悲愴
おともだちが今メインでやっている曲は、ベートーヴェンです。
悲愴の第1楽章。
見た目がイヤだったので、わたしは2楽章しかやってません。
ちなみにこんな始まり。
e0055091_1559327.jpg

かっこいいんですヨ。見た目ヤだけど。見るからに重そう。
でも、ふとした拍子にちょっと弾いてみたら、
このページは見た目ほどは苦しくなかったです。
むしろこの次のページが最悪。これです。
e0055091_15595420.jpg

左手がずーっと、オクターブの連打です。
めんどくさくなって止めました。
そのときのピアノの先生も、わたしっぽくない曲だと言って、
あんまり教えるのに乗り気じゃなかったし。

ところで、今これを練習中のおともだち、
「悲愴」は、
第1楽章
第2楽章
「月光の」第3楽章
で、1曲だと思ってたんですって。

「・・・・・・・・・・・・ものすっごい、大曲だねえ」
もしも、これで1曲なら、悲愴は絶対にやりたくない曲に入るであろうことは必至。
「そう!そう思ってたの!だから第2楽章があんなにカンタンなんだなって」
「月光の第3楽章ねえ~、わたしあれヤダ」

月光の第3楽章、ヤなんです。難しいんですもん。
練習しているときの音が、曲になってなくて、ホント苦痛。
7ページ譜読みしてザセツしました。
10ページの曲だから、いま思えば、最後まで読めばよかったんでしょうけど、
そのときはつまんなかったんだもん。

しかもなんだか、ギャンブルみたいな曲ですしねえ。
運を天にまかせて、「ハマってくれ指!!」と祈りながら弾くというか。
指がハマるかハマらないかは、その日の気分次第。
人のを聴いてても、とても手に汗にぎってしまいます・・・・・・笑。

「悲愴の第1楽章って、
ベートーヴェンが耳が聞こえなくなったときに書いたんだっけ?」
第1楽章は・・・・・・ワカリマセン。
第2楽章は、すごく好きだった人が他の人と結婚してしまったときのキモチで、
第3楽章は、お母さんが亡くなったときのキモチ、だったはず。
記憶が定かではありませんが・・・・・・ネットで調べても出てこないし・・・・・・
本当のところはどうなんでしょう・・・・・・?

ちなみに、かの有名な「運命」の冒頭は、ドアを叩く音がモチーフなんですって。
言われてみれば納得なんですが、今まで気づきませんでした・・・・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2006-03-04 15:56 | Piano


<< おでかけしないと・・・・・・ Half an hour >>