サンフランシスコで引ったくり?
先日、サンフランシスコに遊びに行ったとき、
ジャパンタウンで引ったくりに遭遇したんです。
あ、イヤ、被害者はわたしではありません。

「返してください~!」
って、女の人が叫びながら、男の人を追いかけていて、
最初なんなのかわかりませんでした。
男の人があまりにも自然に走っていったから。
「取り返してください、子供のバッグ!」
たぶん、3回くらい、叫んだと思う。
こういうとき、人間って瞬発力に欠けるものなんですね。初めて知った。
「もぅ・・・・・・」
手助けがないので、半泣きで追いかけ始めたおばちゃん。
そこで初めて、みんなハッとした、って感じでした。
だって、女の人に追いつけるわけないもん。
距離が開きすぎてたし、年齢差もあるように見えた。
わたしたちの隣にいたカップルの彼のほうが、走って追いかけていって、
それに続いて、一緒にいたわたしのおともだちのひとりも走っていきました。

「なあに~?万引きー?」
あ、日本語だ、と思って振り返ったら、おばちゃんとおばあちゃんの集団でした。
「子供さんのバッグが取られちゃったみたいですよ。気をつけてくださいね」
日本語で教えてあげたら、すごくじろじろ見られた。なんで?

犯人には逃げられちゃったみたいですが、
バッグは男の人ふたりで取り返してあげたようです。
逆切れされて刺されたりしなくて、良かった。
↑縁起悪いので、言わなかったけど・・・・・・・・・。

厳密には引ったくりでなく、車上荒らしだったみたいです。
自分に置きかえて考えてみたら、絶対にものすごくショックなので、
わたしってば関係ないのに、ウルウルしてました。恥。
[PR]
by naokochin1 | 2006-03-27 10:46 | American Life


<< ブランドバッグの話 アコガレの体型 >>