ポットラックと誕生会
金曜日の夜に人類学のファイナルをオンラインでやっていたわたしですが、またパソコンの操作ミスだかエラーだかで、試験が消えました!くそー。先生にメールで、コンピュータのエラーで試験がまた消えた、という報告をしました。これは前回もあったこと(過去記事)で、そのときはリセットしてもらい、初めからやり直したのですが、今回は正直、そんな時間はない。なので、
「あと18点取れればもういいので、18点取れてるならリテイクしたくない」
というような趣旨のことを伝えたものの・・・やっぱりリセットされてしまいました。ショートアンサー(エッセイ形式の短答問題)の試験は、時間がかかるんだよくそー。
というわけで金曜日におわらせるはずだったのに、土曜日の昼までかかってやっとわたしのすべてのファイナルは終了。土曜日は友人たちとポットラックの予定だったのに遅刻だよ。

ポットラックの写真です。↓途中参加なので食べかけですが・・・。
e0055091_249321.jpg


その後、夕方は友人の子供の誕生日会だというので、ルームメイトと一緒におでかけしてきました。去年は1歳だった男の子(過去記事)、今年は2歳になりました・・・ってあたりまえか。最初わたしは「去年2歳で今年3歳」だと勘違いしていたのですが、男の子に会った瞬間、
「これは3歳ではありえない。2歳だあ」
と勘違いを頭の中で訂正したのでした。

去年は、Dogなら「ど!」、Bananaなら「ば!」というボキャブラリーでしたが、今年は、
"Sit! Sit next to me!"
なーんて言ってましたよ。かわいい。むっちゃくちゃかわいい。そんなふうに言われちゃったらわたしもうどこにも行けな~い。

e0055091_251192.jpg

e0055091_2524447.jpg

e0055091_2535927.jpg上の写真はおもちゃをもらって開けてるところと、そのあとで組み立ててもらっているところ。このオモチャ、左の写真にあるリモコンで操作するようになっていて、動かすと、車が「ガオー」って鳴るんです、操作を止めると、そのときはリモコンが「グワー」って鳴るの。その音が怖いらしく、
"No! No!"
とやや離れた位置からイヤがって拒否していました。

ルームメイトや彼の友人は、子供はかわいいと思っているものの、どう扱っていいのか困っている様子に見えました。というか、アメリカ人って、子供相手にも、大人と同じような対応をすることが多いような気がするんですよ。わたしみたいに、
「あーカッコイイ車があるー。ブッブー!」
とかって、一緒に遊んだりはしないのね。
「この車、彼からのプレゼントだけど、ありがとうは言った?」
って言ったら、
"Thank you!"
"You are welcome!"
で終わりですよ。わたしだったら、
「よくできました~イイコイイコー!」
って感じになるけどなー。
なんというか、たとえるなら、昔ベネッセの雑誌「たまごクラブ」のCMで見た、
「パパでちゅよ~」
みたいな感じがないんですよね。(別に彼らはパパじゃないんですけど。)

そんな風に子供と遊んでいたので、飲み物をいただくときに、「ビール」と言ったらものすごく胡散臭がられました・・・。ルームメイトが、
「こんな見た目ですけど、彼女が僕らの誰よりも年上です」
とフォローしてくれましたが。ていうか、そんなフォローの仕方、やめてくれい。

子供の成長を見てると、1年ってホントあっという間だなあって思いますね。
来年は会えるかな、どうかな?
[PR]
by naokochin1 | 2007-05-12 02:46 | American Life


<< BBQのお店 2回目 ファイナル途中経過 >>