Earth Scienceのクラスのこと
Earth Scienceの教室は、プラネタリウムのような天井がついていて、席も中心に向かって放射状に配置されています。真ん中の台にその日に使うプリント類が置かれているので、席に着く前にそれを取ります。

先日、時間ぴったりに行ったら、
「ハイ、あと3分ね~」
と先生が言っていて、中央の台に行ったら、そこにはクイズ(小テスト)がありました。うげ。5問程度のクイズなので、3分あれば十分ですが、心の準備があるのとないのとでは違うじゃないですか。

みんなテキストやノートを机の上に出したままクイズを解いているようなので(もしかしたら解き終わってたのかもしれないけど)、近くの席の人に、
「ねえ、これってオープンノートかな?」
と聞いたら、
「いやー・・・ちがうと思うよ」
と言われてしまいました。聞かないで知らんぷりしてノート見ればよかったかも・・・・・・とちょっと思ったけれど、イエイエ、そんなイケナイことはしちゃいけませんよねーあははー。

このクラスはわたしが初日に座った席が良かったのか、わたしのまわりに物知りな人が多いです。隣に座っていた女の子は近所の4年制大学の学生さんで、GE(General Education=一般教養)だけ2年制大学に取りに来たそうですが、彼女には簡単すぎるクラスだったようで初日以来見ていません。「助けてもらえる、わーい」と思っていたのにいなくなっちゃって残念。というかわたしのこのよこしまな思いがバレたのかも?代わりに、といっては怒られそうですが、反対隣の黒人の女の子や、後ろの男の子たちに聞いてます。みんな物知りなだけじゃなく、親切なのよー。

また先生も留学生に親切です。ほかの学生さんはスタディガイドをもらって、空欄はレクチャーを聞いて記入するのですが、わたしのような留学生は、お願いをすると授業で使うパワーポイントと同じものを授業の前に渡してくれます。先学期は授業中に辞書を使うことはほっとんどありませんでしたが(ただめんどくさかったからです)、このクラスでは使う。理系英語はやっぱりさっぱりわからない。めんどくさいからといって辞書を使わずに、想像したまま過ごしてると、とんでもないマチガイを引き起こしてしまう。花崗岩はGraniteって言うんだってさ。ほー。
[PR]
by naokochin1 | 2007-01-26 09:28 | School


<< Yard Sale オンラインのクラス >>