統計学のグループプロジェクト
統計学のクラスでは、4つの試験のほかに、1つグループプロジェクトをやらなければいけないんです。アンケートみたいなのを取って、それを習った公式を使って表やグラフにし、説明文を加えるという、統計に関するプロジェクト。
統計を取る上で、サンプルデータは最低60以上なければいけない、というルールがあって、各グループいろいろ考えたようです。先日カフェテリアに行ったら、クラスメイトが一生懸命通りかかる人に声をかけていました。そういえば、先学期、カフェテリアでごはんを食べていたら、
「統計のプロジェクトのための質問に答えていただけますか?」
って女の子に話しかけられたことがありました。彼女とわたし、きっと同じ先生だと思う。

ファイナルの1つ前のクラスが提出日で、先日出してきました。
ほかのグループがやったプロジェクトも聞いていると面白かったです。「このカレッジの学生の50%以上が、Sac State に編入する」という予想を立てて調査をしたグループもありました。Sac State とは Sacramento State Univerysity (CSU) のことです。ここから1番近い4年制の大学なので、そこへ行く人が多いのです、地元の人などは特に。ちなみに答えは30%でした。半分以上ではありませんでしたが、30%は一番多い割合だったそうです。
ちなみにわたしのグループは「カレッジのパーキングで赤い車と青い車を数えたらどっちが多いか」というもの。前回、青・赤・黄色の中で好きな色を調べたことがみんなの記憶にまだ残っていて、多くの人が、
「今回も青!」
という意見でしたが、ブー、正解は赤。「アメリカで人気の車の色」というインターネットのアンケートソースでも、赤のほうが若干多いんですよ。(参考→ Most Popular International Car Colors

ほかには「飲酒頻度について」「結婚前に同棲すると離婚率が下がるのか」「カフェテリアのごはんはおいしいか」「ジムで怪我をする頻度」などがありました。自分が思いつかないようなトピックもあって、面白かったですよ。

やり始めるまでは、
「なんでこんな面倒くさいことを・・・・・・」
と思っていたんですが、始めてみたら、案外、楽しいの。勉強になりました。
[PR]
by naokochin1 | 2007-05-03 05:29 | School


<< Johnny Carino&#... Final Week is C... >>