ガレージ丸見え
いつも、通学するときは、バス停まで自転車で行っているので、
出かけるときは、玄関からじゃなく、ガレージから出ます。

今朝も、同じように、自転車を出そうと思って、
キッチンと続きになっている、ガレージの側のドアを開けました。

そしたら、シャッターが開いてて、おそとが丸見え。ていうかこっちが丸見え。
ゆうべ、ルームメイトのお母さんが帰るときに、シャッターを閉め忘れたのか、
あるいは、わたしのバッグに入っているシャッターのリモコンが、
どこかにぶつかって作動してしまったのか・・・・・・。

後者なら、別に心配することはありません。30分以内の話なので。
怖いのは前者です。
扉つきの車庫には、たくさんの大工道具や、保存の利く食料品がおいてあるのです。
一晩中、開いていたとしたら、なにかしら盗まれてたっておかしくない。

ルームメイトに電話して、
朝、出かけるときに、
ガレージの扉がしまっているのを見たかどうかを聞いてみました。
「よくは見なかったけど、開いていたら絶対に気づくから閉まっていたと思う」
ルームメイトの車は、外に駐車してあるので、ガレージは使いませんが、
一瞬とはいえ車で家の前を通るので、それで電話をしたのです。
彼はお母さんに電話で確認するとのこと。
なんか、連絡網みたい。

早めにおうちに帰ったらお母さんがいたので、気になる結末を聞いてみました。
お母さんは、シャッターを確実に閉めたそうなので、
わたしのリモコンの誤作動に違いないねーと、ひとまず一件落着。

でも・・・・・・こんな話もあったんです。
ゆうべ、ここらへんの地域で、
ガレージの扉を開けて回るいたずら者が出没したんですって。

あまりにもタイムリーなので、
もしかしたらうちも、その被害の一軒だったのかもしれません。

でも、何もなくなっていなかったというし、
ガレージの扉は、認証キーを変更することが可能だというし、
今後は大丈夫でしょう。

いやーそれにしてもびっくりした。
ガレージの扉が知らないうちに開いてるっていうのはね、
たとえるなら、制服のボトムをはき忘れて、
パジャマのまま学校に行っちゃったみたいな気分ですよ。
落ち着かないったらありゃしない。
[PR]
by naokochin1 | 2006-09-12 08:45 | American Life


<< “Good afternoon... 音読は効果的? >>