Flyboys
わたしが学校にいるとき、ルームメイトから連絡がありました。
映画の試写会のチケットを、会社の人からもらったんですって。

それは4枚あって、しかも当日のみ有効。
だからあとふたり誘ってください、というのが連絡してきた理由でした。

というわけで、木曜日にバタバタしながらお出かけしました。

映画のタイトルは “Flyboys”
第一次世界大戦のときの、戦闘機乗りのお話です。

第一次世界大戦開戦当初は、アメリカは参戦しておらず、
アメリカ人志願兵が、フランスに行って従軍、ドイツと戦ったんですって。
彼らのほとんどが、飛行機の操縦については素人だったそうな。

1903年に、ライト兄弟が動力飛行機を発明し、
1914年に、第一次世界大戦が勃発しますが、
「戦争」という経済成長の中で、飛行機(戦闘機)は飛躍的な発展を遂げるわけです。

わたしは最初、
第一次世界大戦のときも、日本はドイツ側だったとカンチガイしていて、
「いやー、これは日本人がアメリカで見る映画じゃないでしょう~」
と、思ったんです。
でも、このときは、まだ日本はアメリカサイドですね。

今学期取っているヒストリーのクラスが、このへんの歴史をカバーするので、
タイムリーでした。
「飛行機の発明と戦争被害との関係性について」というような内容で、
ペーパー1本作れるかもしれない。考える余地アリです。

それにしても、機上のシーンが多くて、酔いました・・・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-09-16 04:26 | Books & Movies


<< 「日本人は相槌が多い」 そろそろ1回目の試験の時期です。 >>