留学生オフィスで、カウンセリング
今日も、カウンセリングでした。
前回のカウンセラーは、カウンセリングオフィスのひと。
留学生でもネイティブでも、これから入学する人でも、ここを利用することができます。
今回のカウンセリングは、留学生用のインターナショナルオフィスへ行きました。
といってもふたつの窓口は隣り合ってるんですけどネ。

「こないだサンフランシスコに行ったんですよー」
と、何かの話の流れだったかで、わたしはその話をしました。

そのとき、総領事館で、日本人の男の人を見かけたんです。
旅行者としてアメリカに来ているようなんですが、災難に見舞われたみたいでした。
彼は、ぜ~んぶ失くしたらしいんです。財布も、クレジットカードも、パスポートも。
パスポートの再発行も25ドルくらいかかるらしいんですが、
彼の所持金は10ドル程度。
それから先は、カウンター越しではなく、オフィスの中で話をするようで、
わたしが聞けたのはここまで。
22日の月曜日に帰る予定だと聞こえたけど、どうなったのかなあ、あのおじさん・・・・・・

・・・・・・という話をカウンセラーにしたんです。
「じゃあ、あなたパスポートは新しいのを持ってるわけね」
「あ、はい」
「わたしたちね、そういう紛失とかの場合に備えて、
留学生の子たちの書類はコピーを全部保管してあるのよ」
といって、見せてくれたのは、わたし関係のすべてのコピー。
パスポートから、I-20、残高証明まで。
「うっわ。こんな昔の写真まで!」
「そうそう、これ、あなたっぽく見えないよね」
「なはは。5年以上も前の写真ですから・・・・・・」
「だから、新しいパスポートのコピーも、持ってきてね」

留学生オフィスでのカウンセリングは1時間あけてくれます。
カウンセリングオフィスのほうは30分なんです、でもいつもオーバーするけど。

いつもそうするのですが、相談したいことをメモに箇条書きにして持っていったら、
今回は20分少しで終わってしまいました。
1時間あると思うと長いけど、30分だと短いんですよねー、不思議。
[PR]
by naokochin1 | 2006-05-19 06:19 | School


<< サマーが始まりました。 「秘密」 >>