サンキューカード
先生に推薦状をお願いしていました。
2週間後に取りに来てと言われました。
が、取りに行ったら忘れていました。
そんなところがアメリカです。
なので、そのさらに1週間後に出直すことになりました。

おともだちに電話をしたときに、この話をしたら、
「推薦状って結構カンタンに書いてもらえるけど、
サンキューレターを書かなきゃいけないんだよね~」
と、言われました。
「え、なにそれ。知らない。そうなの?」
「そうだよ~。
時間を割いて自分のために書いてくれるわけだからね~」
・・・・・・そういわれてみれば、そりゃそうだ。
「サンキューレターって、サンキューカードでいいの?手書きでいいの?」
「カードでいいんじゃない?感謝の気持ちが伝わればいいだけだから」

ぬおおぉ。書かなきゃ~。
と、いうわけで書きました、渡しました、サンキューカード。
無礼な人間になるとこだった。ホッ。
このおともだちには別の件で電話をしたんですが、電話してよかった。

それにしても、さすがアメリカ、カード社会です。(意味が違う?)
[PR]
by naokochin1 | 2006-06-02 06:20 | American Life


<< Birthday Party 洗練された書き手になるためには? >>