まだ緊張中
とりあえず、昨日と今日とで、
今回取るクラスすべてに少なくとも1回は顔を出したことになります。

ライティングのクラスはESLのコースをやめて、English Aというクラスにしたんですね。
同列のレベルとして扱われているESL30Wというクラスは、
それを取ったおともだちの話によるとつまんないらしいです。
たぶん、先生との相性だと思うんですが。
わたしはたまたま、音楽のクラスを取るのに、
どうしてもESLでは時間が合わなかった(クラス数がやたら少ない)ので、
あわててクラス判定のテストを受けてEnglish(クラス数多い)を取っただけなんですが、
ラッキーだったかも。

English Aというクラスは、アメリカ人のESLというかんじです。
アカデミックなライティングを一度も勉強したことがない人が取るようです。
「エッセイって、具体的にどういうものですか?」
と質問していた子がいましたから。
留学生かどうかはともかく、英語が第2外国語という人はわたし含めて3人、
つまり少ないんですね。
なので、自己紹介のときに、キョドりながら話したわたしに、
みんなほほえましい目を向けてくれました。

あと、今日行ったクラスは、Mathと、Weight Trainingです。
数学は、わたしの場合は一番カンタンなクラスで卒業単位になるので、
それを取ったんですけれど、う~ん。
本当に、カンタンなんですよ。
ただ、数学で使う英語に慣れていないので、
答えは出せるけど、説明できない、という事態に陥っています。
やってることは分数の割算とかなんですよ。
計算をする前に約分しましょう、みたいな。
でも、「分数」とか「約分」とか、「10分の3」とかを、
英語で言われることにピンと来なくて、
数学なのに、辞書を片手に英語の勉強(?)でした。
英語でつまづくだろうと予測できていたので、カンタンなクラスにしたんです。
でも、やることさえやってりゃ、絶対にA取れるわ~。はっはー。

今回わたしが取ったクラスの先生方は、軒並みみんな早口です。
数学なんて、早送りしてるみたいに、早くてテンションも高いです。
Weight Trainingの先生は、
「早く終わらせたいからさっさとしゃべってるよ~」
というのがミエミエだったし。

わたしのリスニング力は、コレで少しは上がるかしら。
イヤ、上がってくれんと困るけどさ。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-18 16:38 | School


<< なすの味噌炒め ちゃんと自炊してますよー >>