授業中に鳴る携帯電話
アメリカは日本よりも、携帯電話の無料通話が多いし、文化的にも、仕事中や授業中に電話で話をすることは平気な雰囲気があります。というわけで、授業中に携帯電話が鳴って教室の外に出て行く人が結構います。マナーモードにしていても、授業中は静かですから思いっきり聞こえてるのに、先生も学生もあんまり気にしない。さすがに着信音が高々と鳴り響くのは顰蹙を買いますけどね。

ビジネス専攻のクラス(会計とか経済とか)に関しては、携帯電話は基本的にダメで、もしも、緊急の要件で電話がかかってくることが予想されるのなら、マナーモードにして、出入り口の近くに座ること、と言われます。社会人の基本を今から身につけましょう、みたいな感じでしょうか。はっきりいって高校生でも常識でわかることだと思うんですが、前述の通り、アメリカでは、そういうのを気にしない慣習がまかりとおっているので、言わないとわからない人も多いのです。悲しいかな、悪い意味でアメリカナイズされた一部の日本人留学生は、怒られないのをわかっててやったりもします。緊急の要件なんかそうそうあるわけないでしょ。子供や家族、仕事があるわけでもないのに。

おともだちのクラスでは授業中に携帯が鳴ると、×ゲーム、というか、罰として、次回、クッキーをみんなに配らなければいけないんですって。
オレオみたいなのはダメで、手作りクッキー(スーパーにそういうのが売ってる)にすること、という先生のお達しまで出ているそうな。

「それ、ホントに買って持っていくの?」
と聞いてみました。
「持っていかないとまわりの視線がイタイんだよ~。オマエいつ持って来るんだよ、みたいな視線!」

ちなみに、そのクラスはサイエンス系のクラスです。化学・・・だったように記憶してます。わたしには縁のないクラスなので、うろ覚えですが。面白かったのは、担任の先生も、一度、携帯が鳴ってしまって、クッキーの刑になったことがあるそうな。言いだしっぺはさすがに逃れられないですよねえ~。

というわけで、おともだちは、先学期、そのクラスでクッキーをたくさん食べたそうです。彼女本人は、
「そんなことでお金使うのイヤだから、電源切るようにしてたよ」
とのこと。でも、たくさん食べれたってことは、周りの人の携帯はずいぶんにぎやかに鳴ったってことですよね・・・・・・。意味があったのかな?そのバツゲーム。
[PR]
by naokochin1 | 2006-10-21 15:26 | School


<< ONE ART by Bishop 間違いだらけの英語? >>