ひとりでいられない日本人?
おともだちに、
「日本人って、いつも集団でいるよね」
と言われました。
カフェテリア以外でも、クラスの移動や、席の位置とかも。
全員がそうとは限らないんでしょうけれど、そういうイメージなんですって。

わたしはと言えば、むしろ真逆。
というか、どっちでもいいんだけど・・・・・・。
仲良くしているおともだちが、一人の時間を大切にしている人たちなので、
ベッタリベタベタということがないんです。
図書館で会っても、挨拶だけして、離れた席でお互い勉強をすることもあるくらい。
誤解があると困るので、強調しますが、ちゃんとおともだちですよ。

「なんで、集団なの?アメリカ人に、話しかけるなオーラを出してるの?」
わたしは、彼らが集団のときはあんまりお話をしないので、よくわからないんですが、
すくなくとも、そんな理由では絶対にないのはわかります。
みんなでいるのが楽しいのか、ひとりでいるのがイヤなのか・・・・・・
きっと、両方なんでしょうね。

「おともだち」という存在は大切なものなので、
いつも一緒にいることが悪いことだとは思いませんが、
ここはアメリカなので、自分がそうすることで、「日本人」がどう見られることになるのかも、
ちょこっとは考えてほしいものです。
[PR]
by naokochin1 | 2006-03-30 16:24 | American Life


<< 貧乏ゆすり Sacramento Bee >>