今学期の音楽のクラスは
Musicのクラスのほとんどは、秋に初級クラス、春に中級というふうに、クラスが分かれているので、春のセメスターからクラスを取ることは難しいです。
先生が少ないのが理由です。イヤ、教室が足りないほうが原因かしら。

秋の初級クラスを先に取らないと、春のクラスは取れないんです。
前学期、それを知らなくて、取り損ねたクラスがたくさんあります。
ああ、もったいないことをしてしまった。

メジャーに関わるもので取れるクラスが今回はないので、
セオリーの入門クラスを取ってみました。

このクラスも、Japaneseのクラス同様、知っている知識を英語で学びなおしているだけなので、難しくはありません。ここでも、先生の教え方を観察しています。
楽譜が読める人は、本来取らなくてもいいクラスなんでしょうけれど、音楽用語をなんとなくでしか理解していなかったわたしとしては、「へ~」ということが結構あります。
たとえば「ダ・カーポ」と「ダル・セーニョ」の違いとか。気にしたことがなかったです。楽譜を見てると「なんとなくこうかな~」って思えてくるし、そしてそれが当たってたりするので。
そんなんでよくピアノが弾けているなと自分でも思いますが、ホントにわからないときでも、解決策はありましたから。先生に聞くとか、CDを聴くとか。

  ※ちなみに「ダ・カーポ」は最初に戻って繰り返す、
   「ダル・セーニョ」はマークがあるところに戻って繰り返す、という意味です。


簡単なクラスだと思っていても、もしかしたらだんだん難しくなっていくのかもしれないので、今のうちに覚えておこうと思います。
↑好きなことにはとことんハマれるわたしなのでした・・・・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2006-02-02 16:02 | Piano


<< ソナチネの思い出 語学の習得=恋愛 >>