日本語with外国語
音楽メジャーの子との会話は最近、こんなかんじです。
「もう、どんどん口調がクレッシェンドでー」
「ていうか、もともとビバーチェだったのにさらに輪がかかってー」
おバカな子みたいですけど、会話としては成り立ってます、わたしたちの間では。
はずかしくて、よそではこんなふうにしゃべれませんが。

ちなみに、意味、わかります???

 クレッシェンド・・・・・・だんだん強く
 ビバーチェ・・・・・・いきいきと速く。

なんというか、日本語の中に一般認識として知られている以上の英語を混ぜ込むと、
イライラするじゃないですか?
これも、この言葉を知らない人にとっては、そんな感じなんだろうなあと思いました。
[PR]
by naokochin1 | 2006-05-13 01:07 | American Life


<< On The Border 予定はウインドウショッピング >>