サマーが始まりました。
先日サンフランシスコに行ったあと、疲れたのと寒いのとで、
具合を悪くしてずーっと寝ていた私ですが、今日から学校です。
サマーは、時期ずれで4種類くらいのセッションがあるようですが、
わたしは前後半というスケジュール組みをしました。

前半にあたる今回は、Englishのクラスをひとつだけ取ります。
夏学期ということで、いつもとは違うスケジュール。クラスが毎日あります。
初めてのサマーなので、よくわかりませんが、スケジュール的にはキツイのかも。
だからとりあえず、今回は1クラスだけ。なんせクラスがEnglishだし。

図書館の前で、先学期のEnglishのクラスのクラスメイトに会いました。
「ねえねえ、ファイナルどうだった?」
と聞かれました。
「パスできたよー」
彼女がパスできなかったことを知っていたので、控えめに答えておきました。
「わたしはねえー、体調が悪くてまともなエッセイが書けなくて、
パスできなかったのよねー。成績自体はBだったんだけど、
もう一回、試験を受けなくちゃいけないの。
ところで、あなたAだったでしょ?」
アメリカ人は言い訳するときも口が達者なので、ホントかウソか判断がつきかねますが、
そんなふうに言っていました。
「えー。ちがうよー。うちのクラスにAはいなかったと思うんだけど・・・・・・」
「それがね、ひとりだけいたんだって。あなただと思ったんだけどな」
あらまああああ、光栄なことです。にゃは。(でも違うんだけど)

彼女と夏に取るクラスの話をして、
売り買いできるテキストがあれば教えてねと、連絡先を交換しました。
たとえばEnglish やHistoryはたいていの人が通るクラスなので、
テキストを買うときは、本屋に行く前に人に聞くことが多いんです。

夏の後期に取る数学のクラスのテキストは、
30ドルで売ってくれるという人を、おともだちが紹介してくれたし。
(本屋で買うと、わたしが取る数学のテキストは、
新書で120ドル、中古で90ドルするのです)

とりあえず、明日の分の予習(読んだだけ)は終わったので、寝ることにします。
すっごく眠い。肌も荒れ荒れ~。
[PR]
by naokochin1 | 2006-05-22 11:41 | School


<< またベートーヴェン? 留学生オフィスで、カウンセリング >>