Trick or Treat?
昨日はハロウィンでした。
ハロウィンの日は学校に行くと、奇妙な格好をした人を時々見かけることができるので、面白いんですよ。朝イチでまず、レスリングのコスチュームを着た男の子4人組を見かけて、思わず凝視。寒そうだっつーのね。そのあと、顔をみどり色にした、シュレック姿の人と、真っ赤な天使とすれ違いました。

でも、今年の一番は、「シスターの格好をした男の子」ですね。設定が「妊婦のシスター」というものだったらしく、おなかにボール(みたいなの)をつめてました。かなりきわどいジョークだと思うんですよね。彼もはずかしいのか気まずいのか、一瞬目が合ったと思ったら、うつむいてニヤリとほくそえんでいました・・・狙ってたな、きっと。

そういえば、アメリカに来たばかりのころ、友人から聞いた話なのですが、お菓子をもらいに近所周りをすると、
「お菓子あげる代わりに何かやってみせてよ」
と、トリートの代わりにトリックを、という人も時々いるらしいんです。彼女は、笑ってごまかしていつもお菓子を手に入れていたそうな。

ちなみに、よそのお宅からいただいたハロウィンのお菓子で、封の開いているものは食べちゃダメと親にいわれるそうです。何が入っているかわからないじゃないですか。もしかしたら毒入りかもしれないし。また、たとえ密封されていたとしても、玄関先におかれて「ご自由にどうぞ」というようなものも、食べないそうです、アヤシイから。ごもっとも。

夜に目立たないくらい色の格好をして歩き回るから、事故が多いっていう話もあるそうですね。
これは私が読んでるアメリカ生活系のメルマガで得た情報。→こちらです。
デイライトセイビング(サマータイム)が、ハロウィンの後に終わるって、安全面を考えたなかなかいい案ですよね。わたしはちーっとも考えもしませんでした。

「へ~。ていうかさ、お菓子が食べたくて、よそのおうちを訪ねまわるんじゃないの?」
「んー別にー。イベント自体を楽しんでるって感じかなぁ」

うちの近所でも、子供たちが動き回っていた・・・と思います。2階のお部屋にいたので、わかりませんが。
さてわたしは、この週末、チョコレートキャンディーを買いに行こうと思います。きっと安くなってるよー。えへへへへー。
[PR]
by naokochin1 | 2007-11-01 03:43 | American Life


<< TOEIC Cancellation 最後の給料日のせいで。。。 >>