評価される先生方
わたしが取っているEnglishのクラスは、周りと比較しても、ことさら宿題が多いようです。

も~。
英語で書くのはタイヘンなんだぞ~・・・・・・
って言ったところで、何が解決するわけでもないし。

月曜日にでた宿題は、
パラグラフを2本書くこと。水曜日提出です。
↑エッセイじゃなかっただけまだ救いでしたが・・・・・・
(パラグラフのかたまりがエッセイです)

ExemplificationとNarrationを書いてきてと言われたのですが、
どういうものなのかいまいちピンときていないから、書こうにも・・・・・・という状態。
わたしなりに解釈したところによると、
「例とか事実とかを基にして作るもの」と、
「物語みたいな作文みたいなもの」を、
書かなくちゃいけないみたいですね。
これ、意味をハズしてたら、宿題ヤバいですよねー。
ま、初めてだから、大目に見てもらえるでしょう。

あ、ちなみにすでに書き終わってます。
添削してもらいにライティングセンターへ行くつもりでしたが、やめました。
最初は出来なさ加減をアピールしておいた方が、身のためだからです。
次回分からは成績に反映してしまうので、行かないとマズイんだけど・・・・・・


春セメの授業登録をする前に、ネットで先生の評価をチェックしたのに、
「宿題が多い」というのは見逃してしまったようです・・・・・・失敗。

そう、カレッジの講師がどんな評価をうけているのか、
見ることが出来るサイトが存在するのです。
その名もratemyprofessors.com
そのままじゃん・・・・・・

1回しか使っていないので、このサイトに精通しているわけではありませんが、
あることを知っているだけでも、十分、情報として役に立つ。

星何個という評価以外にも、コメントがびっちり。
「やさしい/厳しい」
「宿題が多い/少ない」
「試験がTake Homeである」
「試験にノートが持込可である」
「授業に出るだけでAをもらえる(特にPEに多いコメント)」
などなど・・・・・・

先セメは選ぶ余地なくESLで、しかもクラスの時間帯まで勝手に決められてしまっていたので、これを見ることはありませんでしたが、今後たくさん使いそうです。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-24 23:55 | School


<< ウエイトトレーニング 語呂合わせ? >>