ファイナルがキャンセル?
先日、スペイン語のクラスを取っているおともだちに会いました。
このあと、ファイナルだそうで、
そのクラスのファイナルは成績の比重が大きいらしく、
前日寝ないで勉強したそうです。

「ファイナルかぁ、憂鬱だねー」
「また寝てないですよー」
「やっぱりそうなっちゃうよねー。わたしはかろうじて寝たけど」
「あーファイナル不安だ~」
「わたしはもう終わったから、どうでもいいんだけどね。
でも、ファイナルの日にキャンセルになったらどうなるんだろう、
って、思いながら行ったよ」
「やっぱり思いますよねー、そういうこと。
先生の車が壊れて来れなくなってキャンセルにならないかなあ~」
「まあまあ、せっかく勉強したんだし、がんばっといでよ」

10分後、彼にまた会いました。
「あれっ、クラスは?」
「ファイナル、本当になかった・・・・・・」
「マジ!?ズルイ!!」

スペイン語のクラスは1時からだったようなのですが、
なんだか、先生が5時出発の便で南米に行くそうで、
ファイナルをやっても、成績をつける時間がないんだそうな。
「じゃあ、ファイナルするのやめましょうよー」
「それもそうねー」
という多数決により、ファイナル中止。

ファイナルにすべてをかけて、
挽回しようとしていた人はちょっとカワイソウ。
あんまりいないと思うけど、そんなひと。
↑ファイナルのせいで、せっかくの成績が落ちるのを気にする人のほうが多いです。

なんというか、なんというか、アメリカです。
日本でやったらどうなるんだろう・・・・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-06-30 05:57 | School


<< The Fast and th... サマーの前半が終わりました。 >>