統計学で使う電卓のこと
今学期、統計学を取っているので、テキストと数学用の電卓が必要になりました。おともだちに聞いて、テキストは買い取り、電卓は賃借という話をつけていたのですが、彼女が取る天文学のクラスでその電卓を使うことが判明。借りるあてがはずれてしまったので、あきらめて買うことにしました。

数学用の電卓って、高いんですよ。100ドルくらい。
ブックストアで、買った電卓はあとで売ることができるのかと聞いてみたら、できるとのこと。50ドルくらいで買い取ってくれるそうです。だから、踏ん切りがついて、ホントに買いました。

買って、お店を出て外を歩きながらレシートを確認したら、なんかちょっとヘン。今回、デビットカードを使ったので、レシートを2枚もらったのですが、ひとつは商品のバーコードをスキャンした金額が$107.20のもので、もうひとつはデビットカードの伝票、$7.20・・・・・・?

おうちにかえって、ルームメイトに、
「今日、統計学用の電卓を買ったのね、100ドルのやつ」
と話を始めたら、
「返品しといで。それだったら持ってるから」
と、まず速攻でそう言い返されました。
「ちがうのちがうの。最後まで聞いてよー」
と、レシートを見せてその日の出来事を説明しつつ、同時にインターネットで銀行の残高をチェックしてみたら、ホントに7ドル20セントしか引き落とされていませんでした。

やったー。100ドルの電卓を7ドルで買っちゃったー!激安ショッピングー♪ I LOVE AMERICA!! 適当バンザイ!小躍り小躍り♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいません不謹慎で。(しかもこんなときばっかりアメリカ大好きになってるし)

もっとトクした出来事が実はあるのですが、それは今回以上に不謹慎な話になっちゃうのでブログに書くのは自重します。

でも、こんなミスがあってトクをするのと同じくらい、損をする可能性も高いのだから、きちんと自分で気をつけなければ、と思ったのでした。でもらっきー。テヘ。
[PR]
by naokochin1 | 2007-01-19 06:59 | School


<< シューベルトのピアノソナタ セメスターの始まりはやっぱりバタバタ >>