編入するときの基準って?
来学期の授業の登録はもう終わったのですが、別件で先日、カウンセラーと話をしてきました。

ラッキーなことに、いい成績を維持できているので、編入する学校のランクを上げたらどうなるのか、聞きに行ったのです。まわりのアメリカ人に英語力で負けてるのなら学歴で勝てば差し引きゼロじゃないか、そう思ったから。

わたしのカウンセラーの考えはこうでした。
「あなたが日本で就職をしようと思っているのなら、(カリフォルニア州内なら)UCLAやUC Berkleyに行ったほうがいい。なぜなら、日本人は、これらの学校をステイタスだと感じるから」
たしかにそうです。東海岸方面にあるハーバードなんかも同じような理由で日本人に人気(アコガレ?)の大学だと思います。有名だし、レベルも高い。そのぶん学費も高いですが。
「けれどそうじゃなくて、会計の勉強をちゃんとやって、その方面の仕事につきたいなら、CSUに行くほうがいいと思う」

※ちなみにUCとはUniversity of Californiaの略で、CSUはCalifornia State Universityのことを言います。UCLAとは、University of California Los Angelsのことです。

UCもCSUも、カリフォルニア州立大学ですが、UC系の大学は、研究する場というイメージです。大学院まで行って、修士号や博士号を取りたい人、卒業後、現場よりも本部などで出世したい人に、どちらかといえば向いているように思います。CSUは、実践で役立つことを勉強できる場という印象が強いです。就職相談も親身になってくれるとか、インターンシップにも力を入れているとか、そういった話を聞きます。UCのほうが学費は高く、CSUは安め。でも、わたしが調べた限りでは、留学生ならば1単位40ドルくらいの差しかありませんでした。(40ドルの差がたいしたことないくらいもともとの学費が結構するのですよ・・・)もしかしたら、それにさらに上乗せされる、登録料や諸々で差が出るのかもしれません。どちらにせよ、今通っているコミュニティカレッジの学費のほぼ倍になります。たっかいよー。

入るのがものすごく難しい一部のUCと比較すると、CSUは、GPA(成績の平均値)が2.0、留学生でも2.4あれば、入れちゃうのです。でも、ギリギリの成績だと、行ける学校の選択肢が減るから、勉強をサボろうとは、わたしは思いませんけど。
「いわゆる受験生だから、勉強するのはあたりまえ」
って、おともだちが言っていました。わたしもその考え方に賛成です。

両方に願書を出すつもりで、どちらの大学からも要求されるクラスをとりあえず取る、という選択肢がありますが、そうすると、卒業が1学期分延びてしまうのです。4か月分の学費と生活費を計算すると・・・・・・ちょっと考えてしまう。

とりあえず、まだ時間はあるので、もうすこし考えてみようと思います。
[PR]
by naokochin1 | 2006-11-16 13:00 | School


<< GPAとは? Register for Sp... >>