空港の預け荷物
空港に預けられる荷物は、年間約30億個なんですって。
数字が大きすぎて、いまいち想像がつきませんが、そうなんですって。
で、そのうちの、1万5千個に1個が永久に行方不明のまま、なんだそうです。
これも多いのか少ないのか、よくわかりません。
割合を計算してみました。0.0005%ですって。少ないな。

トランジットのときになくなる確率が高いと思うので、
割合的にはきっともっと高いんだと思います。
飛行機利用者の何割が、トランジットをするかまではわかりませんでしたけど。

わたしは自分の荷物はだいじょうぶだろう、といつも思ってますが、
というかたいていの人はたぶん、そんなふうに思ってるんだと思いますが、
貴重品は手荷物にするべきですねー。万が一。一万五千が一。

ちなみに、一度なくなったと思った荷物でも、手元に戻ってくる可能性は高く、
戻ってくるまでの時間の平均は31時間だそうです。
一泊分の着替えやらなんやらは機内持込手荷物にしたほうが良いという意見は、
このあたりからきてるんでしょうね。

昔は空港のターンテーブルからスーツケースが出てくることにあこがれていましたが、
そんな機会ができて、いざ、ワクワクしながらやってみたけど、
待つのがただめんどくさいだけでした。
あれがなかったら、早く帰れるんですもんね。
[PR]
by naokochin1 | 2006-05-24 00:46 | American Life


<< No Class またベートーヴェン? >>