平均は86点
先日の会計のクラスの試験が返ってきました。
今回のテストの平均点は86点。これは、めちゃめちゃ高いです!
先生も、
「こんな平均点は今まで教えてきた中で初めてだ」
と言っていました。

先生は続けてこうも言いました。
「DropやWithdrawをいまだに考えている人は、僕のオフィスアワーに来てください。話をしましょう。もう両方ともの締め切りがすぎているから、いまからクラスに来ることをやめても、DかFがついてしまいます。エクストラクレジットや、ほかの宿題などでポイントをつけてあげられる部分もあると思うから、ドロップを迷っている人は僕に会いに来てください」

コレを聞いて思ったんです。誰かひとり(もしくはふたり)が成績の危ない位置にいて、ほかの学生さんはおそらくほとんどAを取っているんでしょう。そうでなければ、考えられないような平均点です。それに、そういう成績の人がいるから、先生はわざわざそんな風に話をしてくれたんでしょうし。自分だったらと思うと、いたたまれないですねー。

ちなみにわたしは、少なくとも100点は取るつもりだっただけに、自分の結果には不満です。先日書いた、5ポイントのエクストラクレジットだったWorldComの記述は、10行以上しっかり書いたのに、いっっってんも!くれなかった!!ちきしょう。やっぱり想像で書いたのがいけなかったんだろうか。「もっと具体的に」というコメントがついてただけでした・・・・・・。

あと残る試験はファイナルのみ。クラスによっては、学期のアタマから習ってきたことを、すべてカバーするテストになることもあるようですが、わたしの取っているクラスは今回習う箇所だけです。解剖学をとっているおともだちは、
「全部出る、死ぬ」
と言っていました。う~ん、死ぬでしょうね、クラスも覚えることが多そうな、難しそうなクラスですし。でもまあ、最後のテストはほかのクラスとも重なるので、誰もが死ぬ思いをするのは間違いないんですけどね。わたしも勉強しようっと。
[PR]
by naokochin1 | 2006-11-18 13:32 | School


<< スコーン GPAとは? >>