ピアノ協奏曲第2番 第2楽章 ショパン~を通じて
パスピエが形になってきて、
あとは、ベルガマスクを全曲通して弾きこめばいいだけになったので、
次の曲を考えることにしました。

熱情とフランス組曲は、引き続きやります。
何にしようかな~と、楽譜とCDを山積みにしながら考えていたのですが、
先日ラフマニノフを聴いたせいもあって、オーケストラものに惹かれてしまいました。

素敵だなあと思ったのは、ショパンの「ピアノ協奏曲第2番 第2楽章」
まるで、恋してるみたいな曲です。
自分がちょうど恋愛のしはじめだったら、
きっと、たぶん、絶対、ウルっとくるはず。
韓国ドラマ「天国の階段」でこの曲が出てくるみたいです。

ショパンの協奏曲って、
ピアノ以外のパートがボロクソに言われてるんですって。
「ピアニストが書いたオケ曲なんて!」みたいに。
わたしはピアノのパートばっかり聴くから、他の部分はまったく気にしませんでした・・・・・・
でも、けなすよりも褒める方が建設的だと思うけどな。

久しぶりにショパンでもやろうかな。
いつかバラードやソナタをやりたいけれど、
今のところ楽譜もないし、制覇できる自信もないので、
今回はワルツにしよう。

ワルツの12番と、それが終わったら15番をやります。
このへんは比較的短めで、譜読みも気分的にラクなので・・・・・・。
[PR]
by naokochin1 | 2006-03-13 16:57 | Piano


<< はじめてのお弁当 はじめておそとでイタリアン >>