携帯電話の解約
携帯電話を購入後、契約期間である2年が経過したので、あんまり使わないことだし、解約をすることに。アメリカに来た当時は携帯電話のシステムなども全然わからなくて、2年契約のものを買ったけれど、私の使用頻度を考えると、プリペイドで十分だったかもしれません。アメリカに来たばかりの頃は、プリペイド携帯というものが存在して、それを近くで買えることを知らなかったのですから、仕方ないんですけどね。1ヶ月40ドルの一番安いプランだったけど、最近では月に5回使うか使わないかだったので、絶対に損してたと思う。ペナルティを払って、2年以内に解約することもできたけれど、あればあったで使ってたのでそのままずるずると結局2年間使いました。

というわけで解約をするためにVerizonに電話をかけました。そしたら、
「ではソーシャルセキュリティナンバーの最後の4桁をどうぞ」
って言われたんですよ。
わたしはSSNを持っていません、だって留学生だから。なので買うときもパスポートを身分証明として見せて買ったんです。そう説明したら、
「とにかく4桁の番号を打ち込まないことにはあなたの履歴を確認する事ができない」
らしくて、何か言ってよ的な雰囲気。だからパスポートの下4桁をとりあえず言ってみたけど、エラー。じゃあ、と学生証の番号など、思いつくものの下4桁を言ってみるも全部却下。結局、電話じゃなくSHOPに行って下さいと言われてしまいした。パスポートを忘れずに、ですってよ。

で、うちの近くのショッピングモールに先日行って来ました。
「ほかの会社の携帯電話にスイッチするんですか?」
と聞かれたけれど、
「いえ、使わないので」
と言ったら、なんだか奇妙な顔をされました。そうよね、携帯電話を必要ないと思う人はめずらしいですよね(特に携帯販売会社で働いている人にとっては)。

ショップでも、ソーシャルセキュリティナンバーの下4桁を聞かれました。
なので、自分が外国人でSSNがないことと、カスタマーサービスでのやりとりを、また説明。彼らサイドがデフォルトの番号を入れてスキップするだけで良かったらしく、パスポートの提示すら求められませんでした。手間かけさせやがって。

というわけで携帯電話を解約します・・・・・・という連絡をみんなにしなければ・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2007-09-06 08:05 | American Life


<< Red Robin スピーチのクラスの取り方事情 >>