携帯電話のデポジット
先日、わたしが使っている携帯電話会社から、チェックが送られてきました。
それは1年前に携帯を買ったときに、デポジットとして預けた約400ドル。
(デポジットは安くなかったですが、携帯電話本体は無料でした)
携帯電話の契約は、2年でなくてはダメだったのですが、
デポジットは1年後に返してもらえるとのことだったのです。忘れてた。
忘れてたから、思わぬボーナスをゲットしたような、得した気分。

1年前は、携帯電話を買いに行くために、学生ID とパスポート、
住所と電話番号を書いたメモを持って行きました。
当時は寮に住んでいたので、
寮のオフィスの電話番号(代表電話番号)も調べ、
部屋番号もきちんとメモして持っていった記憶があります。

当時は(今も?)英語が良くわかってなかったので、
「アメリカに来たばっかりで英語よくわかんないからゆっくり話してください」
と、一緒に買いに行ったおともだちと、店員さんにお願いしました。
そうすると、ゆっくり話してくれるんだけど、
でも、2、3言目で普通の速さに戻っちゃうんですよね~。アメリカ人。

そんな英語力だったわたしですが、
デポジットに関してはしつこく食い下がって、何回も確認しました。
そして、よくわからないことはとりあえずノーと言い、
料金プランも、 “The cheapest!” と主張して、
無事に買ったんでした。そういえばそうだった。

当時は必死だったけど、こうして振り返ると、
わたし、結構たのしい経験してたんだなあ。
[PR]
by naokochin1 | 2006-09-06 12:39 | American Life


<< アド完了 集中力 >>