サンノゼ観光
e0055091_6192736.jpg

先週末、サンノゼに行って来ました。



わたしが普段使っているデジカメはメモリーカードが携帯電話のものなので、30数枚しか撮れないため、今回はルームメイトの一眼レフを貸してもらえることになりました。シャッタースピードの速さに感動しましたよ!わたしのはシャッターを押した後、1秒くらいズレて撮影されるんですが、これは押した瞬間に写る!マニュアルフォーカスではなく、扱いの簡単なオートフォーカスに設定してもらったのに関わらず(マニュアルのほうがもっと速いらしい)すばらしい使い心地でした。

さて、サンノゼは日本の駐在員さん家族がたくさんいそうなところ、というイメージがあります。すごくキレイで、近場に何でもあって、空港も近くて、サンフランシスコまで1時間強だし、とにかく住みやすそうな街だなあと思いました。どの街へ行っても中国語は必ず見ますが、ここでは韓国語、日本語もそれなりに見かけました。アジア人が多いってことなんでしょうね。
e0055091_6205110.jpg

ここはSJSU San Jose State Universityです。道がわからなくなったので、ここの駐車場で地図を広げただけです・・・・・・。
e0055091_6213793.jpg

Tech Museum

まず行ったのはテクノロジー系の博物館。撮影可だったので、撮りまくってきました。
e0055091_623231.jpg

e0055091_6233379.jpg

プロジェクターで投影された映像がこの地球に映るというしくみになっていました。いまちょうどEarth Scienceのクラスを取っていて、地球の成分や、海底の地形などは先日の試験でちょうどやった場所でしたし、「気象学」は次のチャプターでやるので、タイムリーで楽しめました。
e0055091_6235549.jpg

エコカー・・・・・・というと、決まって思い出す友人がひとりいます。

e0055091_6242232.jpg

初めて見ましたセグウェイの実物

e0055091_625589.jpg

これは、人間がキーボードを使って入力した文字を目の前に置いてくれるマシンです。みんな自分の名前でやっていたけれど、「きっとブログに載せるから名前はなぁ~」と思い、違うのを考えたのですが・・・・・・なんでよりによってこれなんだろう・・・・・・?
e0055091_6332441.jpg

これはカメラが取り込んだ画像を描いてくれるマシン。でもわたしたちが行ったときはちょうどインク切れで描いても描いてもまっしろのままでした・・・・・・。

また、こんな影絵遊びも。原理はわかりませんが、影になってるところには花びらが降ってこないんですよね。これが一番おもしろかった。↓
e0055091_6334938.jpg

e0055091_6341119.jpg

e0055091_6343586.jpg



そしてこのあとお昼ごはんを食べに行きました。ランチはコリアンタウンで焼肉です。
e0055091_635760.jpg

一緒に行ったメンバーは焼肉を食べた事がなかったみたいで、焼き方を知らなかったようです。鉄板のふちの脂が流れていく部分にまで乗せてるお肉がそれを物語っています・・・・・・。そんなに乗せたらどれも絶対に火が通らないし、たれが混ざって全部同じ味になるのにぃ~。・・・・・・と思いましたが、そんなことをうるさく言ってもしょうがない。ここはアメリカ、渡し箸で食べ物を渡されようが、ごはんのど真ん中に箸をぶっさされようが、気になって仕方ない(&ビックリして相手の人格を疑う)のはそれがマナー違反だと知っている日本人のわたしだけなのです。ここはアメリカ(←言い聞かせる)。慣れたし、気にしないようにしてますけど、こういう行為を目の前で見せられると疲労感が増します。・・・・・・でも、かくいうわたしも、コリアンレストランでごはんの器を手に持って、さらにスプーンを使わずお箸で食べてしまったから、似たようなものなんだろうな。わたしの場合は知ってるくせにやっちまったんだから、そっちのほうが悪いのか、あぅあぅ。

このあと、Art Museumと、Arcadeと、ショッピングモールに行きました。4時半起きで出てきたので、ごはんのあとはへっとへと。Art Museunは撮影禁止だったので写真はありません。この記事のトップの写真だけが美術館のものです。
ちなみにArcadeとは、ゲームセンターのことでした。アーケード、絶対に英語じゃない!と思って調べたらイタリア語でした。行ってみたら、やっぱりというかなんというか、日本の(説明書きが日本語の)ゲームばかり。パラパラのゲームで遊んでいて、ふと振り返ったら、人だかりができていたのがすっごく恥ずかしかった!こういうダンス系を上手にやるのは黒人さん、というイメージがみんなあるのか、アジア人がやってるのが珍しかったみたい。
それから行ったショッピングモール、ここは全米数指にはいるのでは、というくらいの巨大なモールでした。疲れてたのと混んでいたのとで、ここでも写真を撮る根性はナシ。ここにきて一眼レフの重さがネックに。このショッピングモールは1階建てで、横にながーい。自分がどこにいるのかわからなくなります。営業時間も11時までだそうで、そんな深夜まで営業するところもアメリカっぽくない。

4時半に起きて、10時まで遊びまわりました。さすがにだんだんみんな疲れて無言。
さて、この旅は翌日に続きます。
[PR]
by naokochin1 | 2007-04-02 06:16 | American Life


<< サンノゼからサンフランシスコへ 国際会計検定 >>