チェックのリオーダー
銀行にチェックブックのリオーダーをしようと思って、
ネットで手続きしようとしたんですが、なぜか、何回やってもはじかれてしまう。
仕方がないので、イヤイヤながらも、カスタマーサービスに電話をかけましたよ。
自動音声から人間にたどりつくまでが長いんですよね。

そして、やっと人間が受信してくれたものの、ああもう、ホント、しどろもどろ。
流れがわかっていないので、
「どこの住所にお届けしますか?」
「あ、今の住所に・・・・・・もしかして、住所を言えって聞いてるんですか?」
というところから始まって、
「最後に使ったチェックの番号を言ってください」
「・・・・・・どの番号ですか?どのへんに書いてありますか?それって何桁ですか?」
とか、
「次はどの番号から始めたいですか?」
「・・・・・・・・・は?すいません、意味がわからないんですけど」
とか。
電話の向こうのおじさん、どうもありがとう、辛抱強く相手してくれて。

そんなわけで、電話をかけるときは毎回汗だく。苦。
相手がおともだちとかだったら、電話でも全然平気なのに。不思議です。
[PR]
by naokochin1 | 2006-03-20 12:30 | American Life


<< Conference 作曲家占い >>