卒業までの単位の計算のこと
先日、図書館のパソコン部屋でおともだちに会いました。
彼女はオンラインでのクラスの追加登録に四苦八苦。
「今日PEをアドしに行ったんですけど、
今日は持ってきてないって、アドコードがもらえなくって・・・・・・」
「わたしもそうだよー。こないだ行ったときもらえなかったけど、
次のクラスではもらえると思うから、大丈夫だよー」
「あと、数学も行ったんですけど、数学は人数次第だって言われちゃいました」
「あらら。アド出来なくてもまた行かなくちゃなんだ。タイヘンだねえ」

セメスターがもうすでに始まっていて、履修追加をしたい場合は、
直接そのクラスに出るんですよ。
そして、先生から、「アドコード」という4桁の番号をもらって、
Admission Officeで授業料を払って登録完了、という流れです。

「だから今、11単位なんですよ・・・・・・先セメもそれで苦労したのに、まただ~」
「あ、じゃあ、『12単位ないと困るんです!』って言ったら?」
留学生は12単位以上取らなければいけないので、
こう言って入れてもらう最終手段もあるんです。
でも、アドしたいからって、このセリフを多用するのはどうかと思いますが・・・・・・

「それにわたしが卒業するのに、PEが5単位必要なんです」
「・・・・・・・・・・・・は?」
「GeneralとAA degree用のリストにそう書いてます」
「PEで5なんて、聞いたことないんだけど・・・・・・」
「でも、書いてあるんですよー」
・・・・・・体育で5単位は多いんです。
そもそも体育自体の単位が1.5なので、
単位が少ない分、重要度は低いはずなんですが。
というか、5単位必要な人がいたなんて話、あとにも先にも聞いたことがない。

不思議に思ったので見せてもらいました。
AA degreeこと、Associate in Artsは黄色い紙です。
e0055091_131222.jpg

Generalはブルー、UC用はグリーン・・・と、紙は色つきです。
わたしの手元には黄色の紙しかありませんが、こんなかんじ。
細かい字で、取らなきゃいけないクラスがもりだくさん、書かれてます。
e0055091_13133380.jpg
e0055091_13134847.jpg

A~F、1~4の枠内から、少なくともクラスをひとつ、選んで取ります。
ちなみに枠Aの中の下線がひかれているものは、
AA(Associate in Arts)ではなく、AS(Associate in Science)の要求クラスです。

GeneralのリストのPEの要求単位は3、AAのほうは2と書かれてあったので、
足して5だと思ったんですって。
つまり、2枚のリストの中で、重複しているクラスがあっても、
同じのを2回取るか、避けて別なクラスをさらに取るかしなければいけないと、
どうやら彼女は思っていたようなのです。

考えもしなかったけど、そういう計算もあるんだなあって、妙に感心してしまいました。
でも、残念ながら違うんだけど・・・・・・
もちろん、取り方によっては5単位になっちゃうかもしれませんが、
うまく両方のリストにあるクラスを取れば、3単位で十分なんですよ。

彼女、今日もしもわたしに会わなかったら、
ずーっと勘違いしたままだったんでしょうね。彼女も、彼女の周りのおともだちも。
そんなわけで、やたら感謝されました。

でも、そんなことがないように、
これからは、マメにカウンセリングを受けた方がいいですよー。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-21 13:09 | School


<< 日本酒のこと 肉野菜ラーメン >>