会話を盗み聞き?
寮のときのルームメイトに先日、こんなことを聞かれました。
「カフェテリアにいると、近くに座る人の会話って聞こえるじゃない?
それが英語だったときに、会話の内容ってわかるの?」
って。

「半々かなー」
そう、わたしは答えました。
「つまり、聞こうと思えば聞こえるし、わかる。
でも、聞こうと思わなければただの雑音」

「へー。すっごい、おもしろーい!」
彼女の反応はこんな感じでした。
彼女も英語は第2外国語ですが、高校を卒業するまで、学校の授業は英語&校内では母国語禁止という環境だったそうで、日本人にとっての第2外国語とはちょっと違うんですよ。たとえるなら、香港人にとっての英語みたいな感じかなあ。
彼女はさらに日本語とスペイン語もやりたいと言っていますが、
わたしには理解できない。だって、
「今わたし何語をしゃべってる??」
って、混乱しそうだもん、わたしなら。

わからない言語って、「音」でしか耳に入ってこないと思うんですが、
ルームメイトの場合も「音」で認識するそうです。
アクセントというか流れというか、とにかく「音」。
「内容は理解できないけれど、この音は日本語だな」
というように。

日本語の「音」は、
「・・・・・・でぇ、・・・・・・でぇ、・・・・・・・はい、・・・・・・・はい」
という感じで、語尾にアクセントがくるんだそうな。
ん~、確かに、そうかも。
日本語って話し方がゆっくりだと思っていたんですが、
早口に聞こえるらしいです。
これにはビックリ。

ちなみに日本人からするとキツく聞こえる韓国語や中国語は、
そんなにキツい&早い音ではないらしいです。

そして、音だけで認識すると、フランス語が一番キレイですって。
この点に関しては納得できますね。さすが、王者フランス語!ってかんじです。
フランス語の音の響きって、秋田弁にそっくりなんですよ。
ということは、秋田弁も美しいってことですよね?ね?
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-19 16:24 | English


<< ミートソースのスパゲティ なすの味噌炒め >>