アド完了
アドに奔走していた日々が、やっと落ち着きました。
無事に、なんとか、12単位を死守することが出来ました。

最後の砦だったEnglish 1Bでは、
オンラインのクラスのアドコードを先生からもらうことができました。
というのも、わたしが、入ろうとしていたクラスは、定員大幅オーバーで、
これ以上人数を増やせそうな余地がなかったからです。
ですが、わたしが出席したクラスに来ていいとのことでした。
もちろんオンラインでもOKとのこと。
なんだか、転んだけど、タダじゃ起きなかった、そんな気分。

オンラインのクラスといえば、
English 1BをオンラインのFast Trackで取っていた、
前のルームメイトを思い出します。
わたしのはFast Trackじゃないから、きっと余裕。
サマーのクラスよりも忙しいものはないと、今なら思えるので、
だから今回のクラスはきっと大丈夫。と信じたい。

なぜ、Englishのクラスのアドにこんなに苦労したのかというと、
卒業するのにも、4年制大学へ編入するのにも、
English 1Bもしくは1Cが必要だからです。
(ほかのクラスも選べますが、哲学とかなので、あまり選ぶ人がいない)

1Bは文学についての批評や分析、プラスエッセイ、
1Cはノンフィクションについて、だそうです。

うちのカレッジは1Bのクラスが各学期30クラス近くあるのに、
1Cはその約3分の1程度のクラスしかありません。
取ろうと思っても、時間が合わなかったり、先生を選べなかったりなので、
1Bのほうがポピュラーです。
クラス数が多くても、取る学生の数も多いので、混むのです・・・・・・初めのうちは。

どっちでも良かったんですが、
日本語で文学はたくさん読んだので、
きっと読んだことがあるものにもあたるだろう、と思い、1Bにしました。

読みはものすごく多いですが、
サマーの、あの短期間で取ったEnglish 1Aのことを考えたら、
絶対になんとかなるはず。
[PR]
by naokochin1 | 2006-09-07 11:32 | School


<< 「彼には日本語を勉強してもらいたい」 携帯電話のデポジット >>