もいれば、
エリーゼのためにをたどたどしく途中までやっとか弾くような人も。

わたしはといえば、日本で弾くよりも、緊張しませんでした。
まちがえないで弾けるわけがないとわかっていたので、それはそれで気にしませんし。
ただ、なんていうか、わたしのピアノはこうだよ~っていうのを、わかってもらいたいってすごく思いましたね。しかも、自分が一番うまいなって心の中で思っていたし(笑)


こちらにきていろいろな人を見て、話をして、でもわたしは挨拶と世間話以外にべつに話をしたいことなんてないんですよ。
勉強ができて、ピアノが弾けていれば、しあわせ~って、思ってました。今でもね、思ってますけどね。
これはきっと英語ができないせいだ~と思っていたんですが、じつは違う。
わたしが他人にあまり興味がないのが一番の問題なんです。
だって、あいさつ以上に、その相手のことを知りたいなんて思わないんですもん。

・・・・・・と思ってたんですよ、だから寮生活もキツイなあって。
でも、ピアノのクラスに行ったら、何を弾いているのかなとか、どのくらいピアノをしているのかなとか、すごく気になって、何回も聞き返しながら、自分が話をしているのに気づいたんですよね。

なんというか、なんていうのかね、情熱?熱意?みたいなものが、わたしにもまだあったんだなって、安心しました。NOVAのCMみたいなセリフですけど。

そんなわけで、こちらにきて、わたしが一番使う英語は
Let me make sure・・・
です(笑)
[PR]
by naokochin1 | 2005-09-01 23:38 | Piano


<< 携帯を買った カフェテリア >>