バッハ=スーパーマリオ
最近ピアノについてあんまり書いていませんが、
練習は毎日してるんですよ、一応ね。

日本で、ピアノの先生にたくさん出された宿題は、
一気に譜読みが出来ないので、とりあえず4曲だけ、練習中です。

そのうちの3曲がバッハ。
同じメジャーのおともだちと、練習中の曲について話をしたんです。
「バッハかぁ・・・わたしバッハはキライ。難しいんだもん」
「でも、ベートーヴェンよりも譜面ヅラはいいよ。カンタンそうにみえるじゃん?
だからやる気になったんだけど」
「わたしバッハだけは見た目には騙されないことにしてるの。
右も左もメロディーなんて、アタマおかしくなるよー」
かわいくてステキな曲が多いんですが、
弾いているうちにわけがわからなくなっていくんです、バッハは。

ファミコンのゲーム「スーパーマリオ」を思い出しました。
1の4とか、8の4とか、迷路になっているステージがありましたよね?
1回でも間違えると、ゴールに辿り着けないというやつ。

バッハの曲は、あんなかんじ。
主に指使いに関してですが、間違えたら、次に進めない。
絶対に指が足りなくなって止まってしまう・・・・・・

日本のピアノの教室で、同じフランス組曲を練習していた小学生の男の子がいたので、次に会ったときは、ぜひこの話をしてみたいです。わかるのかな、ファミコンって。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-27 18:23 | Piano


<< 麻婆豆腐 アボガド丼 >>