直訳
アメリカ生活、そろそろ2年が経とうとしています。が、そんなに英語力がアップしたようには思えない今日この頃。日本語と比べるとボキャブラリー不足なのはわかりきった話。ですが不思議なことに日常生活での苦労はそんなにないのです。日本語でもそうだと思いますが、単語をひとつくらい忘れたって、たとえDish Washerという言葉が出てこなかったとしたって「あーホラなんだっけあれ、あのお皿を洗ってくれる機械」みたいに言えますから。←と言うか、ほとんどこういう風にして生活しているのですが。

わたしの場合、英単語が出てこなくって迷うときって、たいてい頭の中にはすでに日本語があるので、「とりあえず思い浮かんだ日本語をそのまま訳してみる」方法をよくやるんですね。
つい最近やらかしたのは「飴と鞭」、これを "Candy and whip" と言ってみました。おほほ。なんか眉をひそめられたから「人をトレーニングするときにやさしくしたり厳しくしたりすること」って言い直してわかってもらえた・・・。英語では"Good cop and bad cop"と言うんですって。うーん、近いような?

あと、「鳥肌」。これも腕を指差しながら「チキン!チキンスキン!」と言ったことがある人多数。言っちゃいますよねえこれは。チキンスキンでも通じるし!でも、"Goose bump"が正しい英語です・・・。

たぶんきっと絶対もっとたくさんこの手のマチガイをしでかしてると思うんです。言ったあとでマチガイに気づくような英語も山ほどしゃべってます。でもすでに口から出たあとだし・・・と気にしないのは後々まずいよなあ、と思ったりもして。相手に意味が通じてるから訂正されないだけなんですよね。いいのかこんなんで・・・いやよくないですよねー。
[PR]
by naokochin1 | 2007-04-13 14:49 | English


<< アメリカでTOEIC The Passenger >>