なんだかピアノが弾きたい週末です。
土曜日も練習室が開いていると先生から聞いたので、行ってみました。
数箇所あるドアのうち、入れるのは一箇所だけで(でも出るのはどこからでも可能)、これに気づかない人は多いんだろうなと思いました。それに廊下の電気が全部消えていて、いかにも閉まってますという雰囲気だったし。

バッハと並行してドビュッシーを練習中ですが、
こちらの譜読みは終わっています。
そこから先の「弾きこむ」のに四苦八苦。
いつまでたってもできないというか、思うとおりにいかないというか・・・・・・
「あーもーちくしょー」
と天を仰ぐこと数知れず。

レッスンしてもらえたら、早いのにな。しかも日本で。
先生の前で弾けば、
そういうふうに表現したいときはね」
って、教えてもらえますもん。
自分でも具体的な言葉で言い表せるほどにはわかっていない「そういうふう」を、
聴いて汲み取ってもらえるのは、本当にありがたいです。

カレッジのピアノの先生もとってもいい先生なのですが、
レッスンが楽しかったのは日本の先生のほうかなあ。
日本語と英語、習い事とお勉強、この差な気がしますけど・・・・・・

弾いて弾いて弾いて、気づいたら時間が経ってました。5時間くらい?
ウエイトトレーニングのクラスに行ったあとのように、腕がダルダル。
体育よりもピアノの方が、断然疲れます。
ピアノが優雅だと思っている人は結構いますが、大きなカンチガイですよ・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2006-02-04 16:03 | Piano


<< まだまだ苦手なライティング ソナチネの思い出 >>