高校生と一緒に
サマーの後期が始まりました。
本格的に後期のセッションが始まるのは7月10日からですが、
わたしが今回取った数学は単位数が多いので、1週間早く始まります。

このクラスは、わたしが秋学期に取るクラスのPrerequisiteなのです。
(最初にこれを取らないと、後に続くクラスが取れない)
このクラス自体はとてもカンタンなクラスで、ハッキリ言ってカレッジレベルではありません。
そのような難易度のせいと、あとは時期的にも夏だということで、
高校生がちらほら、というかだいぶ目につきました。
なんで高校生かと思ったのかというと、まず、見た目が若い。
そして、もうひとつ。
席がいっぱいで、外にも人が立っていたので、先生が、
「あなたもアド?」
と声をかけたところ、
「イエ、うちの息子が中にいるんです」
というような返事が何件かありました。
だから高校生だなって確信したんです。
高校生にまじっておべんきょうですよ~。
なんというか、ものすごーく微妙な気分になってしまいました。

来週以降のクラスに関してですが、
English 1Bを取ろうと思っていたんですけど、
前半のEnglish 1Aで力尽きました。
時間がたりなさすぎる。エイゴ見たくない、しばらく。泣。

English 1Aはそれなりにタイヘンでしたが、
わたしにとっては、春セメスターで取ったEnglish Aよりも、
English 1Aのほうが全然ラクでした。
書く量は倍になりましたが、先生が良かったんでしょう。
Aのときはどこをどう変えたらよくなるのか、想像がつかなかったのですが、
1Aでは、時間をかけて書きさえすれば、いい結果につながりましたから。
でも1Bは・・・・・もっと時間をかけて書かなくちゃいけないとしたら、
サマーではちょっとムリです。少なくとも、わたしには。

おともだちのルームメイトがEnglish 1Bを取っていましたが、
カフェテリアで見かけた彼らは疲れ果てた顔をしていました。
「見るたびいつも書いてるよ、あのひとたち」
というセリフを聞き、さらに実際ぼろぼろの彼らを見て気持ちがくじけた、
という感じです。

でもまさか、数学だけ取るわけにもいかないし・・・・・・。
イヤ、別にいけなくないんですけど、
カンタンなので、それだけのために学校に行くのは時間がもったいない。

来週からのクラスはまだ迷っていますが、何かしらは取るつもりです。
[PR]
by naokochin1 | 2006-07-03 15:46 | School


<< 悲愴 第3楽章 ベートーヴェン Six Flags Marin... >>