コンタクトレンズを買う
アメリカでコンタクトレンズを買うには処方箋が必要です・・・って、日本でもそうかもしれませんが、日本語のコンタクトレンズ販売のウェブサイトでは、処方箋番号や、お医者さんの名前を記入する欄はありません。だから買えちゃう、たとえ、わたしの視力が3年以上前に測ったものであったとしても。

アメリカって、歯医者と眼科は普通の保険の適用外なんですよ。オプションで、つけるかどうか、決めることができます。だからわたしはつけませんでした。歯科と眼科に関して、わたしは無保険です。日本の感覚からすると、不思議ですよね。

でも、2ヶ月前に、コンタクトレンズが残り1枚を切ったので、眼科に行こうと思っていたんですが、意外と高い。視力検査はめがねで25ドル~、コンタクトレンズで75ドル~、乱視が入ると割高になるそうです(COSTCO調べ)。はい、ワタクシ乱視入ってます。おもともだちに聞いたら、300ドルくらいだったと言っていました。う~ん・・・ケチくさいが、ひじょーうにケチくさいが!・・・出したくな~い。

2ヶ月前に1枚を切ったわたしのコンタクトレンズ、実は2週間用なので、とっくに期限切れ。しばらくメガネで過ごしていました。でも、メガネって、やる気がでないんですよ。だから、冬休みを機に、日本に帰国するおともだちにお願いして、買ってきてもらうことに。彼女の実家の住所あてに、購入したコンタクトを送ってもらうことにしたわけです。購入したサイトはこちら。安いところを探しまくったので、値段は割とイイと思いますよ(購入するレンズによるかもしれませんが・・・)。

でも、そのおともだちいわく、
「あなたのコンタクトレンズ、アメリカから送られて来ましたよ」
とのこと。でも、日本語のコンタクトレンズ販売のサイトでは、日本以外への発送を受けつけないと明記してあるんです。だから仕方なかったの。医療システムが違うせいでしょうね。

とりあえず、当面必要な分だけ買って、あとは、夏に日本に帰ったときに、調達することにします。インターネットってやっぱりすごい。
[PR]
by naokochin1 | 2006-12-30 19:32 | American Life


<< Happy New Year! Overload >>