友人とスクールバス
わたしが通っているカレッジはRocklinにありますが、Rosevilleに別館キャンパスも存在します。看護や消防系のクラスが主に行われるそうで、あと、数は少ないですが、ライティングなどGE系のクラスもあります。

昔のルームメイトに聞きましたが、わたしがここに来る1年ほど前までは、ESLはRosevilleキャンパスにあったそうです。当時のスクールバスは、1日に5往復。たいていの人は7時、8時台のに乗らないといけなかった様子。大不評だったらしい。だって寮はRocklinなのに。たぶん留学生(とくに日本人)が増え始めた時期に比例して、ESLはRocklinに移設されたようです。エージェントを通して来た日本人が、相当文句を言ったんじゃないか、とわたしは予想しています。

1年半前までは1日5往復だったスクールバスですが、ESLも引っ越したし、もともと乗客が少なかったし、ということで今は1日3往復の運行です。スクールバスがあるから、とRosevilleキャンパスのそばに住んだ学生さんにとっては、とんだとばっちり。車やスクールバスでなら10分程度の距離ですが、公共のバスを使うと、1回乗り換えるので1時間近くかかる。まさか歩く人はいないと思いますけど歩いたら3時間近くかかるでしょうね。

おともだちが、今学期、CPR(救護)のクラスを取っているので、Rosevilleまで行かなくてはなりません。朝の8時のクラスだそうで、7時17分のスクールバスに乗って行っているそうな。
けれども初日、バスに乗るために7時10分にバス停のところに立っていたのに、スクールバスはすでに走り去ったあとだったそうな。はるか向こうに去り行くバスの背中を見つけて、
「まだ7時10分じゃーん!キーッ!!」
となったそうです。
公共のバスも、毎時17分発なので、定刻に来たそれに乗り、結局初日のクラスには遅刻しちゃったんですって。

帰り、スクールバスに乗るとき、
「あの!今朝わたし待ってたのにあなた時間よりも早く出発したでしょう!おかげでわたし初日の授業に遅刻したんですよ!」
とかなり怒りモードで文句をつけたらしい。
運転手さんは、
「ああ、だって今までの3年間、7時台のバスに乗った人は誰もいなかったから、今日もいないと思って。ていうか、乗るなら早く来てなきゃダメだよ、乗りたい人がいたなんて、知らなかったよ」
とまあ、典型的にアメリカーンな人だったようで、おともだちのイライラは一気に上昇!
「わたしは!時間よりも早く行きましたし!時刻表があるんならその通りに運行してくださいよ。ただでさえ本数も少ないのに!」
「あーはいはい。僕はね、君と議論をしたいわけじゃないんだ。今学期は月水の7時台のバスに君が乗るんでしょ。待ってればいいんでしょ」

そういう問題じゃないいぃぃ。と、もっと言ってやりたかったそうですが、絶対にわかりあえないから言ってもムダ、とそこはそれでオシマイにしたらしいです。

バスを降り際、
"Sorry for inconvenience." (不便かけてスイマセンね)
と、心にもない様子で運転手さんが言ってきたので、彼女は、
"It’s ooookay! Thank you!!" 
とむっちゃくちゃ不機嫌に口をとんがらせて返事したらしい。

「・・・・・・というわけでね、この怒りを誰かにぶつけたくてカレッジの上のほうの人に、メールで報告してやったわ。ちょっとスッキリした」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ていうかさ、その行動力に脱帽するよ」

自分がこういうことに直面したらたしかに腹が立って文句のひとつも言いたくなりますが、聞いてる限りでは面白かったんですよね。あはは。ごめんよ。

ちなみにわたしが住んでいる地域もRosevilleですが、Rosevilleキャンパスとはまったく違う方向なので、Rocklinへ行くにしろ、Rosevilleへ行くにしろ、バスに乗らないといけないのです。わたしが看護系のクラスを取る予定も理由もないのでRosevilleキャンパスへ行くことはこれからもありません。でもスクールバスの実態がよくわかりましたよ。気をつけろ、と今後利用する人に教えてあげよう。
[PR]
by naokochin1 | 2007-02-02 07:43 | School


<< Letters from Iw... ちゃんとした統計って? >>