サラエボ事件の裏側
サラエボでオーストリアの皇太子が暗殺されて、第一次世界大戦が始まりますよね。わたしたちが知っていることって、たったこれだけの「事実」のみ。でも、本当はもっといろんな人間ドラマがあったはず。

別にヒストリーのクラスでコレが必要だったわけではなく、たまたま別のことを調べていたら、引っかったんです。つい気になって調べてしまいました・・・・・・。

「・・・サラエボは現在、ユーゴスラビアの都市。1914年の6月。この地でオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子、フランツ・フェルディナントが暗殺された。
 このハプスブルグ家は、ルイ16世の王妃のマリー・アントワネットや、ナポレオンの2番目の妃のマリー・ルイーズも一族。
 フランツは子供の時からおとなしく、孤独を好み、聖職者に教育され、まじめな性格だった。宴会があっても、夫人と会話をかわすことがない。30歳を過ぎても独身。
 候補として、何人もの王女の名があがったが、その気にならない。皇帝は伯父に当り、その息子の自殺、つづいてフランツの父の死。それで皇太子になったという立場を考えてか、ウィーンの宮廷生活をきらってか、各説ある。
 そのうち、フランツはフレデリック大公の家を、しばしば訪問するようになった。王女が多くいる。だれかを好きになったのならば喜ばしいと、関係者はほっとした。
 しかし、フランツ皇太子が明らかにした女性は、ゾフィー・ショテク。その家で召使いの仕事をしていた。彼女の父は外交官で、伯爵の称号を持っていたが、貧しい家。美人かもしれないが、さらに美しく、格式の高い家柄の王女は、ほかにたくさんいる。皇帝も大公もがっかりし、大臣も反対、国民も驚いた。
 それでも、フランツの心は変わらない。前例がないので、皇族どうしの宮中での儀式はおこなえない。皇太子はそれを無視し、1900年に結婚となった。フランツ、36歳。
 ゾフィーは魅力ある女性で、思いやりもあり、頭もよく、世俗的な欲望も少かった。うわさはひろまり、すばらしい妃殿下と呼ばれた。
 3人の子が生れる。絵にかいたような、しあわせな家庭。恋はみのったのだ。
 フランツ皇太子は、国のために働いた。ドイツとだけ友好するより、ロシアとも協調し、外交的に安定した関係を築こうとした。国内の改革も、計画していただろう。陸軍総監という、要職についた。
 しかし、これに反対するテロ・グループは、オープンカーに爆弾を投げた。それは避けたが、車に飛び乗った者が拳銃を発射。ゾフィー妃が身をもって防いだが、第2発目が皇太子に命中。2人とも死亡。ちょうど、14回目の結婚記念日だった。
 これがきっかけで、第一次世界大戦に発展し、暗い時代に入る。」
                                   ―星 新一 「きまぐれ遊歩道」 より (文章はこちらからの引用です)

この日はオーストリアの皇太子フランツ・フェルディナンドの妻ゾフィー・ショティクとの14回目の結婚記念日だったとのこと。ゾフィーはボヘミア(チェコ)にある伯爵家の令嬢でしたが、この結婚は決して祝福されたものではなかったそうです。彼女はハプスブルク家から皇族の一員とは認められていませんでした。伯爵家の出身では皇儲の夫人として相応しくなかったからです。このため3人の子供は王位継承者から除外されました。ウィーンで不遇の生活を強いられていた妻を気遣って、大公はサラエボへの旅に彼女を伴うことにしたそうです。

フランツ・フェルディナント大公はチェコ人と結婚しただけあって、親スラブ的で、ハンガリーが大嫌いだったようです。当時のボスニア・ヘルツェゴビナにはセルビア人も住んでいました。セルビアはオーストリアに侵略された土地でした。ボスニアはバルカン半島に位置し、当時ロシア帝国の植民地状態であり、反スラブ主義が台頭していました。オーストリア大公の来訪は反スラブ主義の人々にとって格好の餌食だったのです。このとき、フランツ大公は51歳、ゾフィーは46歳でした。この事件によりオーストリアがセルビアに宣戦布告し、第一次世界大戦に突入するのです。

本来はオーストリアとセルビア間の戦争で済むはずが、軍事同盟が複雑に絡み合っていて,一国が戦争を始めるとその同盟国が自動的に参戦する・・・こんな連鎖反応で第一次世界大戦が起きてしまったようです。

「サラエボ事件」という名前だけは前に習いましたが、こんなに深い歴史があるとは思いませんでした。皇太子夫妻がラブラブだった、なんて教科書には絶対に載っていないことですもんね。たしかにテストにはここまで出ないけれど、でも、もしもこれを知っていたなら、もっと興味を持って勉強できたかもしれません。

参考資料
フランツ・フェルディナント大公
サラエボ事件
第一次世界大戦
[PR]
by naokochin1 | 2006-11-24 20:18 | Various


<< 聞き間違われる英語 サンクスギビングの予定 >>