Daylight Saving
午後の3時半頃、
「時計なおした~?」
と聞かれて、ハッと気づきました、そうだDaylight Savingだった。日本ではサマータイムと言いますが、英語だとDaylight Savingです。毎回書いているような気がします・・・。(過去記事

2年アメリカにいるので、体験するのも2回目(春秋をセットで2回目と言うので正しいですよね?)ですが、毎回、毎回忘れるのです。興味がないのでしょうか・・・でもそんなことでは済まされない。特に春は、一時間早くなるので、気づかずに寝坊したり遅刻したりする危険性が大なのです。すでに一度やらかしましたが・・・。

今回から、普段の移行期間よりも早い時期にDaylight Savingを始めるらしいです。たいていは毎年4月の第1週目に行われていたそうですが、今年から3月の第2週目に変更されるとのこと。始まりと終わりはいつも「めんどくさいなー」と思いますが、夜が明るい時間が少しでも長くなるのは悪くありません。

でも、日本で「サマータイム期間」を実施されたら戸惑うから、そういう話がもしあるのならやめてほしいです。日本って、割とアメリカのやってることに追従しようとする傾向が強いじゃないですか?(サマータイムの話に限らず、死刑制度の是否や、著作権の延長問題などもそうですが)。だから、そういう可能性があるのかも、ってたったいま思いついた、それだけなんですけどね。

というわけでDaylight Savingの間は、日本との時差が17時間から16時間になりまーす。
[PR]
by naokochin1 | 2007-03-11 14:41 | American Life


<< 卒業とWithdrawと試験と... 消えた試験 >>