イルカくんに質問
音楽のクラス用に、コンサートレポートを書かなければならないのですが、
単純なワード (Microsoft Word) の操作がわからなくて、困ってしまいました。
いまさら何を、と思われるでしょうが、結構マジでわからなかったです。

英語入力モードでフラット(=♭)って、出てこないんですかね?
あきらめてFlatって書きましたけど・・・
シャープ(=♯)は出てくるのに・・・・・・
↑アメリカではコレをパウンドと呼ぶのが一般的ですが、
 コンサートレポートの話なので、今は「♯」をシャープと呼ばせてください。

イルカくんに聞いてもさっぱりわかりませんでした。

そういえば、日本で働いていたとき、ひとりの社員さんが突然、
「ぬぉぉぉぉ」
って苦しみだしたんですよ。操作方法がわからなくなってしまったようで。

キーボードの「7890」「UIOP」「JKL+」などのキーの斜め下の位置に、
テンキーの代わりに使うためっぽい、数字の羅列が見えますよね?
何をしても、数字のほうしか打てなくなってしまったんですって。
なので、このときも、
「イルカくんに聞いたらどうですか?」
って、言ったんです。

数分後、念のため確認しました。
「大丈夫でした?」
「イヤ・・・・・・イルカに聞けへんかったですよ・・・・・・打てなくて」
申し訳なかったですが、大笑いさせてもらいました。
確かに前述のキーが使えないとなると、聞きたい質問もマトモに打てませんよね。
「そういえば、こないだ○○さんも、おなじ事態に陥っていて、
すっごく苦しんでたのは見たけど・・・・・・」
と、隣の席の女性。
「どやって、解決したんですか?」
「あー・・・・・・(笑)。わかんない。ザマミロって、帰っちゃったから・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(恐)」
残業があたりまえの部署だったので、
夜になればなるほどテンションが上がるというか、下がるというか、なんというか。
そのときも、夜だったようです。
パソコンの操作方法で困ってる場合じゃなかったでしょうにね。
忙しさを知っている分、かわいそうで、そしてとても笑えました。

結局どうしたのかというと。
内線で情報システム部に電話をして、解決しました。
Shift(Ctrlだったかな?)+Num Lk カンタンでした。
情報システム部は、社内のサポートセンターと化しちゃってました。
そこは夜勤がある部署なので、つまりは忙しいということなんですが、
こんな小さなことまで対応しなくちゃいけないのはホントにお気の毒です。
かくいうわたしも、以前、LANケーブルを発注してほしいと、
総務ではなく情シスに頼んだことがあります・・・・・・・・・。

そうそう、コンサートレポートの話でしたね。
がんばって、書きますヨ。
ブログ更新するヒマがあるならそっちをやれという感じですねー。あははー。
[PR]
by naokochin1 | 2006-04-11 09:53 | Various


<< 日本で外人に会ったら Spring Break 第1日目 >>