Heroes
e0055091_11135475.jpg2006年に放映された「Heroes」というドラマを最近観ています。
3ヶ月くらい前に友人に、
「Heroesっていうドラマ、観てますか?めちゃくちゃ面白いですよ、ヘンな日本人も出てくるし」
と勧められたのですが、そのときは観ずじまい。最近、そのシーズンのすべてのエピソードをルームメイトが入手したので観始めました。いまさらですが、おもしろいです。昔、日本で「24」にハマって週末ずーっと見続けた事がありますが、それを思い出しました。そのくらい、おもしろいですよ。

このドラマのあらすじはこんな感じ。
登場人物が多く、場所が二転三転するのですが、舞台のひとつは東京。東京で、あるサラリーマンが時間をとめたりテレポートしたりできる能力に気がついて世界を救うためにアメリカにやってきます。ロサンゼルスでは、平凡なおまわりさんがある日突然人の気持ちが読めるようになって、犯人にしかわからないようなことまでわかっちゃったりします。またテキサスのチアリーディング部の女子高校生は、怪我をしてもすぐに治る能力を持っていて、彼女は自分が負ったやけどや骨折なんかはあっという間に完治できます。ラスベガスでは、シングルマザーが自分が二重人格かもしれないと鏡の中の自分に怯えています。そしてニューヨークのある絵描きさんは、ドラッグを服用したときに描く絵が、未来の出来事を当てていることに気がつきます。このアーティストの作品に、東京のくだんの日本人や、チアリーダーの女の子を見つける事ができます。作品のほとんどは事故や殺人事件の絵。未来にそれが起こるのだとしたら・・・・・・というわけで、このさわりだけでも、面白いストーリーを期待できるんじゃないかと思います。

e0055091_11143657.jpgところで、このドラマに出てくる「日本」のシーンですが、「アメリカ人が一般的に思い描いている日本そのもの」なので、とってもヘンです。最初のシーンで漢数字の壁掛け時計が出てきたときにはひっくりかえりそうになりましたよ。あと、「メガネかけてる」とか「剣もってる」とかね。

ちなみに左のこのシーン、左側の男の子が日本人役の男の子。秋葉原っぽさを意識してる感じ、するでしょ?小さくて見えないかもですが、彼のジャケットの左胸のロゴ、「場違い」ってかいてあるんです。

このドラマ、わたしもまだ全部は見ていないんですが、この週末だけで8エピソードは制覇したはずです。観すぎて気持ち悪くなってきたのでやめました。でも、全部見終わるのは時間の問題かな。難しい英語は使われていないので、英語の勉強にもちょうどいいと思います。オススメです。観てみてください。

Heroes Website (英語)
Heroes Website (日本語)
Heroes Wikipedia (日本語)
[PR]
by naokochin1 | 2007-03-17 10:58 | Books & Movies


<< Akebono Macaroni Grill 2回目 >>