レッスンのお願い
先学期、ピアノのクラスを取っていたときの先生にお願いして、
レッスンを見てもらえることになりました。

パスピエは、もうこれ以上自分ではどうしようもないし、
バッハは見てもらったほうがいいって日本の先生に言われたし。

スケジュールの都合上、1週おきに1レッスンという形になりましたが、
今学期は15.5単位取っているため、
毎週ではキツイので、逆に良かったです。
ちなみにタダ!!
日本の音大の先生にお説教してやりたいくらいだわ。

日本の先生に教えてもらったんですが、
音大の先生には、学生は授業料のほかに「お礼」を渡すそうですよ。
・・・・・・「お礼」って、給料じゃないから、
確定申告いらないんでしょうねえ、きっと・・・・・・

せっかく先生に見てもらえるなら、いろんな曲をやって持っていこうと思って、
また新しい曲を始めました。
あっちもこっちも譜読みの真っ最中です。

練習中の曲を整理してみますね。
バッハ フランス組曲 第5番 アルマンド
バッハ フランス組曲 第5番 ガボット
バッハ フランス組曲 第6番 アルマンド
バッハ フランス組曲 第6番 ガボット
ドビュッシー ベルガマスク組曲 プレリュード
ドビュッシー ベルガマスク組曲 メヌエット
ドビュッシー ベルガマスク組曲 月の光
ドビュッシー ベルガマスク組曲 パスピエ
ベートーヴェン ソナタ熱情 第1楽章

・・・・・・・・・わたしは明らかにヒマ人のようです。
このくらいの量だと、1回の練習に4時間はかかるのに・・・・・・もっとかな。
1~2時間なら毎日できても、4時間以上となると、週末くらいしかできません。

しかも今日なんて、
悲愴の第2楽章とか、ショパンの雨だれとか、
昔やったしっとり系の曲を弾いて遊んでしまいました。
これって、現実逃避ですよね、ある意味。

ホントはショパンも久しぶりにやりたいんですけど、
手元に楽譜がないんです・・・・・・

「熱情」は、楽譜を見たときからイヤな予感がしていたのですが、
というか、ベートーヴェンはいつもそうなのですが、見た目がよくない。
あの一瞬の間に、これだけの音を弾くのか・・・・・・というかんじです。
いま確認したら、第1楽章だけで15ページありました。
これも、イタリア協奏曲のように、早くも挫折しそうです。
イタリアもいずれやることになるんだから、
大変なのばかりを残しておいてもしょうがないですよね。
だからがんばりマース・・・・・・・・・

この中のどれからレッスンしてもらおうかな。
パスピエかな・・・・・・フランスかな・・・・・・このどちらかだと思います。
[PR]
by naokochin1 | 2006-02-24 16:40 | Piano


<< TOEIC、受けたことがありますか? つかめなくて困っている言葉 その3 >>