ジャズのコンサート
カレッジのシアターでは、
ジャズやコーラスなど、いろんなジャンルのコンサートが、
毎月数回、催されます。
春のセメスターの間に、10回くらいはあります。
今日もあったので、見に行ってきました。
音楽メジャーの人たちがたくさんいました。
ステージにも客席にも見たことある人ばかり。

Musicのクラスによっては、コンサートレポートを提出しなければいけません。
わたしが取っているクラスでは、セメスターの間に2回提出することが必須です。

コンサートは、学期の最後のほうになればなるほど、
演奏する側は、練習がたくさんできるぶん、完成度が上がり、
見ている側は、それに比例するように盛り上がることができます。
そんな、楽しいであろう演奏会を、メモを取りながら聞くなんてしたくないので、
だから今日行ってきたんです。
セメスターの初めのうちに、レポートをこなしてしまおうという魂胆です。
そのほうがファイナルのスケジュールとかぶることもなく、安心できますからね。

今回はジャズのコンサートでした。
近隣の高校や4年制大学からも、メンバーが集まってお披露目をしてました。
高校生のチーム、上手でした。スゴかった。彼らの将来が楽しみです。
うちのカレッジは・・・・・・・・・なんというか、垢抜けない感じ。・・・・・・イヤ、何も言うまい。

わたし、ジャズって自分がやらないからよくわからないんです。
狂った和音にしか聞こえません。
リズムの取り方とかも、4拍子なんだろうけど、すっごく、むずかしそう。
指揮者もいないし、どこで入ったらいいのか、わからなくなっちゃうだろうな。

ジャズという、音楽のジャンルはさておき、
みんな楽器ができて、うらやましいなと思いました。
けなしておいてナンですけど、本当にそう思いました。

わたしは、ピアノしかできませんもん。
ピアノは、みんなでできる楽器じゃないんだもの。
サックスとかフルートとか、バイオリンとか歌とか、できたらステキだろうなあ・・・・・・。

わたしは、実は団体行動が苦手です。
人と意見が違うときに、それを伝えて、無意味にモメるのって、めんどうじゃないです?
説得するのもされるのも、
仕事以外では、できることならやりたくないんです。
仕事だったら、それはもう、カンペキにやりこなしてみせますけれど・・・・・・。
でも、もともとそういうことが好きじゃないから、プライベートでは避けてしまう。

というわけで、合奏とか合唱とか、やらないでいたんですよね。
合わない演奏って、聴いてられないですもんねえ・・・・・・
でも、そういうことを差し引いても、
ちょっとやってみたいかなー、たのしそうだなー、って思っちゃいました。
[PR]
by naokochin1 | 2006-02-22 16:11 | Piano


<< タコスはおいしい。 わかりにくい日本語 >>